画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

ラファエル『無一文からのドリーム』を読んで率直に感じた4つのこと

【スポンサーリンク】

f:id:yuichan53world:20190927212308j:image

今やYouTubeの市場規模は莫大に膨れ上がり【ラファエル】の名を知らない人は少なくなってきていると思います。

 

僕自身、普段の生活は完全ルーティン化しているのですが、彼の動画拝見も作業合間の息抜きとしてバッチリルーティンの中に溶け込んでいます。

 

 

そんな【ラファエル】さんの本『無一文からのドリーム』が2019年9月27日に発売。この本の中には一体何が書いてあるのか?ラファエルってどんな人なの?気になる人も多いと思います。あのキャラクターの裏に秘められた脳内思考、今の自分に足りないものは何か?

 

未来の自分に不安を抱え、【何か動きたい!】と考える人が多い中、『何から始めればいいのか』『何をやればいいのか分からない』そんな人が過半数であるのは事実無論だと思います。

 

そんな人におすすめの本だと読んで確信しました。

 

そこで、この記事では一体どんな事が書いてあるのか?またどんな事を感じる事が出来たのか?これについてお話していきます。

 

この本のおすすめユーザー層

  • 16歳〜30歳(筆者的主観)

 

 

ラファエルってどんな人なの?

ラファエルって名前は聞くけどイマイチどんな人か知らないという方も多いと思います。

 

www.instagram.com

 

お金持ちなんでしょ?って事ぐらいは認知されているような気がします。でも最初からお金持ちだった訳ではありません。それが今回発売された本のタイトル『無一文からのドリーム』にもなっていますね!

 

高校卒業後、アルバイターとしてフリーターからスタートし、自衛隊、会社員の経験を経てから今に至る経緯だからこそ、参考に出来る部分が少なからずある方だと思います。

 

詳しくは本の中に書かれてていました。

 

youtu.be

 

『無一文からドリーム』何が書いてある?

何をやれば良いのか?

やりたい事より【出来る事】をやる

やりたい事をやるのが良いんだ!と言う人が多いですが、【出来る事をやるべき】と訴える人って案外少ないのかな?と言った印象です。

 

  • 『何をすればいいのか分からない』
  • 『何から始めればいいのか分からない』

 

こう言う人が多いですよね!僕の周りにも沢山います。なんなら2年前の僕も同じでした。そんな人は自分には何が出来るのか?自分の得意な事をリストアップして、考察する事から始めると自分が何をやればいいのか見えてくると言った【多くの人が抱える悩み】についてのアドバイスは欲している方が多いんじゃないかな〜?と読んでいる中で率直に感じましたね。

 

そんな方に向けたヒントが書き綴られています。

 

ポジティブな思考回路

他人と比較しない【自分は自分】

要するにネガティブになってはいけないと言う事ですね!人って不安になったり、恐怖を感じると他人と比較したがる生き物だと思います。

 

学生時代、テスト前になり勉強していない自分に不安を感じると『他の友達が勉強しているか、していないか』気になりませんでしたか?僕は結構気にしていましたね!自分と同じように何もやっていない仲間探しをしていた記憶があります。

 

これでは自分が他より進歩する事なんて絶対出来ませんよね!もし周りは誰も持っていないような天性の才能でもあれば話は別ですけどね!!

 

よく他人と比較してしまったり、ネガティブ思考が強い方には新しい思考を模索するためのヒントが見つかるかもしれません。

 

大事なのは行動力

やりたい事はすぐに実行する

多くの人はやりたい!と思った瞬間から行動する事は無く、どんどん後回しになり、結果的にやらないという事が多いと思います。そんな経験日々の生活中で沢山あると思います。

 

ここに成功者とそうでない方の差が隠されているんですね。例えば市場規模がまだ今ほど大きく無かった【YouTube】を5年前にやりたい!と思った人が2人いたとして、1人はすぐチャンネルを開設しスタート、もう1人は市場規模が莫大に膨れ上がった今スタートしたとしたらどうでしょう?

 

2人とも【やりたい!】という感情を抱いたのが同時期であったとしても、実際に行動に移る『時期』がずれる事で大きな変化、もっと言えば【可能性】に変化が現れますよね?

 

これは著作のラファエルさんがまさにこれだと本の中で仰っていました。ラファエルさんがYouTubeを始めた時期と今では状況が違うと。やりたい事が思いついたら即行動に移せる【行動力】って必要不可欠な要素の1つですね。

 

『無一文からドリーム』から感じた4つのこと

成功者の共通点が見えた

  • 物事の逆算
  • ポジティブ思考
  • 時間効率の最適化
  • 物事の分析
  • 本を読む

 

僕自身、ちょうど今から1年前に新しい取り組みをスタートするようになり、自分の行動や思考を考え直す機会があり、【成功者の真似】から始めてみよう!と自分と同じような事をやっている方の真似を始めました。

 

この記事にも書きましたが、僕が本を読み始めたきっかけはラファエルさんを始めとする成功者と呼ばれる方々の真似をし始めたのがきっかけです。

 

www.send-freedom.com

 

その中でここに挙げた5つの事はこの本に綴られていたラファエルさんの思考であり、多くの成功者と呼ばれる方々の思考だったり、日々の生活面全般だったりと共通点の多い一面です。

 

そんな成功者が決まってやっている共通点を確信する事が出来ました。

 

時間の使い方を考え直すべき

時間ってこの世で数少ない、全員に平等に与えられた【大切なモノ】ですよね!誰しも1日には24時間、1年間は365日と決められた時間の中で、人それぞれが別々の事に時間を使っていきます。

 

この誰もが平等に与えられた時間だからこそ、効率良く使う事に意味があるんですね。

 

この本の中では【睡眠時間】に視点を当てて話がされていました。

 

要するに、1日8時間寝る人と1日4時間しか寝ない人では1年が【12ヶ月】→【13ヶ月】になる!って話です。

 

人よりも1年が1ヶ月も余分にあれば出来る事、費やす事って大きく変化しますよね?決して睡眠時間を減らせ!という事ではなく時間の使い方を改めようと感じさせられました。睡眠時間が勿体無いって考え方は珍しくありませんが、この様な考え方は初めて聞きました。言われてみれば!!ってなりますよね!!

 

努力する事

そんなの当たり前じゃん!!って思う人も多いかもしれませんね。しかし、口では努力する!と呟く人の中で一体どれぐらいそれを有言実行出来ているのか?と本を読んでいく中でふと考え時、少なからず僕の周りには自分を含め、【ほぼいない】と感じました。

 

当然ながら、努力って数値化する事が出来ない事を良いことに自分自信も甘える事が多かった言葉だと思いました。

 

しかし、この本の中には答えがありました。努力って目標を達成する為に【100%の力を注ぐ】って事なんですね!言われてみると僕の人生の中で努力した!!って場面をふと思い返すと『余力が残っていた...』正しい努力の在り方を確信した気がします。

 

全ての経験を活かそうとする思考

この本には何度もこれが書かれていました。幼少期からサラリーマンをやっていた時の全ての経験を活かそうとする思考がこれ程原動力に変えられるって人として大きな強みになると!感じました。

 

どんな些細な経験でも、ありきたりな経験でもそれを実際に味わった人にしか得る事が出来ない『モノ』ってありますよね。それに気が付けるかどうか?気が付こうとするかどうかが出来るか、出来ないかは大きな差に繋がりますね。

 

過去の経験を活かして、あの時もこうだったから今回も大丈夫!!そんな考え方にシフト出来ると良いです良いね!!マイナスがプラスに変わる瞬間かも知れません!!

 

これはこの本を読むまで僕の思考には無かった事で大きなポイントになりました。

 

経験って大きなくくりかもしれませんが、誰にでもあっていますが活躍出来る事だからこそ重要なポイントだと感じます。

 

まとめ

【無一文からのドリーム】を読んで真っ先に思い浮かぶ事は『YouTuber ラファエル』の中の人を知る事が出来る本だったという事です。

 

それは思考だったり、今までやってきた事。YouTuberラファエルを見ているだけでは知り得る事の出来ない情報がここにありました。

 

多分、本を読むのが苦手な人でも『いつも見ている人』『よく知っている人』の本なら読める方が多いと思います。少しでも気になる方は買ってみて読んでも損はありませんね!

 

僕自身も本を読む事が得意ではありませんが、仕事から帰宅し、着替えもせずに1時間程度で読み切る事が出来ましたよ〜!!

 

是非、お近くの書店まで〜!!