画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

【残業はしたくない】僕が月の残業時間を『20時間から2時間』に減らした3つの理由

【スポンサーリンク】

f:id:yuichan53world:20190928022528j:image

会社に雇われて仕事をする以上、多くの方は『残業』をする機会が多いでしょう。全く残業はしないよ!!と言う方がもしいればそれは少数派に値すると思います。

 

僕自身、2年前に新卒採用で今の会社に勤め始め、最初の1年間は毎日の様に残業をしていました...僕自身はまだ会社に入って間もなかったという事もあり、1日1時間程度の残業時間ではあったものの、段々と残業をしないスタンスに切り替えを行い始めました。

 

その結果、1日1時間の残業で1ヶ月【20時間】行なっていた残業は今では月2時間(半年の月平均)まで減らしました。この2時間は自分のミスをリカバリーしている時間です...笑

 

そこで僕自身が残業するのをやめた3つの理由についてお話ししていきます。またどうやって残業を回避することに成功したのか?これについてもお話ししていきます。

 

 

残業をしたくない3つの理由

時間を作るため

f:id:yuichan53world:20190928022658j:image

入社当時、僕は残業は苦に感じていなかったし、高校生から大学時代合わせて7年間ひたすらアルバイトをみっちり行なっていた事もあり、特に不満に感じることはありませんでした。僕の会社は17時が定時で通勤時間は約30分。定時帰宅したところで特にやる事も無かったのも1つの理由かもしれません。それに周りの友人達は2時間、3時間残業が当たり前だったので尚更です。

 

ところが入社から半年後から、『1つ新しいことにチャレンジしてみよう!!』と思いブログを開設し、仕事が終わった後の時間が必要になりました。

 

何か新しい事を始める時って、多分全てに共通することだと思いますが、不慣れな作業が多く、『余計に時間を要する』事が多いし、疲労も溜まりやすい。そうなれば必要以上に時間がかかるため、これまでの生活のルーティン化された時間をカットする必要性を感じました。

 

この様な選択になった時、睡眠を削るという考えを持つ方も多いですが、睡眠を削ると短い睡眠生活にも慣れないとやっていくのが難しいと考え『残業』を削ることに!!

 

これが僕の残業をやめるきっかけになった第一歩でした。

 

残業では豊かになれない

f:id:yuichan53world:20190928022550j:image

先ほど、時間を作るために残業するのをやめたとお伝えしましたが、それだけではありません。

 

残業を月に20時間頑張ったら翌月分の給料に、20時間分の残業代が振り込まれますよね!因みに僕の会社の場合20時間の残業代は【34000円】です。残業時給は人によって違うのであくまで僕の場合ですが。くれぐれも僕の残業時給なんて計算しない様に!!笑

 

1ヶ月に20時間を残業に投資しても翌月の給料に反映されたら、その20時間の価値ってそれで終わりなんです。当たり前!と言えば当たり前です。しかし、ここに対して僕は残業に価値がないと考えました。

 

例え話を交えてもっと分かりやすく説明しますね!個人で【スマートフォン】を開発し、それを商品として販売するとしましょうか!この時この人は【スマートフォン】を作り上げるのに『半年』の期間を要しました。

 

もちろん、商品開発に当てていた半年という期間中には収入はありません。それは当然ですね。しかし半年後から作り上げた商品を販売しそこから収益が上がり始めます。商品が売れれば売れるほどこの人の収入は増え続けますよね!!再び視点を残業に戻してみましょう!!

 

もし僕が行なった20時間の残業から会社の収益が2倍になったからと言って僕の給料は2倍になりますか?なりませんよね?残業って良くも悪くもその人の1時間は〇〇円です!と価値が決められたシステムなんです。

 

www.send-freedom.com

 

僕は会社の契約時間外の時間に限界(価値の固定化)を決められたくない。自ら自分の時間に対する価値を決められたくない!と感じたのです。

 

業務内容がプライベートに活かせない

別に僕は残業を完全否定しているわけではありません。あくまでも今自分の置かれている状況に対して【無意味】と感じているだけです。こんなことを言っている僕も5年後、10年後には毎月50時間の残業を行う生活をしている可能性だって0ではありません。

 

僕が残業をやめた最終決定はここにあります。

 

仕事で学ぶ事が他で活かせない。

 

これは僕の中で1つ大きな決定打に繋がりました。今の仕事は嫌いじゃないし、苦に感じる事もほとんどありません。しかし仕事で学んだ事が、他で全く活かせない内容である事から、必要以上に時間投資を続けて学ぶ必要性を感じませんでした。

 

分かりやすい職業を挙げるとすれば『営業職』です。営業能力は自分で仕事をとる時にはかなり重宝する能力になります。実際にやってみると痛感しますが、信用のない個人が仕事を受けるためには並大抵の営業力ではお話になりません...

 

会社で得た能力や知恵をプライベートで活かせている人はかなり効率的だと思いませんか?これから就職する方や転職を考えている方はこちらの記事も読んでみてください。

 

www.send-freedom.com

 

残業を回避した方法

僕自身、残業をやめたことで周りからの反応が大きかったです。『どうやって残業やめたの?』とか『どうやって定時に帰ってるの?』ってなことを聞かれます。

 

こんなの聞くまだもありません。【定時になったらさっさとタイムカード切って車に乗り込む!!】ただそれだけです。

 

これを周りに言うとそんなの無理!って返答されます。これを読んでいるあなたもそう思っていませんか?しかし、それは決して無理ではなくやらないだけですよ。歩く足とほんのちょっとの勇気があれば大丈夫です。一言『定時なので帰ります!!』これだけ言えばいいんです。何か言われても帰ればいいんです。はじめは何か言われる事もあるかもしれませんがこれを続けると【定時キャラ】が確立していきます。

 

僕は今では1時間程度残業するだけで、上司から『明日は雨が降る!!』と言われます。笑

 

furikake.doda.jp

 

残業をやめる理由を探す

少し言葉が可笑しい様な気がしますがそこは置いておきます。『残業はしたくない』と考えるのであれば【なんでしたくない】これをしっかりまとめておくと良いと思います。

 

人って目的が有無によって行動力だったり思考力に大きな影響を与えると思います。

 

  • お金が欲しい
  • 〇〇が欲しいからお金が欲しい

 

これが良い例だと思います。ただ単にお金が欲しい!と思うだけでは人って行動できません。しかし何か目的のためであれば、どうやったらお金が手に入るかを考える生き物だと思います。

 

賢い人たちはこのようにすべてのものに対して常に【逆算】して行動しています。物事を逆算して考えることによって、自分が今何をやるべきかが明白になり行動に移りやすいですからね!!このような考え方は必要不可欠だと思います。

 

next.rikunabi.com

 

まとめ

あくまでこれは僕の主観に過ぎません。残業しない人が正解で、残業している人は不正解だ!なんてことはこれっぽっちも思っていませんからね!

 

もし残業以外に時間を投資している事があったり、これから何か始めてみようかな?と考えている方は1つ、残業時間をカットすると言う考え方を頭に入れておくと良いと思います!

 

安定した時間の確保が可能になりますよ。

 

 

関連記事はコチラ!!

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com