画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

働き方改革は無意味。残業が減っても人は幸せになれない2つの理由

【スポンサーリンク】

f:id:yuichan53world:20190925233023j:image

最近、耳にタコが出来る程聞く『働き方改革』。皆さんも良く聞く言葉ですよね?

 

これ聞くたびに思う事があります。それは『残業時間』が減った所で人は幸せにはなれないという事です。もちろん、働き方改革は残業だけの話ではありません。

 

これについて2つの理由を元に話を進めていきますね!!

 

 

働き方改革って何だろう?

働き方改革って言葉は良く耳にするものの僕自身もイマイチこれと言った内容を知らなかったので少し真面目に調べてみました。

 

多分皆んなが良く分かっているのはこの2つだと思います。僕も皆さんと同じでこれしか理解していません。

 

  • 残業時間を減らす
  • 有給休暇の消化率を上げる

 

働き方改革は、一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ。多様な働き方を可能とするとともに、中間層の厚みを増しつつ、格差の固定化を回避し、成長と分配の好循環を実現するため、働く人の立場・視点で取り組んでいきます。

 

出典:働き方改革の実現 | 首相官邸ホームページ

 

働き方改革が無意味な2つの理由

残業が減れば所得も減る

f:id:yuichan53world:20190925233055j:image

国民の過半数の人は月に何時間、何十時間という時間を残業に費やして生活を行なっていると思います。これに伴い、『残業代』を持っていますね?『うちの会社残業代出ないんだけど!!』なんて会社も中にはありそうですが、一旦この記事ではそれを除外します。

 

月に『1〜3万』程度ですかね?多分僕が働いている会社の人はこれぐらいの残業代が発生していると思われます。多い人だと5万〜なんて方もいます。

 

仮に、このような人達が来月から残業0時間になり、毎月の所得がこれだけ減ってしまったらどうでしょう?多分困る人が大半なんじゃないかな??そう思うのは僕だけでしょうか?

 

多くの人は毎月使うお金の金額って平均すると所得に合わせて一定金額消費していく方が大半です。

 

だとすれば、毎月3万も5万も所得が減ってしまっては困りますよね?

 

残業が無くなり、時間の余裕が出来たとしても、今度は『お金の余裕が無くなる人が多くなる』と思いませんか?

 

残業なんてやりたくてやってるわけじゃない!と口にする方も多いですが、その中には残業代に頼って生活をしている人も多いのも事実です。

 

 

 

今まで見えていなかった面が見えてくる

残業が嫌で、嫌でそれでも毎月残業をしていて...本当に残業がしたくない!!という方が『来月から残業しなくていいよ!!』と言われたら一見この人は楽になれそうにも捉えられます。

 

しかし、それはどうでしょうか?

 

今は【残業が嫌だ】という事に大きな意識が向いている事で、『人間関係』『職場関係』『周りの環境』など今まであまり気になっていなかった事がより鮮明に見えてくるとは思いませんか?

 

本当に残業が嫌で何とかしたい!という気持ちのある人なら自ら会社を辞めて転職する!という手段だって充分取れると思います。それにも関わらず、行動に移さないような人は、また別の嫌な部分に局面するのでは無いかと...。そしたらきっとまた嫌になる、そんな負の連鎖が起こり得る可能性は十分に考えられます。

 

もし、この世から残業が消えたら?

ここからは僕自身の勝手な想像です。根拠はありませんがそれっぽい事を言うつもりです。受け流してもらって構いません。

 

人々が残業をしなくなり、みんなの所得がちょっとずつでも減る事で起こりうる変化って何でしょう?

 

それは所得税】が減ると言う事。我々的には良い意味で捉えられそうですが、全て我々にこの問題は再び降りかかってきます。

 

所得税が減れば、国は貧乏になり、大きな赤字になってしまいます。そうすれば当然、国のお偉いさん方は別の方法で税金を回収しようとしますよね??

 

つまり何が言いたいかと言うと、所得が減るのに出費が増えると言う事です。

 

これがこの世から残業が消えた後、見える未来なんじゃないかな〜?ってね...。

 

まとめ

働き手の不満って働いている当人にしか分かり得ないことであり、国がどうこうすると言うより【自分が変わらないと何も変化はしないと思います。】

 

もし、今の職場に不満があるのであれば、自らが動くしか無いと思います。よく自分を変えるためには『環境を変える』とか、何かを得るためには何かを失う事を恐れないなんて声を耳にします。

 

よくよく考えてみると『残業』が嫌ではなく『働く環境』『人間関係』『職種』これらに不満があると言うケースも決して珍しくありません。働き方改革に頼っていてもきっと何も変わりません。

 

働き方改革は人に行なってもらうものでは無く、自分で行うものだと思いますよ!!働いている本人が変わらない限り、何も変わらないと思います。

 

最後まで読んでいただき有り難う御座いました。

 

 

 

 

関連記事はコチラ!!

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com