ミニクーパーは中古スピードメーターに交換出来ないハナシ

先日知り合いの方からミニクーパーに関する相談を受けて色々と調べておりました。

 

すると…

 

ミニクーパーは中古のスピードメーターへの交換が出来ない事が判明。

 

具体にどう言う事か解説していきます。

 

※中古メーターに交換できる裏技も合わせて紹介します。

 

 

ミニクーパーのスピードメーター交換はNG

 

これはミニクーパーに限らず、BMW車全般に言える事らしいですが、スピードメーターの中古品交換は基本出来ないです。

 

中古品に交換してしまうと、エンジンが掛からなくなります。

 

メーターと車体のシリアル番号の【不一致】が生じるためです。

 

ミニクーパー(BMW)のスピードメーターにはシリアル番号(ID)があり、このIDが車体側と同じでは無いといけないのです。

 

おそらくですが、メーカー(BMW)側が走行距離の改ざん(誤魔化し)を未然に防ぐ為の措置だと思われます。

 

ディーラーに相談してもダメ?

 

BMWのディーラーで働く知り合いの方に聞いたところ…

 

ディーラーでは【コーキング】が1度しか出来ない。つまり中古メーターのIDを書き換える事が出来ないようなので不可。

 

※コーキングとはコードを書き換える事

 

ディーラーで出来るのは、新品メーターを購入してコーキングする事しか出来ないようです。

 

中古メーターですと、1度コーキングされてしまっている状態になるため、IDの書き換えは出来ないようです。

 

中古のスピードメーターを使う裏技

 

さらに色々調べてみると…

 

中古メーターを郵送して、IDコードの書き換えを行なってくれるショップを見つけました。

 

そのショップでは、中古メーターのIDコードを書き換える事が出来るようで、中古メーターを自分の車体と同じコードにしてもらえるみたい。

 

このショップにお願いすれば、中古メーターの取り付けが可能になります。

 

ショップのリンクを貼っておきますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

 

※埼玉県にあるショップです。

 

 

まとめ

中古メーターへの交換は基本行わないようにしましょう。

 

ミニクーパーが動かなくなってしまいます…

 

どうしても中古メーターに交換したい場合は、コードを書き換えられるショップにメーターを預けて、コード書き換えを行ってから交換しましょう。

 

交換する前にこの情報が届きますように。

 

それでは。

 

▪️ミニクーパーの整備記録

関連記事

  警告灯がつく度にディーラーに行って診断機を当ててもらっていてはお金が勿体無い... そこで納車したての頃に買って約2年間お世話になっている『安物の診断機』を紹介していきたいと思います。&[…]

関連記事

最近は樹脂フェンダーの車をよく街で見かけるようになりました。樹脂フェンダー増えてます... 樹脂フェンダーの車に乗っている方しか分からないのが『白化』して見栄えが悪くなってしまう事... よく、樹脂パーツを復活させるためのコーティン[…]

関連記事

 ミニクーパーの定番ですね。2台所有しているミニクーパーは両方とも【パワステフルード】が漏れました... 聞く話によるとミニクーパーのパワステフルードはよく漏れ、ディーラーに行くとパワステホースを丸々交換[…]

最新情報をチェックしよう!