平面座ナットとは?トヨタ車のナットは他と何が違うの?

 

平面座ナットって何?他のホイールナットとどう違うの?

 

こんな疑問を持たれるユーザーもいらっしゃるかもしれません。

 

トヨタ車に触れる機会がない限り、平面座ナットを見ることもないだろうし…。(付いているナットを見ても何も分からない。)

 

そこでこの記事では、トヨタやレクサス純正ナットに使われる【平面座ナット】について画像付きでお話していきます。

 

 

 

平面座ナットとは?

 

平面座ナットとは、その名の通り平面でホイールを固定するナットです。ナットに付属しているワッシャー部分がホイールと接触してホイールを押さえつけます。

 

多くのホイールナットの場合、平面では無くテーパー座ナットが使用されています。

 

  • 左側 平面座ナット
  • 右側 テーパーナット

 

 

▪️テーパー座ナット

 

▪️平面座ナット

 

下手くそなイラストで申し訳ないですが、2つのナットの違いはあらかた伝わったと思います。(伝われ。)

 

平面座ナットの場合、テーパー座ナットのように締めこむだけでは、ホイールのセンターを出すことが出来ません。

 

そのため、ホイールナットの側面とホイールの穴径のクリアランスをキッチリ決めることで、テーパー座ナット同様にナットを締めこむだけでセンターを出しています。

 

 

こちらの矢印部分のストレート面が、ガイドになってホイールのセンターが出る構造です。

 

画像だと少し分かりズラいですが、ホイールの穴もテーパーでは無くストレートの穴が空いています。

 

 

平面座ナットのメリットは?

 

平面座ナットのメリットは、テーパー座ナットよりもホイールとナットの接触面積を稼げる点が最大のメリットになります。

 

ナットとホイールの接触面積が多い方が、安定してホイールを固定できることは言うまでもありません。

 

テーパー座ナットもこのイラストのように広い面積で接触していますが、正確には線で接触しています。(かなり細く見ていくと。)

 

 

それに比べて、平面座の場合は確実に面でホイールを捉えることが可能。

 

 

じゃどこのメーカーも平面座ナットを使用すれば良いんじゃないの?

 

おそらくコスト面に優れていないことが他のメーカーが使用しない1つの理由です。それに加えて、テーパー座ナットのあたり面積で十分ホイールを固定できるという点も加わります。

 

テーパー座面のホイールナットに問題があれば、どこのメーカーもテーパー座面は使わないよね。

 

ホイールナットのストレート部分の外形と、ホイールのナットホールの内径でホイールのセンターを出さなくてはいけないため、ホイールの製造コストが高くなってしまいます。

 

まとめ

 

平面座ナットは、ホイールとナットの接触部分が【平面】になっていることから、この名前が付いています。

 

平面接触させることが出来る平面座ナットは、ホイールとナットの接触面積を多く確実に捉えることが可能なホイールナットです。

 

平面座ナット=トヨタ(レクサス)のイメージを持たれる方が大半かと思いますが、実は三菱車でも平面座ナットを使用しています。(正確には使用している車もある)

 

どうでも良い話だけど…

 

平面座ナットは、純正ホイールにしか対応していない(社外ホイールの9割以上はテーパーだから)ため、平面座ナットは社外ホイールには使用出来ないので注意です。

 

関連記事

 社外ホイールに変えたら純正ナットは使っちゃダメだよ。 なんて事を耳にした事がある方も多いのではないでしょうか? これは正解でもあり、不正解でもあります。 正確には、社外ホ[…]

 

それでは。

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

 ホイールナットはなぜ先端がテーパーになっているの?あれってどういう意味があるの? こんな疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。 この記事では、ホイールナットの先端はなぜ[…]

関連記事

 ホイールを交換するにあたって、ホイールナットも交換したいんだけど、どうやって選べばいいのかよく分からない...。あれってどれでも好きなやつを買えば良いの? こんな疑問を持たれる方も少なくありません。&n[…]

関連記事

 ホイールナットって緩むんでしょ?増し締めが必要なんでしょ?増し締めはどのタイミングでやるの? ホイールやワイドトレッドスペーサーを固定するナットに対して【増し締め】と言う言葉を耳にする機会は少な[…]

 

 

最新情報をチェックしよう!