【キャンバーボルト】のメリット・デメリット『取り付け前に知っておきたい』

 

キャンバーを付けたいな〜。

 

と考えた際に真っ先に思い浮かぶのは『キャンバーボルト』の取り付け。

 

なんて方も多いのではないでしょうか?もちろん車の構造でキャンバーボルトの取り付けの出来る出来ないはありますが。

 

キャンバーボルトは低予算で簡単にキャンバー角を付ける事が可能で人気のアイテムですね。

 

この記事ではキャンバーボルトの取り付け前に最低限知っておきたい『メリット・デメリット』のお話をしていきます。

 

 

キャンバーボルトの仕組み

 

キャンバーボルトが使える車種はストラット式サスペンションを採用している車種に限られます。

 

▪️キャンバーボルトでキャンバー角が付く仕組み

ストラットとナックルの取り付けボルトを純正サイズよりも細いボルトを使う事で取り付け時にストラットとナックルの間にガタが生まれ、そのガタを利用しナックルを傾けてキャンバー角が付くという仕組みです。

 

キャンバーボルトはストラットとナックルの取り付け部分の2本のうちの1本のボルトと入れ替えて使用します。

 

 

キャンバーボルトのメリット・デメリット

▪️メリット

  • コスパ最強
  • 取り付けが簡単
  • 車検もOK

 

▪️デメリット

  • 微調整が出来ない
  • あまりキャンバー角は付かない
  • ボルトがズレるリスクがある

 

メリットとデメリットについて、順番に解説していきます。

 

キャンバーボルトのメリット

  • コスパがイイ
  • 取り付けが簡単
  • 車検もOK

 

キャンバーボルトの大きなメリットして、価格も安く取り付けが簡単です。またストラットとナックルを固定している部品は『指定部品』ではありませんので車検にもそのまま通す事が出来ます。

 

そもそも、車検時に車を下から覗いて、キャンバーボルト装着の有無は確認出来ません。

 

部品の交換はともかく、車検の時キャンバーがついているのは良いの?

 

そんな方に向けて、キャンバー角と車検に関する記事をアップしていますので、詳しくはこちらをご覧ください。

 

関連記事

車を弄っている方には2年に一度のアレが...面倒くさい。そう感じている人も多いはず。 アレとは言うまでもなく『車検』。僕の周りにも毎度車検前になると慌てて準備をし出すお馬鹿さん達が多い。 車検の期限はずっと前から分かっているから計画[…]

 

金額も2000〜5000円程度で購入出来るので、コスパ最強のアイテムです。

 

 

デメリット

  • 微調整が出来ない
  • あまりキャンバー角は付かない
  • ボルトがズレるリスクがある

 

価格も安く、取り付けも簡単にキャンバー角を手に入れる最高のパーツですが、デメリットは付き物ですね…

 

キャンバーボルトでキャンバー角を付ける際は微調整をする事が出来ません。(必ずではない)

 

キャンバーを付ける事が出来るものの調整は出来ない為、キャンバー角を調整するのであれば『調整式ピロアッパーマウント』との併用が効果的です。

 

f:id:yuichan53world:20190703233214j:image

 

関連記事

キャンバー角を付けるアイテムで有名な調整機能付きのピロアッパーマウントですが、初めから付いている車高調もあれば調整出来ないものも存在します。 正直ピロアッパーマウントが無くてもキャンバー角を付ける事は可能です。 しかし、ピロアッパー[…]

 

関連記事

これからピロアッパーマウントを購入しようかな?そんなふうに考えている人が1番気になるポイント。 それは『キャンバーの角度は何度付くのか?』 そんな方に向けてこの記事では、調整式ピロアッパーマウントを使うと一体どのくらい角度が付くのか[…]

 

段差を乗り越えた際に大きな衝撃を受ける事で、キャンバーボルトがズレてキャンバー角が起きてしまうという最大のデメリットがあります。

 

僕はキャンバーボルトを長い期間愛用していますがズレた事はないですが、周りの話を聞いたりしているとズレる話も耳にします。

 

乗り方やバネの硬さによってもズレるズレないというのはあるかも知れませんが、キャンバー角が起きる場合もあるという事は最低限頭に入れておく必要がありますね。

 

思ったよりキャンバーが付かなかった…。

 

そんな風に残念がる声が多いのはキャンバーボルトにはよくあります。

▪️キャンバーボルトで得られる角度

  • 1度〜3度

 

3度と記載がある商品でも、1度〜2度弱しか付かない場合が多いです。

 

 

それだったらちょっと物足りないな…

と言う方向けにこちらの記事を用意しています。

 

関連記事

いじった事のある方にしか分からないかも知れませんが、ストラット車ってフロントキャンバーが付けにくいんですよね... だからと言ってキャンバーが付かないのか?? 決してそんな事は無いし、実際にキャンバーを付ける方法はあります。 そ[…]

 

ホームセンターのボルトはNG!!

よくキャンバーボルトをケチってホームセンターに売っているユニクロボルトやステンレスボルトに変更して『キャンバーボルト!』なんて言っている方がいますが絶対に真似してはいけません。

 

確かにM12のボルトからM10のボルトに変えれば、キャンバーボルトと同じじゃん!と言えばその通りですが、ホームセンターのボルトを使ってはいけない理由があります。

 

車に使用されているボルトというのは一見、近所のホームセンターに売っているボルトと同じに見えても、車の荷重や路面からのショック時の事を考えられて、『強度管理が行われています。』そのため、ホームセンターのボルトを使ってしまうと強度が足りなかったがために、走行中のショックに耐えられずボルトが折れてしまう…という最悪の事態が考えられます。ボルトが折れるケースは稀かもしれませんが、数千円の出費をケチってリスクを背負うものではないと思います。

 

おすすめのキャンバーボルト

キャンバーボルトを出しているメーカーや金額は様々でどれを買えばいいのか分からない…そんな方も多いです。僕がおすすめするキャンバーボルトは『モンロー』というメーカー出しているキャンバーボルトになります。

 

価格は5000円前後とキャンバーボルトの中では少々値段の張る商品ですが、信頼出来るメーカーさんだけあって愛用者も多いのが事実です。これをおすすめする僕も過去2台の軽自動車にはモンローのキャンバーボルトを取り付けしていました!!

 

価格が多少高くとも信頼の置けるメーカーさんの部品を使う事はいい事だと思います。名の知れたメーカーさんからのキャンバーボルトは少ないのも現状で、モンローのキャンバーボルトは中古取引時の価値もほかの商品とは価格差もありますね!

 

 

まとめ

 

キャンバーボルトは金銭面・取り付けの手間から見てもとても魅力的な『パーツ』の1つです。

 

しかし、メリットがある反面デメリットもあります。これは全てのモノに共通して言える事ですね。

 

デメリットを聞いて取り付けを辞めるというよりはデメリットを把握して取り付けする事で、円滑に対応する事が可能になりますね。

 

今一度、キャンバーボルトのデメリットをきちんと把握しておきましょう。

 

▪️キャンバーボルトのデメリット

  • あんまりキャンバーが付かない
  • キャンバーの角度がズレる事がある
  • 調整が出来ないものが多い

 

それでは楽しいカーライフを。

 

▪️キャンバーに関する記事

関連記事

車を弄っていく上で見た目好みに【キャンバー】を付けたい!と思う人は少なくない。 1つだけ言っておくけど『キャンバーなんて無闇に付けるものではない。』 そんなのどうでもいいからキャンバーの付け方が知りたいん[…]

関連記事

先日、当ブログの読者さんからこんな質問を頂きました。 キャンバー角を自宅で簡単に測れる方法はありませんか? そこで、この記事ではこの質問にお応えすべく、スマホを使って簡単にキャンバー角を測る方法を2つ紹介していきます。スマホでキ[…]

関連記事

セダンを弄っている人の中で、【キャンバーボルト】を探してみるけど、見つからない... なんでセダン用のキャンバーボルトは無いんだろう... そんな経験をした方もいらっしゃると思います。 それはサスペンションの構造上、キャンバーボ[…]

 

最新情報をチェックしよう!