アッパーアームの外し方【外れない理由はテーパーがくっているから】

 

アッパーアームを固定するナットを外したのにアッパーアームが外れない…。これどうやって外すの?

 

車を始めて触るユーザーには、よくありがちな事です。

 

そこでこの記事では、そんなユーザーに向けてアッパーアームの外し方を紹介します。ナットを外したのにアッパーアームが外れずに悩んでいる人向けです。

 

※基本的には、タイロッドやロアアームと全く同じです。

 

 

ナットを外してもアッパーアームが外れない理由

 

アッパーアームを固定する、ナットを緩めたのにアッパーアームが外れない理由は、【テーパー】がくっているからです。

 

つまり、アッパーアームのボールジョイントと、アッパーアームが刺さっているナックル側が互いにテーパー形状になり【バッチリハマっている】という事です。

 

これは、取り付ける際に自然と位置が出るようにするための仕組みです。

 

ただのボルト穴にしてしまうと、アームの取り付け位置がその都度ズレてしまいます。なので同じ位置に固定出来るように、テーパー形状になっています。

 

ホイールを固定するナットと同じ認識で大丈夫です。

 

そんな理由から、アッパーアームのナットを外してもアッパーアームは外れません。※外れるタイプのアッパーアームもある。

 

アッパーアームの外し方

 

アッパーアームがテーパー状になっていて、外れない場合は以下の方法で取り外すことが可能です。

 

  • ギアプーラーを使う
  • タイロッドエンドプーラーを使う
  • ハンマーで叩く

 

※ハンマーで叩くは最終手段

 

順番に解説します。

 

ギアプーラーを使う

 

アッパーアームを外す際に、もっと使い勝手が良く、扱いやすいのがギアプーラーです。※ベアリングプーラーとも言う。

 

 

ナックルを2本の爪で抑えつつ、アッパーアームのボールジョイントを押し込み外す構造です。※めっちゃシンプル。

 

関連記事

車の作業やバイクの作業をしていると、ちょくちょく出番が出てくるギアプーラーですが... ギアプーラーって何?ギアプーラーってどうやって使うの? そんな声を耳にする事もチラホラ。 ギアプーラーは、【ギア・ボールジョイント・プーリー[…]

 

ボールジョイントを当てがっている部分のネジを回すと、物理的にアッパーアームのボールジョイントを押し込むことが可能ですよね。これで外れます。

 

写真だと、ナットが外してありますが、ナットは緩めるだけで付けておいた状態でプーラーを掛けて下さい。

 

ギアプーラーは、車弄りにおいて色々な場面で使用する機会があります。ネットショッピング等なら1000円程度で購入出来る商品も多いです。

 

たまに使うぐらいであれば、安物でも充分なのでまだ勿体無い人は買っておくのがおすすめです。

 

 

タイロッドエンドプーラーを使う

 

 

タイロッドエンドプーラーは、その名の通りタイロッドエンドを外す工具ですが…

 

外す仕組みは全く同じなので、アッパーアームにも使える場合もあります。

 

このような形状のものあります。どっちの形状にも良し悪しはありますが。※むしろこっちの方が主流かも。

 

 

ギアプーラーとタイロッドエンドどちらを使えば良いの?

 

ここに関しては、車種やサスペンションの形状によって向き不向きがあるので一概には言えませんが、使える方を使うというのが回答です。

 

 

こちらの写真のような形状だと、ギアプーラーの爪を入れるスペースが無く、タイロッドエンドプーラーで外すことになります。

 

※画像の車種はIS(18.20クラウン系のリアアッパー)

 

タイロッドエンドプーラーも、安い商品が販売されているのでセットで持っておいて損は無いと思います。

 

このような形状のタイロッドエンド外しもあり、使用可能ですが注意しないとボールジョイントのブーツを破いてしまう恐れがあります。そこだけ頭に入れておきましょう。

 

コチラは爪を差し込み、ハンマーで叩いて外し工具です。

 

 

ちょっぴり余談ですが、ワイパーアームの固着にもタイロッドエンドプーラーが活用出来ます。

 

関連記事

 ワイパーアームを外そうと思ってナットを外したのに、ワイパーアームが固くて外れない... こんな悩みに直面する方は少なくありません。 新車時から、一度もワイパーアームが外されないことも珍しく[…]

 

ハンマーで叩く

あくまでも、ハンマーで叩いて外すというのは、最終手段です。

 

おすすめはしませんので自己責任で。

 

ハンマーで叩いて外す場合は、ボールジョイントのネジ山やナットを潰さないように、要らないナットを取り付けて叩くことをお勧めします。

 

※ナットを付ける時は、ネジ山が見えないぐらいにナットが緩んでいる状態で取り付ける。

 

 

ボルトを直接叩かなくても、ボールジョイントがハマっているホルダー側を叩くことで外れるケースもあります。

 

コチラの画像のような感じです。

 

 

ここで1つだけ注意点なのですが、ホルダー側が【アルミ】の場合はここを叩いてはいけません。必ず鉄(鋳物とか)であることを確認してからです。

 

そもそも叩くのはセオリーではないですが、最低限のことはお伝えしておきます。

 

まとめ

 

アッパーアームには、ボールジョイントが採用されており、なおかつテーパーがくっているケースが多いです。

 

※固着と勘違いする人が稀にいますが、固着では無いからね。

 

ボールジョイントが使われているサスペンションアーム関連の部品ではこのようなタイプが多いです。※スタビリンクとかは違うけど。

 

もし、ナットを外したのにすんなり外れない場合は、この記事で紹介した3つの方法を試してみて下さい。

 

  • ギアプーラーを使う
  • タイロッドエンドプーラーを使う
  • ハンマーで叩いて外す

 

あくまでハンマーで叩いて外すのは、最終手段です。下手くそな人がやってネジ山を潰す人をチラホラ見てきたましたのでお気を付けて。

 

プーラーを持っていない方はこの際購入しておくのがオススメです。出番も多いと思います。どちらか1つ購入するなら個人的には汎用性のあるギアプーラーをお勧めするかな〜?

 

 

 

それでは。

 

▪️関連記事はコチラ

関連記事

先日、当サイトの読者様よりこんな質問を頂きました。 アッパーアームのナットを付けようとしたのですが、ボールジョイントが供回してしまってナットが回せません... この悩みに直面する方は少なくありません。[…]

関連記事

どんな車のアームを交換する場合でも、多くの共通するポイントというのがあります。 これを最低限押さえておくだけで、多くの車でのアーム交換がスムーズに行えます。 この車のアームは交換した事無いから交換出来ないよ...。そんな事が無くなり[…]

関連記事

前回の記事に引き続き、今度はリアのアッパーアームを調整式に交換しました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.send-freedom.com/entry/2020/04/23/[…]

最新情報をチェックしよう!