【スライドドア】今すぐにできる異音対策方法の紹介

  • 2021年9月22日
  • 2021年9月22日
  • 異音,

車を購入した当初から、音を立てて開閉をしていたスライドドアのメンテナンスを行いました。

 

スライドドアを開け閉めする時に異音がする。うるさい。なんとかならないの?

 

スライドドアの異音に悩まれる方も少なくありません。

 

そこでこの記事では、今すぐ誰にでもできるスライドドアの異音対策についてお話ししていきます。ここで紹介する対処法については、車に関する知識は一切不用です。

 

ちなみに僕の車は【キュルキュル】控えめな音が発生していました。(ローラーが転がる際もゴーゴーと若干うるさめ。)

 

 

用意するモノ

 

  • パーツクリーナー
  • ウエス
  • グリーススプレー

 

用意するのはコレだけです。パーツクリーナーとグリーススプレーは、どこのホームセンターでも入手可能です。

 

2つ合わせても500円しないぐらいで入手可能です。

 

 

 

ウエスに関しては、掃除をするのに使用するだけなので、不用な布等でも何でも構いません。

 

もし、使い捨てで使い勝手の良いモノを探すのであれば、このショップタオルが有能です。丈夫なキッチンペーパーみたいな感じ。

 

 

※わざわざ買うほどでも無いよ。

 

 

もしグリス選びに迷う方は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

 

関連記事

スライドドアの定期メンテナンスとして行うグリスアップですが... スライドドアには、何のグリスを使えば良いの? こんな疑問を持たれる方も少なくありません。 そこでこの[…]

 

スライドドアの異音対策方法

 

スライドドアの異音解消方法は、異音の発生源を綺麗にしてグリスアップしてあげるだけです。グリスを塗ってあげると、ローラーの回転がスムーズになり、音が消えます。

 

※完全に音が消えて無音になることは物理的に不可能ですが。

 

スライドドアから発生する異音の大半は、以下の場所が主な発生源になります。

 

  • ローラー本体
  • ローラーが走るレール
  • 可動するヒンジ部分

 

これらの箇所に、砂埃が溜まっていたり、グリスが切れて金属と金属がモロに干渉し合ってしまうために、異音が発生します。

 

グリスがない状態だと、ローラーの負荷が大きくなってしまい、悲鳴をあげるようなイメージ。

 

これらを掃除してグリスアップ(グリスを塗る)ってあげましょう。

 

■ローラー本体

 

■レール

 

レールの数は車によっても異なります。

 

多い車だと、【ドアの上側】【ドアの真ん中】【ドアの下側】の3つになると思います。

 

 

車の外側(ボディ)にあるレール部分は、少し下側から覗き込むとレールが確認可能です。

 

レールがもろに外側にあるので、レールが裏側に入り込んでいます。

 

■可動するヒンジ

 

これらのヶ所をパーツクリーナーで洗浄し(手が入らないローラーとかは吹っかけるだけでも大丈夫。)、グリスアップしてやります。

 

画像のようにノズルを近付けて、回転するローラー付近に吹きかけてあげるイメージです。(そんなに神経質になる必要はありません。)

 

※画像が掃除前で申し訳ないんですが…。

 

特に、ローラーが転がるレール部分は、綺麗に掃除してやるのが異音に打ち勝つ方法です。

 

ここが汚れていたり、砂埃がある状態だとローラーの回転を妨げるので、異音が発生しやすい状況になってしまいます。

 

 

忘れられがちですが、下側のここの部分もリンクになっていて可動します。ここも忘れずに、グリスアップしておきましょう。

 

ドアが開き出す瞬間と、ドアが閉まりきる際にリンクが回転します。

 

 

【足を乗せないで〜】みたいなマークと注意事項のステッカーが貼ってる部分です。

 

※この裏側もローラーがありますのでそちらもグリスアップですね。

 

グリスアップはドアを開閉させて再度行う

 

各部をパーツクリーナーで掃除し、グリスアップした後は、何度かスライドドアを開閉してやります。

 

2.3回、スライドドアを開け閉めするぐらいで十分です。その後、再度グリスアップをしてやりましょう。

 

可動していない状態でグリスアップするので、何度か動かすことでグリスが内面に行き渡ります。

 

グリスアップして1発目では完全に異音が消えないケースも多いですが、2回目のグリスアップでかなり静かになると思います。

 

当てゴムから異音がしているケースもある

 

異音の大半は、回転箇所ならびに可動部分からの異音になりますが、当てゴムから音が出るケースもあります。

 

ドアが閉まりきる時、開ききる時のストッパーの役割を担っている部分です。

 

ゴムが潰されると言うか押し付けられる際に、音が発生することがあります。

 

ココからの異音に関しては、シリコンスプレーを吹きかけおくと音が消えると思います。(よほど当てゴムがボロボロになっていない限り。)

 

 

当てゴムに関しては、グリスよりもシリコンスプレーがお勧めです。ゴムにはグリスより、シリコンの方が相性が良いためです。

 

 

まとめ

 

スライドドアを開け閉めする時に、【キュルキュル】鳴っていた異音は綺麗に消えました。

 

ローラーが転がる際に【ゴーゴーゴー】と出る音もかなり静かになりました。

 

スライドドアは物理的に異音が発生しやすい構造のため、定期的にグリスアップする必要があります。(何も手を入れないと異音が出て当然。)

 

また、異音が気になるようになって来たら、再度グリスアップを行いましょう。

 

掃除するが面倒なんだけど…。

 

そんな方は、最悪グリスアップだけでも異音はマシになります。(車の状態次第では、十分消える場合もあります。)

 

※ちなみに。僕も上側と下側のレールしか掃除していません。(ココだけの話)

 

掃除するのが面倒で嫌なら、異音が消えなかったら掃除を考えても良いかもしれません。(当然ですが、掃除するに越した事はない。)

 

それでは。

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

スライドドアの定期メンテナンスとして行うグリスアップですが... スライドドアには、何のグリスを使えば良いの? こんな疑問を持たれる方も少なくありません。 そこでこの[…]

関連記事

 先日、E85のフロントガラスを割ってもーたー...(飛び石ではない)  仕方ないので、フロントガラスを交換することに。 この記事では、DIYのフロントガラス交換についてお[…]

関連記事

E46の天井が垂れてしまっているので、張り替え作業を行いました。  これから天井を張り替えようか迷ってる方に向けて、天井生地の張り替え方法をお話ししていきます。今回の天井張替え作業は完全に一人でやっていま[…]

関連記事

ドライブシャフトはタイヤを回転させるために、走行中回転を続ける部品です。 エンジンからタイヤへと動力を伝える、大切なシャフトです。 そんな重要な役割を担っているドライブシャフトから、異音が発生する事も珍し[…]

 

最新情報をチェックしよう!