【モンキー】4Lフレームに5L用シート取り付け方法【要加工】

先日、5Lモンキー用のローダウンシートを購入し、4Lフレームに当てがってみたところ、シートが固定出来ません。

 

どうやら4Lモンキーと5Lモンキーでシート固定用ステーの形状が違うみたいですね。

 

そこでステーを加工し、4Lモンキーのフレームに5Lモンキー用のシートを取り付けするための加工を行いましたので、取り付けに必要な加工についてお話ししていきます。

 

 

加工に使ったもの

 

  • メジャー
  • グラインダー
  • 溶接機

 

 

 

関連記事

ずっと前から欲しかった自宅で使える100vの半自動溶接機をやっとこ購入しました。 どれにしようか迷ったのですが、ネット等で評判の高い【YOTUKA】のものを購入。 実際に購入し、溶接しましたので感想につい[…]

関連記事

 僕もYOTUKAの100V溶接機を購入したのですが、なかなか思うように溶接が出来ません...。コツがあれば伝授して頂けないでしょうか? 先日、当サイトの読者様より、こんな質問を頂きました。 […]

 

4Lフレームに5L用シート取り付け方法

 

まずはそのまま4Lフレームに5Lモンキー用のシートを乗せてみると、サス受け部分にハマる箇所はとりあえずハマり固定は問題なさそう。

 

しかし前側の固定部分の穴位置が全然合いません。

 

 

そこで始めに、後方側のステーを切断し、ステーをガッツリスライドし固定出来るようにしてきます。これで後方のステーの位置が変わるので、シートが少し前に出でてきます。

 

 

ステーをカットし、ステーの位置をずらしたので、少しだけシートが前方に移動しましたが、固定用のボルトを通すにはまだまだ穴井位置は合いません。

 

そこで次に前側のステーも加工。

 

ステーを一度切断し、ステーをズラして溶接します。こちらも穴の部分を切ってしまってもいけないことは無さそうですが、ボルトが2本止であることと、シートの生地にステーが干渉するのが嫌なので、この方法を取りました。

 

画像で見るとよく分かりますが、現状でシート生地とステーの位置がギリギリのクリアランスです。

 

 

せっかく切断するので、シートステーのフレーム固定部分が10ミリほど下がるように、10ミリ分短縮もセットで行いました。穴位置が元々2箇所あり、約10ミリの高さ調整が可能で…

 

今回10ミリ短縮したことで、さらに10ミリ分高さを下げることが可能です。

 

無事に固定部分の穴と同じ位置にステーが来たので、これで5Lモンキー用のシートが装着可能になりました。

 

 

※ボルトの用意をしていなかったので、長いボルトを通し左右の位置確認をしています。

 

 

まとめ

 

4Lモンキーと5Lモンキーでシートの固定位置が少し異なるため、そのままでは取り付け出来ません。

 

しかしながら、ステーを少し加工してやると問題なく取り付け可能です。

 

もし、シートステーの加工をしたくない、出来ない場合は5Lモンキー用のシートを4Lフレームに取り付けする用のステーが販売されているのでそちらを購入すれば解決です。

 

 

 

それでは。

 

 

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

久々にモンキーの製作に取り掛かり、フロントホイールの4J化を行います。 そこでこの記事では、モンキーのフロントに4jホイールを装着に当たって、少しお話していきます。 これからモンキーのフロント[…]

関連記事

モンキーの製作にあたり、フロントの車高がノーマル長なのでローダウンしていきます。 そこでこの記事では、モンキーのフロントフォークのバネカット方法についてお話ししてきます。 ダックスやシャリーも同じ要領で作[…]

関連記事

モンキーのフロントローダウンに伴いダストブーツがぺちゃんこに...。 そこでフロントフォークのアウターカットを行います。 以前に、タップを切り足しカットする方法はこちらの記事で紹介済みなので、今回は溶接で[…]

関連記事

モンキーの純正ハブを中古で購入したのですが、ハブベアリングがピクリとも動きません...。笑 そこでハブベアリングの交換(打ち替え)を行いましたので、ハブベアリングの交換方法についてお話ししてきます。合わせて、ベアリングの品[…]

最新情報をチェックしよう!