意外と知らない!キャンバー角を付けていても車検には通る!

【スポンサーリンク】

f:id:yuichan53world:20190602103520j:image

車を弄っている方には2年に一度のアレが...面倒くさい。そう感じている人も多いはず。アレとは言うまでもなく『車検』。僕の周りにも毎度車検前になると慌てて準備をし出すお馬鹿さん達が多い。

 

車検の期限はずっと前から分かっているから計画的にね。笑

 

そんな余談はさておき、今回は『車検とキャンバー角』にまつわるお話をしていきます。良く『このキャンバー角で車検に通るかな?キャンバーつき過ぎてると通らないよね?』そんな事を聞かれる事もしばしば...

 

結論からお伝えしておくとキャンバー角を付けていても車検には『通ります!』

 

 

キャンバーが付いていても車検はOK

キャンバー角を付ける事が違法改造か何かと勘違いされているのか分かりませんが、『キャンバー角を付ける=車検NG』などと思っている人が多いです。しかし全くそんな事はありません。そもそもキャンバー角○度〜○度以内なんて規定はありません。

 

仮にも車検に落ちる原因があるとすればキャンバー角の問題以外に原因があります。

 

(注意)あまりにも過激なキャンバー角を付けているとサイドスリップという車検項目をクリア出来ず、車検に落ちてしまうケースもあります。

 

車検に通らない例

ホイール(タイヤ)がハミ出す

キャンバー角が付いている事で規定の数値よりもホイール(タイヤ)がフェンダーの外にはみ出してしまうケースがあります。このようなケースでは当然車検に通す事は出来ません。

 

タイヤのはみ出しに関する保安基準に関してはこの記事にわかりやすく説明されています!

 

タイヤのはみ出しに関する保安基準の改正は、誤解が多い!?

 

キャンバー角の付け方

キャンバー角が付いていようが付いていなかろうが規定を満たした車であれば車検に通す事は可能です。しかし、キャンバー角を付けるために規定を守れなくなり、車検に通らないケースは多いです。それはキャンバー角の付け方によるものです。

 

キャンバー角を付ける方法は車種によっても異なりますが、アッパーアームやロアアームの交換、または加工品の装着によってキャンバー角を付ける場合がありますよね。車の部品には『指定部品』と言われる部品が存在しており、この部品は純正部品出なくては車検に通す事が出来ません!と言う部品が存在します。

 

キャンバー角を付けるために交換される、アッパーアームやロアアームと言った部品は指定部品になっていますので、社外品に交換されていたり、加工が施されている部品を取り付けた車両は車検に通す事は出来ません。

 

車検に通すのであれば純正部品に交換して車検に挑む必要があります。どうしてもその部品を付けたまま車検に通したい!と思うのであれば『強度計算書』が必要になりますが『構造変更』という手続きを行う事で社外部品や加工品を取り付けたまま車検に通す事が出来ます!

 

まとめ

いかがでしたか?キャンバー角を付けていると車検に通らない!と思われていた方の中には朗報だった!!なんて方もいるのではないでしょうか?ここでお話した通り、キャンバー角が付いていても車検規定の項目を一通りクリアしていれば問題なく車検を取る事が可能です!!

 

 

上記の2点を確認してみて下さい!!自分の車はこのまま車検に通す事が出来るのか?出来ないのかが分かると思います!!

 

※全ての車検規定をクリアしていてもキャンバー角がつき過ぎている車の車検は車屋さんによっては断られてしまうケースも耳にします。車屋さんも商売でやっているため、いくら車検に通る車であっても周りにのお客さんにそれは分からない場合がほとんどであまり良い印象を与えないからだと思います。そのため車検準備は何かトラブルが起きても対処に困らぬよう早めに動き出しましょう!!

 

それでは!!