車高調が固着した時の対処法や固着してしまう原因

【スポンサーリンク】

f:id:yuichan53world:20190621000638j:image

折角車高調を取り付けていても、車高調のメンテナスを怠ってしまったり、車高調整前に手を加えてから調整をしないと調整ができなくなってしまうことは珍しくありません。

 

とは言うものの既に車高調が固着してしまってお困りの方に向けて固着の対処方法のお話をしていきます。最後に合わせて車高調が固着させ難くなる方法についての基礎知識のお話もしていきますので最後まで目を通して下さいね!!

 

 

車高調が固着する2つの原因

車高調が固着してしまう原因は大きく分けて2つです。1つ目は『サビ』によるもの。ブラケットと車高調のカートリッジのネジ山部分が錆びついてしまい、本来スルスル回るべきものが回らなくなってしまいます。2つ目は砂利やサビによるネジ山表面のカスがブラケットとカートリッジの間に挟まってしまい回らなくなるケースです。

 

固着してしまった場合の対処法

潤滑油を浸透させる

ネジ山部のサビによる固着であれば、ブラケットとカートリッジのネジ山部分に潤滑油を浸透させる事で回るようになるケースが多いです。潤滑油を浸透させるにはある程度の時間が必要になるため、潤滑油を吹きかけてから多少の時間が必要になりますが1番効果的な方法になります。

 

ホームセンターに売っている『クレ556』が効果的ですが、それでもダメな場合は『ラスペネ』が最強です。556を吹きかけても回らない場合は『ラスペネ』の使用をお勧めします。556と比べると金額が高いですが、浸透性は556と比べても差は明らかです。

 

 

 

貫通ドライバーとハンマーを使う

ネジ山に砂利や、表面のカス(メッキの剥がれ)が詰まっている場合は潤滑油を吹きかけて浸透させてもあまり意味がありません。その場合は力をかけて回すしかありません。車高調レンチを当てがい、ハンマーで叩く手段もありますが、正直力のかかり方が甘いです。かなり力技になってしまいますが、ロックシートの溝に貫通ドライバーを当てがい、貫通ドライバーをハンマーで叩き回す事で、車高調レンチとは比にならないぐらいの力を掛ける事が可能になります。叩く時はロックシートの溝からマイナスドライバーが外れないようにしっかり押さえて叩くのがコツです。

 

砂利やサビのカスが詰まっている場合は、車高を下げる側に調整する時でも一度、上げる方向に回してあげましょう!!(詰まっているモノを外にはき出させる為。)

 

貫通ドライバーは、先端部分からグリップの端まで金属の芯が入っているため、グリップ部分をハンマーでたたくことで、先端に衝撃をダイレクトに与えることが可能な工具です。叩いて衝撃を与える工具なのでハンマーで叩いても壊れません。(限度はありますけどね。笑)

 

 

車高調の固着防止策

いざ調整したい時に回らないと困りますし、イライラもしてしまいます。(経験済み)防止策としては2つです。

 

1つ目は半年に一度程度、ロックシートを緩めてブラケットを回して潤滑油を浸透させてあげましょう!定期的にブラケットを動かし、潤滑油を浸透させておく事でサビの原因をなくすことが出来、固着し難くなります。

 

もう1つは、車高を調整する前に必ず、ネジ山部分を掃除してから調整を始めるということです。車高調を取り扱う上では常識にもかかわらず、これをやらない方が多くいらっしゃるのも事実です。車高調は地面から近いだけでなく、タイヤとの距離も近く砂利や砂埃がネジ山部分に付着します。これをそのままにして車高調整をしてしまうと砂利がネジ山に噛んでしまい、ネジ山がダメになってしまいます。また車高調整をする際は必ず車高を下げる場合でも、車高を上げる方向に一度回してから、車高調整をしましょう!目に見えている部分のネジ山を掃除していても、ブラケットすぐ上部分のネジ山の砂利や砂埃は掃除出来ません。それをそのまま下げる方向に回してしまうと、せっかく掃除をしていても何の意味もありません。必ず一度車高を上げる方向に回してからブラケット真上の砂利や砂埃も掃除してから調整を始めましょう!!

 

まとめ

車高調の固着はよく耳にするワードですが、しっかりメンテナンスをし、正しく扱っていれば避けることが充分出来るトラブルの1つです。車高調のメンテナンスや車高調整前の掃除は欠かさずやりましょう!!大切な車高調を長持ちさせる為には欠かせませんからね!!それでは!

 

 

関連記事はコチラ!!

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com