画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

『モンキー』武川製オイルクーラーのアルマイトを剥離してバフ掛けする!

【スポンサーリンク】

f:id:yuichan53world:20190726215743j:image

武川製のオイルクーラーを取り付けしていたのですが、どうもこの武川製の証しでもある『赤と青』のカラーリングが僕のダックスには合わない...

 

そこで、僕はアルマイトを全て剥離して、バフ掛けする事にしました!!ちなみに剥離して磨くとこんな感じに仕上がります!こうすれば色々なバイクに合わせやすくなりますよね!基本的に色の配色はバイクをカスタムする上で欠かせないポイントになると思います!!

 

この記事では武川製のオイルクーラーをバフ掛けするにあたって行った、アルマイトの剥離』処理をパイプユニッシュを使って行う方法のお話をしていきます!

 

アルマイト剥離に使うもの

  • パイプユニッシュ
  • 剥離するパーツが入る容器
  • 割り箸
  • キッチンペーパー
  • パーツクリーナー

 

アルマイトの剥離はどこのホームセンターにでも簡単に手に入る『パイプユニッシュ』を使ってやりました。他に僕が用意したのは上に挙げたものです。基本的にパイプユニッシュは皮膚に付着すると肌荒れを引き起こしますので、割り箸を使ってパーツを救出します!救出した後はパーツクリーナーとキッチンペーパーを使って洗浄しました。

 

アルマイトの剥離方法

まずはアルマイトを剥離したいパーツが入るプラスチックの容器を用意します。パーツがパイプユニッシュに全面浸かる程度のサイズを用意しましょう!そうしないと、アルマイトの剥離が一度に全て終わりません。

 

サイドのカラーはペットボトルを切って剥離しました。大体パイプユニッシュに付けて10分もしないぐらいで色が抜けていきます。色が落ち始めたら割り箸でパーツをかき混ぜるとどのくらい剥離が出来ているかが分かります!この写真はかき混ぜる前ですが、かき混ぜるとカラーの周りの青色は全て落ちていましたので引き上げます!

f:id:yuichan53world:20190726220248j:image

 

右の3本はパイプユニッシュによる剥離後の姿です。これを磨くと左の1本のようにピカピカに仕上がります!!


f:id:yuichan53world:20190726220244j:image

 

オイルラインの取り出し口やフィッティングもアルマイトの剥離をして磨くとまるで別のパーツのような仕上がりになりますね〜!!ちなみにシルバーのアルミパーツでもメーカー物のパーツには『クリアアルマイト』が施工されています。そのためそのままバフ掛けをしてもなかなか綺麗になりませんので、まずはアルマイトの剥離作業をしましょう!!

 

f:id:yuichan53world:20190726221310j:image
f:id:yuichan53world:20190726221314j:image

 

アルマイト剥離の注意点

パイプユニッシュに長時間付けっ放しにしていると、アルマイトが剥離出来るだけではなく、アルミ自体も溶けてしまう恐れがあります。もちろんドロドロに溶けてしまう訳ではないですが、アルミに巣穴(小さなプツプツ穴)が出来てしまう可能があります。

 

パイプユニッシュに付けて早くて5分、遅くても20分程度で剥離が出来ますので、そのぐらいを目処にパイプユニッシュのお風呂から引き上げてあげて下さいね!!

 

冒頭でも少しお話しましたが、パイプユニッシュは皮膚に付着すると肌荒れの原因にもなりかねませんので、手に付着させないように気を付けて作業しましょう!ゴム手袋なんかを付けて作業するのも良いと思います。

 

まとめ

アルマイトの剥離はオイルクーラーに限らず4miniカスタムには出番の多いカスタムだと思います!アルミパーツにはアルマイト処理は定番ですが、色が気に入らなかったり、バフ掛け仕様に切り替えたい時なんかはかなり有効的な方法です!

 

僕自身もパイプユニッシュを使って色々なパーツを剥離し、バフ掛けしています!

 

是非試してみて下さいね!それでは!

 

 

www.send-freedom.com

 

 

 

関連記事はコチラ!!

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com