画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

ホイールのガリ傷補修をDIY作業でやってみた。やり方と使った物の紹介

【スポンサーリンク】

先日盛大にホイールを縁石に...ぶつけた〜...

 

安物のホイールで良かった。

 

とは言え見栄えが悪いのでDIY作業でホイールのガリ傷修理を行うことにしました!

 

実際にどうやって治したのか?(目立たなくした)何を使って修理したのかについて解説していきます。

 

f:id:yuichan53world:20200111172600j:image

 

 

用意する物

  • パテ
  • リューター
  • 紙ヤスリ
  • 棒ヤスリ
  • タッチペン
  • ヒートガン
  • コンパウンド

 

リューターやヒートガンは無くても作業が可能ですが、あったら便利です。

 

ヒートガンはパテや塗料を乾かす際に使用しただけなので無くても全然OKです。

 

ヒートガンは持っていると、何かと出番が多くて役に立ちます。余裕のある方は持っていても損は無いと思います。

 

 

ホイールのガリ傷修理をDIY

  1. ガリ傷部分のバリ取り
  2. ペーパー当てと脱脂
  3. パテ作業
  4. タッチペンでペイント

 

ざっくりでは有りますが、作業手順はこんな感じです。一個一個画像付きで分かりやすく解説していきます。

 

ガリ傷部分のバリ取り

f:id:yuichan53world:20200107180551j:image

 

ガリってしまった部分は、必ずバリが出ていますので、バリを除去する所から作業を始めます。

 

サンドペーパーや棒ヤスリ、リューターなどバリが取れればなんでもOK。

 

ガリ傷周辺を傷付けてしまう恐れがありますので、マスキングテープを貼っておくといいです。

 

f:id:yuichan53world:20200107180734j:image

 

今回は、盛大にガリ傷を作ってしまったので、リューターを使ってガンガン削っていきます〜!

 

ペーパー当てと脱脂

ガリ傷部分のバリ取りが終わったら、パテを入れる場所にペーパーで傷をつけた後、しっかり脱脂を行います。

 

パテを入れる場所は、ザラザラしていた方が乗りが良くなるためです。

 

ペーパーを当てた後は、パーツクリーナーを使って汚れを落とすとともに、脱脂を行います。

 

ペーパーによる削り粉や油が付着していると、パテの張り付きが悪くなり、後々剥がれてしまう可能性があるので注意しましょう!

 

パテ作業

f:id:yuichan53world:20200107181249j:image

 

今回はホイール用のこちらのパテを使います。アルミパテを使おうかと思いましたが、アルミパテは硬くて削るのが面倒なので、こちらを使いました。

 

f:id:yuichan53world:20200107181347j:image

 

 

早速パテを入れました。

 

パテを入れる際は、余計なところにパテが付かないようにマスキングをする事。

 

パテは【1度に厚塗りしない事】この2つに注意しながら作業しましょう!

 

1度に厚塗りしてしまうと、パテの乾燥に時間が掛かかるだけでは無く、パテが割れやすくなります。

 

冬場は全然パテが乾かないので、ヒートガンを使って乾かしました。おすすめはしません。やり過ぎるとパテが割れちゃいます...

f:id:yuichan53world:20200107181558j:image

 

パテが乾いたら、パテを削っていきます。

f:id:yuichan53world:20200107181839j:image

f:id:yuichan53world:20200107222412j:image

 

素人にパテ盛りはなかなか難しい作業です。パテを削るとまだ面が出なかったり、巣穴が空いたり...

 

そしたらまたパテを盛るだけです。

 

f:id:yuichan53world:20200107182009j:image

 

これを納得いくまで繰り返して、パテの作業は完了です。

 

タッチペンでペイント

パテの作業が終わったらすぐにタッチペン!!と行きたい所ですが...少し時間をあけましょう!

 

 

ぱっと見は乾いていても、案外パテの中側が完全乾燥していない場合も結構あります。

 

パテに水分が残っている上からタッチペンで仕上げても綺麗になりません...

 

時間をあけてからタッチペンを行いましょう。

 

ホイール用のタッチペンもありますが、なかなか色が合うことはありません..

 

今回は、ボディー用のタッチペンを使って作業しました。自分のホイールに近い色を探すのは、なかなか大変です。

 

f:id:yuichan53world:20200107182301j:image

 

ぱっと見ではありますが大分ガリ傷が分からなくなってきました。

 

f:id:yuichan53world:20200111172634j:image

 

仕上げのコンパウンド

タッチペンを塗ると、結構ガリ傷が綺麗に修理されたような気がしますが、タッチペンはタッチペンクオリティーの仕上がりにしかなりません...

 

そこで、タッチペンを塗った後、時間を置き【コンパウンド】にて表面を綺麗に仕上げていきます。

 

これをやるかやらないかで、ガリ傷修理の仕上がりは大きく変わってきます。

 

 

そんなに丁寧に!とは言いませんので少しでもコンパウンドで慣らす作業をやっておく事をお勧めします。

 

僕自身も結構ざっくりとした作業ですが、コンパウンドで仕上げる前と後では見栄えが大きく違います。

 

写真ではあまり伝わらないので比較写真はやめました...ご了承下さい。

 

f:id:yuichan53world:20200112114027j:image

 

まとめ

今回の作業はガリ傷が目立たなくなればそれでよかったので、かなりざっくりとした時間で仕上げましたが、結構目立たなくなったので満足です。

 

面倒かもしれませんが、パテ作業をいかに綺麗に仕上げるかで、修理後の見栄えは大きく変わって来ます。

 

少しでも綺麗に仕上げたい方は、納得がいくまでパテの作業を行いましょう!

 

妥協すると、作業を終えてから後悔しがちです。

 

それでは!

 

関連記事はコチラ!!

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com