【Y50フーガ】ジャッキアップポイントとリジットラックの掛け方

前々から頼まれていた日産【Y50フーガ】の作業を行いましたので、しばらくフーガネタが続きます。

 

まずは、何をするにも必要となる、ジャッキアップの場所とリジットラックの掛け方について解説していきます。

 

フロントとリアそれぞれジャッキを掛けるポイントについて解説していきます。

 

 

Y50フーガのフロントジャッキアップ

 

Y50フーガのフロントジャッキアップポイントは2つです。

 

  • メンバーの真ん中
  • サイドのジャッキアップポイント

 

今回は、フロアジャッキで車をジャッキアップし、両サイドのジャッキアップポイントにリジットラックを入れていきます。

 

 

Y50フーガをフロアジャッキでジャッキアップする時は、メンバーサポートの真ん中のポッチ?部分にジャッキを掛けます。

 

画像の赤丸部分になります。

 

 

こちらでジャッキアップすれば、左右のジャッキアップポイントにリジットラックを入れることが可能です。

 

 

あ、僕が使っているこの超シャコタン向けリジットラック超おすすめです。

 

僕が知っている限りこのリジットラック(ウマ)が1番最低地上高が低いです。

 

 

Y50フーガのリアジャッキアップ

 

リアもフロント同様に、フロアジャッキを使って左右にリジットラックを入れていきます。

 

この場合、フロアジャッキをデフの玉に掛けてジャッキアップします。

 

 

FRのセダン系統の車は大体デフの玉にジャッキを掛けて車を持ち上げることが可能です。

 

 

 

そしたら、フロント同様に左右のジャッキアップポイントにリジットラックを入れて作業準備完了です。

 

まとめ

車の足回りの作業をする上で、ジャッキアップは欠かせない下準備です。

 

車を持ち上げる以上、作業時は細心の注意を払って作業しましょう。

 

車をジャッキアップする時は、必ずコンクリートやアスファルトの地面で行いましょう。

 

間違っても砂利などで作業しないようにね。

 

それでは。

最新情報をチェックしよう!