ヘルパースプリングの密着荷重を計算する方法

ヘルパースプリングの取り付けに伴い、メインスプリングを決めたり、車高を決める際に必要になってくるのが【密着荷重】です。

 

この記事では、ヘルパースプリングの密着荷重を計算する方法について解説していきます。

 

そもそも【密着荷重】ってなに?

 

と言う方のためにヘルパースプリングの密着荷重とは何か?これについても合わせて解説します。

 

 

ヘルパースプリングの密着荷重とは?

 

ヘルパースプリングの密着荷重とは、ヘルパースプリングが縮まり切るのに必要な重さを意味する言葉です。

 

つまり、何キロの重さが掛かった時に、ヘルパースプリングは縮まり切るのか?と言う意味です。

 

ヘルパースプリングは、車体に取り付けてジャッキを下ろした際(1G)には、完全に潰れている状態になります。(縮まり切った状態)

 

 

ヘルパースプリングの密着荷重を計算する方法

 

ヘルパースプリングの密着荷重を計算する上で、必要になる情報はこの2つです。

 

  • ヘルパースプリングのバネレート
  • ヘルパースプリングのストローク長

 

この2つの数字が分かればOKです。

 

▪️密着荷重の計算式

(バネレート K)×(ストローク長 mm)=密着荷重

 

この計算式に自分が使う、ヘルパースプリングの仕様を当てはめれば密着荷重を求める事が可能です。

 

バネレートとストローク長を掛けてあげれば良いだけなので簡単に求める事が出来ます。

 

バネレート(k)は何キロの荷重を受けた時に【1ミリ】縮むと言う数値です。

 

※バネレートが10kなら10kの荷重で1ミリ縮む

 

これだけ頭に入れておけば、バネレートと車重を用意する事で車高の計算は簡単にできます。

 

車重に関しては、車検証に記載がありますのでそちらで確認可能です。

 

まとめ

 

ヘルパースプリングの密着荷重を求める場合は…

(バネレート K)×(ストローク長 mm)=密着荷重

 

ヘルパースプリングの密着荷重を求める事で、メインスプリングが受ける車重を計算する事が可能になります。

 

ヘルパースプリングを取り付けた後の車高を知りたい時や、メインスプリングのバネレートを決める際に役立つ知識なので覚えておきましょう。

 

それでは。

最新情報をチェックしよう!