【IS250】GSE20のオイル交換とフィルター交換のやり方

先日、IS250(GSE20)のエンジンオイル交換をやっとこ行いました。

 

車を購入してから少し時間が空いてしまいましたが、無事オイル交換が完了しました。

 

この記事では、IS250(GSE20)のオイル交換とフィルター交換について解説していきます。

▪️この記事で分かること

  • 使ったオイルの種類
  • オイルの量
  • オイル交換のやり方

 

※基本的にIS350も同じ方法、同じオイル量です。

 

 

オイル交換に使う工具とオイル量

▪️使う工具

  • ラチェット
  • ソケット(10、14ミリ)
  • フィルターレンチ(65ミリ)
  • オイルジョッキ
  • 廃油受け

 

 

■オイルの種類と量

  • オイル交換のみ  5.9リッター
  • フィルター交換  6.3リッター
  • オイルの種類   トヨタ純正オイル(5w30)

 

▪️よく使われているオイル

 

 

 

 

オイル交換のやり方

  1. ジャッキアップ
  2. フィルター付近のカバーを外す
  3. フィルターを外す
  4. ドレンボルトを緩める
  5. ドレン、フィルターを付ける
  6. オイルを入れる

 

IS250のジャッキアップ方法は、こちらの記事で解説していますので、こちらをご確認下さい。

 

 

 

画像の真ん中付近にある、カバーを(ボルト3本)10ミリのソケットで外すとオイルフィルターのハウジングがあります。

 

 

フィルターを交換する場合は、こちらに65ミリのフィルターレンチを使って外します。

 

 

オイルフィルターの種類はこれです。

 

 

次にドレンボルトです。下画像の赤丸印の箇所がドレンボルトです。

 

14ミリのソケット、もしくはメガネレンチで緩めましょう。

 

 

ドレンボルトを緩めたらオイルが出てきます。

 

 

この手のエンジンは結構オイルが出てきますので(6リッター弱)結構時間が掛かります…

 

オイルが抜けきったら、ドレンボルトを締めて、新しいフィルターを付けてあげればあとは上からオイルを入れてあげます。

 

ドレンワッシャーは再利用禁止なので、新しいものを用意しておきましょう。

 

 

ドレンワッシャーを買い忘れていた場合は、せめてドレンワッシャーをひっくり返して使いましょう。

 

ひっくり返して取り付けると、漏れにくいです。

 

 

ドレンボルトとフィルターがしっかり締まっている事を確認したら、車も下ろして上からオイルを入れていきます。

 

 

今回使うのはトヨタ純正オイルです。チラッと缶が写っていますがモービルのオイルでは無いです。

 

 

正直オイルの種類は何でも良いと思います。

 

オイルの硬さだけ見ていれば。ホームセンターオリジナルとは嫌ですけど…

 

オイルは入れ過ぎると、抜くのがかなり面倒なので、5.5リッター入れて、ゲージを確認し追加していきます。

 

オイル量が正しく入ったら作業完了です。

 

まとめ

IS250のオイルドレンボルトは、少し奥側にあるので少し面倒ですが難しい作業ではありません。

 

車の下に潜る作業になりますので、DIYで作業する方は細心の注意を払って作業しましょう。

 

基本的な事は、同年式のマークxやらクラウンと全く同じです。

 

同じエンジンが乗っていますからね。それでは。

最新情報をチェックしよう!