社外の調整式アームを短縮加工【鬼キャン計画】

先日ISFに調整式アームを組み込みしたのですが、キャンバー調整のキャパが足りない…

 

 

関連記事

過去に僕が乗っていた車ですが... スキッドレーシング製の【調整式アーム】を約2年間使っていました。 実際にスキッドレーシング製のアームを2年使ってみた感想をお話ししていきます。 これか[…]

 

そこで、調整式の社外アームを簡易的に短縮加工する事にしました。

 

この記事では、社外品の調整式アームを簡易的に短縮する方法についてお話していきます。

 

※真似される方は自己責任でお願いします。

 

 

使用する工具

  • 高速カッター
  • グラインダー
  • ノギス
  • マスキングテープ

 

アームをカットする時は、サンダーでは無く高速カッターがお勧めです。

 

真っ直ぐに切らないと、ロックナットが均一に当たらず緩むリスクがあります。

 

関連記事

単管パイプを切って溶接するのに、サンダーでは上手く切れないので、高速切断機を購入〜。 メーカーも多く迷いに迷ったのですが、滅多に使わないのでお手頃価格で購入する事が出来た『三共コーポレーション』というメーカーのものにしました。 実際[…]

 

 

 

調整式アームの短縮加工

 

短縮加工の方法は、ナット側(ロッド)をカットして短くすると言う至って簡単な話です。

 

 

カットする位置にマスキングをしたら、高速カッターで並行にカットします。グラインダーだと面が出ないのでお勧めしません。

 

 

カットするとこんな感じです。外出のバリを綺麗に除去してネジ山にエンドを付けてみて様子を確認します。

 

もし、エンド側のボルトが入らない場合は、内側のバリを綺麗に除去しましょう。

 

 

アームをカットする前の注意点

このやり方には複数の注意点があります。

 

  • ネジ山がどのぐらいあるか?
  • カットしてもエンドは入り切るのか?

 

 

ノギスを使って、どのぐらいネジ山が切ってあるかを事前に確認します。

 

ネジ山の量(深さ)を見ておかないと、せっかくアームをカットしてもエンドが奥まで入りきりません。

 

もしネジ山が足りない場合は、エンド側のボルトをカットする必要があります。

 

まとめ

 

多くの調整式アームで、この短縮加工が有効ですが中には出来ないアームもあると思います。

 

参考に真似されるのは構いませんが、完全に自己責任でお願いします。

 

それでは。

 

▪️関連記事はコチラ

関連記事

どんな車のアームを交換する場合でも、多くの共通するポイントというのがあります。 これを最低限押さえておくだけで、多くの車でのアーム交換がスムーズに行えます。 この車のアームは交換した事無いから交換出来ないよ...。そんな事が無くなり[…]

関連記事

今回購入したE46のアッパーアームには、スプリングが乗っかる形状のため社外アームが出ていません... そこで、DIY加工で短縮アッパーアームを作成しました。 実際にどんな流れで作業していくのかを画像付きで[…]

関連記事

 キャンバーの魔力って何だよ... それぞれ車種ごとに履けるホイールサイズに限度がある。 しかし、明らかにフェンダーからはみ出して履けないと思われるようなサイズを捻じ込む事も可能だったりする[…]

最新情報をチェックしよう!