【E46】カウルカバー周りのリフレッシュ作業/ゴム交換(安く綺麗に!)

BMW

 

E46に乗られている方の多くは、カウルカバー周りの劣化具合に萎えます。

 

大分年数も経つ上、欧州車のゴムやプラスチック製品は最悪なので仕方ありませんが。

 

これはE46に限った話ではないです。

 

 

カウルカバーは真っ白になり、防水ゴムはほぼ無くなっています。

 

そこで、カウルカバー周りのリフレッシュを行いました。お金はかけずに見栄えを良くしましたので記事にしていきます。カウルカバーが綺麗か否かは結構大きい差になります。

 

カウルカバー周りがボロボロだけど、お金は掛けたくないな…

 

そんなユーザー向けです。

 

 

リフレッシュに使う物

  • カウルカバーのゴムパッキン
  • パーツクリーナー(シリコンオフでも可)
  • 艶消しブラックのスプレー

 

 

どうでも良いことですが、最近めちゃくちゃ三ツ矢サイダーにハマってる。

 

 

カウルカバーのリフレッシュ作業

作業手順は以下の通りです。

 

  1. カウルカバーを外す
  2. ゴムパッキンを除去
  3. パーツクリーナーで脱脂
  4. 艶消しブラックで塗装
  5. ゴムパッキンの取り付け
  6. カウルカバーの取り付け

 

順番に解説していきます。

 

カウルカバーの外し方については、こちらで詳しくお話ししていますので、こちらをご覧下さい。

 

関連記事

 E46オーナーであれば、多くの方がカウルカバー周りのボロさに幻滅します。  そこで、ワイパーカウル周りのリフレッシュを行いましたので、この記事ではワイパーカウルとワイパーの外し方について解[…]

 

ゴムパッキンを除去

 

すでにボロボロになっており、ゴムパッキンが無いところも多いですが、全て除去します。

 

手で引っ張れば取れると思いますが、カッターを使った方が早い場合もある。

 

 

パーツクリーナーで脱脂

 

カウルカバーは再利用するのですが、塗装してから付けるので、油分を良く取り除きます。

 

僕のE46は、前のオーナーが洗車機を使っていたか、Wax入りのカーシャンプーを使っていたかで、かなり撥水していましたので念入りに。

 

 

艶消しブラックで塗装

 

脱脂が出来たら、カウルカバーを塗装します。

 

艶消しブラックは、しっかりと脱脂を行い、焦らず吹けば誰でも綺麗に吹くことが可能です。

 

※奥側にあるのはエアコンフィルターのカバー(ついで)

 

 

 

カウルカバーはザラザラしているし、艶消しブラックを拭くのでサフェーサーは吹いていません。

 

たまたま誰かが家に置いていった、艶消しブラックの塗料がありましたのでそれを吹きました。

 

ワコーズから発売されている、樹脂パーツの復活剤が優秀ですが、せっかく外しているなら艶消しブラックを拭くのが最強です。

 

 

ゴムパッキンの取り付け

カウルカバーの塗装が終わったら、ゴムパッキンを付けていきます。

 

今回使ったのは、コレ。ネットショッピング等で安く買えるやつです。

 

 

 

カッターやハサミで簡単に切れます。

 

取り付けも、カウルカバーに差し込んでいくだけです。

 

強いてポイントを言うのであれば、カウルカバー背面のグリップ部分に切れ込みを入れると良いです。

 

 

コレをやらないと、ゴムパッキンが浮いてきます。

 

ゴムパッキンは、少し余分に長さがあります。取り付け時には、両端が均等に余るように取り付け、車体に付けてから両脇をカットするのが利口です。

 

ちなみにですが、このようなタイプのゴムパッキンはホームセンターにも売ってるかも。

 

ただ、わざわざホームセンターに出向いて、長さを測ったりする時間が無駄に感じたので、少し割高になってもコチラを選びました。

 

 

カウルカバーの取り付け

 

ゴムパッキンまで取り付けたら、あとは逆の手順で戻せば作業完了です。

 

ゴムパッキンが馴染むまで少し時間掛かるかも…

 

もちろん、純正品ではないので、お世辞にもフィッティング抜群とは言えません。

 

まとめ

 

カウルカバー周りが、ボロボロだと車全体がボロボロに見えちゃいます。

 

ちょっとした手間とお金で、かなりマシになるのでおすすめです。

 

■今回使った費用

  • 艶消しブラック  800円
  • ゴムパッキン   2000円
  • パーツクリーナー 200円
  • 合計       3000円

 

カウルカバーを新品にしても良いですが、そこまでお金を掛けたく無い!そんなユーザーにはこの方法がおすすめです。

 

 

ワイパーアームまで塗る予定でしたが、缶ペンスプレーで艶有りの黒は吹きたく無いのでやめました。(面倒というのも大きい。)

 

誰かの参考になれば幸いです。

 

それでは。

 

▪️関連記事はコチラ

関連記事

 E46のキャンバー調整ってどうやるの?どうやったらキャンバーが付くの? そんな疑問を持つE46オーナーさんも少なくないと思います。 そこでこの記事では、E46のキャンバー調整方法やキャンバ[…]

関連記事

 車高調を取り付けて走行したいけど、バネレートを変更したいな〜。みんなどのぐらいのバネレートを使っているのだろう? こんな疑問は、多くの方が思うことだと思います。 しかしながら、あまりバネレ[…]

関連記事

先日購入して来た、E46のステアリングを純正品から社外品に交換しました。 ステアリング交換自体はそこまで難しい作業では無いですが、エアバックを外すのに少し苦戦しました... そこでこの記事では、エアバック[…]

最新情報をチェックしよう!