ハンドルを全開に切った後、ハンドルセンターがズレる原因【ダイハツあるある】

  • 2021年1月19日
  • 2021年1月19日

 

ステアリングを全開に切った後に、車がまっすぐ走らなくなったりハンドルセンターがズレる…。コレって一体何が原因?

 

この症状は、古いダイハツ車によく起こります。(ミラ、タント、ムーヴとかとか)僕自身も体感したことがあるし、周りでも話を聞きます。

 

多くの場合は、ゴムブッシュの劣化によるものです。

 

 

ハンドルを全開に切った後、ハンドルセンターがズレる原因

 

兎にも角にも、ステアリングを全開に切った後、車をまっすぐ走らせようとすると、ハンドルセンターがズレてるというか車がまっすぐ走らない…。

 

  • 駐車場内で目一杯ハンドルを切ったり…
  • Uターンをしたり…
  • 大きなカーブを曲がったり…

 

この症状の原因は、ステアリングラックをサスペンションメンバーに固定している【ゴムブッシュ】の劣化が原因です。

 

※全部が全部じゃないかもしれませんが。

 

 

これはダイハツでは無いですが、イメージはこんな感じです。スタビリンクを固定しているブッシュに似たような感じで使われています。※これが1番イメージしやすいかも。

 

ここのゴムブッシュが劣化することで、ステアリングを全開に切った際、ステアリングラック(本体)の位置がズレてしまいます。

 

※ゴムブッシュが仕事をしておらず、ステアリングラックが完全固定出来ていないため。

 

当然、ステアリングラックの位置がズレればハンドルセンターはズレます。

 

しばらくすると元々戻る理由

 

この症状に頭を悩まされる方の大半の方は、症状が出るのはいっときだけで、しばらくすると元に戻ると思います。

 

コレは、ハンドルを反対に切った際に、ステアリングラックが定位置に戻るためです。

 

ステアリングラックを固定部分に使われている、ゴムブッシュの劣化によって【遊び】がある。そんな認識を持ってもらうとイメージが付くと思います。

 

原因を確認する方法

この症状が出たからと言っても、100パーセント原因がブッシュにあるとは断言出来ません。

 

これを確認する方法は、ボンネットを開けてエンジン等の隙間から、ステアリングラックを確認しつつ、誰かにステアリングを右へ左に切ってもらいます。

 

※写真だとよくわからないかもしれませんが、ステアリングラックは【ひの字】形のブラケットのようなものでメンバーに固定されています。

 

そうすると、ステアリングラック本体が右へ左へズレるのが確認可能です。

 

まとめ

 

ハンドルを目一杯切った後に、車がまっすぐ走らない(ハンドルセンターがズレる)ような症状が出る方は、ステアリングラックのゴムブッシュを疑ってみて下さい。

 

ここで話した内容は、あくまでダイハツあるあるです。

 

※ダイハツのメカニックにちょろっと話を聞いた事もある。

 

僕自身はこの症状をダイハツ車以外から聞いたことが無いので定かではないですが、違うメーカーの車でも少しは参考になるかと思います。

 

ステアリングのブッシュ交換には、サスペンションメンバーを下ろしたり、ズラしたり…。それでも必要最低限のスペース確保しか出来ないケースが多いと思います。

 

自分での交換が無理そうなユーザーは、一度車屋さんに相談して見ましょう。グーピットを使えば、無料で近くの車屋さんを探して、そのまま連絡を取る事が可能です。

 

【グーピット】近くの修理・整備工場を検索

 

それでは。

 

▪️関連記事はコチラ

関連記事

車のハンドルを切ったら何やら【ギギギ】という異音が発生してしまう症状に悩まされている方は意外と多い... 先日友人からそのような症状が出ると、相談を受けましたので記事にしていきます。 この記事では『ハンド[…]

関連記事

先日当サイトの読者様からこんな質問を頂きました。 車高調を取り付けてから、段差でハンドルが取られるようになりました...。どんな原因が考えられるでしょうか? そこでこの記事では、この質問にお答えすべく、車[…]

関連記事

先日、当サイトの読者様よりこんな質問を頂きました。 車高を下げたら、ステアリング(ハンドル)が重くなりました...。原因は何でしょうか? 車高を下げたら、ハンドルが重くなったと感じる人も多いのでは無いでし[…]

 

最新情報をチェックしよう!