【E85】エアフィルターの交換方法/工具不用です

BMW

足回りの作業がひと段落し、ジリジリとメンテナンス期間に入りつつある今日は、エアフィルターの交換作業を行いました。

 

※そんなこと言いつつ、これはただの暇つぶし。

 

暇つぶしにもならない作業ではありますが、この記事ではE85のエアフィルター(エアクリーナー)交換についてお話ししていきます。

 

 

必要な工具

 

タイトルにもすでに書いてある事に今気がつきましたが、必要な工具はありませんでした。

 

フィルターボックスのカバーはクリップのみの固定なので、手で簡単に外せます。

 

E85のエアフィルター交換

作業方法は書く内容が無さすぎるほど、シンプルです。

 

  1. ボンネットを開ける
  2. エンジンルーム右側にあるボックスを開ける
  3. フィルターを外して取り付ける

 

エアフィルターはエンジンルームの右側(助手席側)にあるこのボックスの中にあります。

 

オルタネーターの右横あたりです。

 

クリップが溝にハマり込んでロックしています。

 

 

計4つのロックを外したら、ボックスの上側が画像のように開きます。

 

 

※ダクト部分は外してないので、完全には外れない状態です。

 

▪️新品と外したフィルターの比較

  • 上側 外したフィルター
  • 下側 新品のフィルター

 

ビックリするほど汚いわけでは無いですが、それなりの汚れです。※多分今回購入したやつと同様、【安いやつ】だな。

 

あとは新しいエアフィルター(エアクリーナー)を入っていた通りに戻してやり、フタを閉めれば完了です。

 

前期と後期で形状が違うので注意

 

E85(z4)は前期と後期でエアフィルターの形状が異なります。

 

※前期と後期でエンジンが変わっているからね。

 

  • 前期 長方形
  • 後期 台形

 

▪️前期用

 

▪️後期用

 

2.5リッターと3リッターによる形状の違いはなかったハズです。※保証はしませんので、不安な方は適合確認してくれるお店から購入しましょう。

 

ちなみに今回のE85は前期の2.5リッターエンジンです。

 

ネットショッピングの画像は、実際の商品と形状が異なるお店があるので、その辺りも注意です。画像だけで判断すると失敗するリスクもあります。(画像を使い回している可能性。)

 

※そんなこと言いつつ、画像のみで購入したけども。

 

まとめ

 

エアフィルターを交換しても何かを体感することは、ほとんどありません。

 

※10年も20年も交換していないなら、また話が別ですが。

 

ずっと変えないのも如何なものかと思う反面、変えたところで効果を体感出来るものでも無いので、なかなか変えようともならない部品かもしれません。

 

1000円ちょっとで購入できて自分で簡単に交換できるものなので、2年に1度栄養ドリンクを与えるような感覚で交換するぐらいのパーツですね。

 

それでは。

 

 

 

▪️今回購入したエアフィルター

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

先日、フロントガラスの交換作業に伴い、ワイパーカウルの脱着を行いました。 そのついでに、ワイパーカウルのリフレッシュ作業を行います。 この記事では、E85のワイパーカウルを交換せずに綺麗に蘇らせる方法につ[…]

関連記事

車購入時から気になっていた足廻りのズレ(違和感。) 足廻りの組み込みが終わってひと段落しましたので、ちょこちょこメンテナンスをしていきます。 今回、ロアアームのブッシュ交換をしましたので、ロアアームブッシュ[…]

関連記事

先日購入してきた、E85(Z4)の足回りが一旦全て終わりました。  そこでこの記事では、E85の足回り詳細について全て紹介していきます。 どんな足回り加工をしているのか?ホイ[…]

関連記事

電動幌の故障でありがちな原因でもある、水抜き穴のゴミの詰まり。 車を購入してから、まだ確認出来ていなかったので、早めに点検しておくことにしました。 この記事では、E85(Z4)の幌の水抜き穴点検方法につい[…]

最新情報をチェックしよう!