【ロングハブボルト】スペーサー無しでも大丈夫?

 

ロングハブボルトへの交換を検討しているんですが、スペーサーを入れない場面があっても大丈夫ですか?

 

先日、当サイトの読者さんよりこんな質問を頂きました。

 

そこでこの記事では、ロングハブボルトの使用時にスペーサーを抜いても大丈夫か?というテーマでお話していきます。

 

結論を先にお伝えしておくと、一点だけ注意点があるけどOKです。

 

 

ロングハブボルトにスペーサー無しでも大丈夫?

 

ロングハブボルトは、ホイールスペーサーを挟む際にホイールナットの噛み代を補うためのパーツです。

 

そんなロングハブボルトですが、ホイールスペーサーが無い状態で使用しても問題ありません。

 

ロングハブボルトを使う代わりに、スペーサーが抜けない状況では少し打ち換えを迷っちゃいますよね…。その辺の心配は不要です。

 

 

ただし、スペーサーが無い状態ではハブボルトがかなり余ります。それに伴い一点だけ注意点があります。

 

 

次にその注意点についてお話しています。

 

スペーサーを使わない場面での注意点

 

ロングハブボルトを使用中に、ホイールスペーサーを抜く際には【ホイールナット 】に注意が必要です。

 

ホイールナットが【袋ナット】だと、ヤバいです。

 

※袋ナットでも、ロングナットを使用していれば話は別です。純正のナットや純正と同じような長さの袋ナットがヤバい。

 

 

ちなみにこれが袋ナットタイプのホイールナットです。(そんな説明いらないか。)

 

 

ロングハブボルトにスペーサーを入れないと、画像のようにかなりハブボルトが飛び出します。

 

この状況でホイールナットが袋ナットだと、ナットの奥にドン突いてしまいホイールナットが正常に締まりません。

 

※ホイールをちゃんと固定出来ていない(隙間があく)状態になります。もしくは袋部分が変形するか。

 

 

そんなこんなで、【貫通式】のホイールナットを用意することだけお忘れなく。貫通式を使っていれば、先ほとの画像のようにホイールナットからハブボルトが飛び出すので問題ありません。

 

もっというと、ホイールナットの全長を【30ミリ】ぐらいにしておくと、ハブボルトを完全にナットで覆い切ることが可能です。

 

 

そうすれば、見てくれが悪くなりません。(ハブボルトが見えていると、見た目が悪いよ。)

 

見た目に加えて、ハブボルトのネジ山を保護する役割も担えます。

 

もしロングタイプの袋ナットを使用される場合は、ネジ山の深さを確認しておくことをお勧めします。

 

※袋ナットは構造上というか、物理的に奥の奥までネジ山を作ることが出来ません。

 

まとめ

 

ロングハブボルトに打ち換えた後も、ホイールスペーサーを入れずにホイールを履かせることは可能です。

 

その際には、ホイールナットの形状だけ注意して下さい。

 

袋ナットになっているホイールナットを使われているユーザーは、ホイールナットだけ【貫通式】を購入するなり、ロングの袋ナットに交換する必要があります。

 

それでは。

 

関連記事

先日、友人からホイールナットのおすすめを紹介してよ。と言うラインが不意に飛んできたことキッカケに... ホイールナットに迷うユーザーに向けて、おすすめのホイールナットを紹介していきます。 紹介するホイール[…]

 

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

キューブにどうしても10ミリスペーサーを使いたいので... ロングハブボルトへの交換作業を行いました。 この記事では、キューブのハブボルト交換方法を簡単にお話ししていきます。 ※ハブボル[…]

関連記事

 ロングホイールナットを取り付けようと思っているけど、ロングホイールナットって車検に通るかな? こんな疑問を持たれるユーザーも少なくありません。 ※知恵袋とかにいっぱい質[…]

関連記事

 ホイールナットの【HEX】って何? こんな疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。 そこでこの記事では、ホイールナットの【HEX】についてお話していきます。合わせて違いについ[…]

 

最新情報をチェックしよう!