鬼キャンタイプのアッパーアームを付ける前に知っておくべきこと

 

アッパーアームの購入にあたり、調整幅に迷っています。調整幅の大きい商品を購入しようかどうか…。

 

先日、このような質問を頂きました。

 

そこでこの記事では、鬼キャンタイプのアッパーアームを取り付ける前に知っておくこと。というテーマでお話していきます。

 

この記事は主にダブルウィッシュボーン向けの内容です。

 

 

鬼キャンタイプのアッパーアームの注意点

 

どうせ買うなら、少しぐらい高くても調整キャパが大きい物を買っておいた方が良いかな?

 

そんな疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。

 

しかしながら、ダブルウィッシュボーン式のサスペンション構造の場合、アッパーアームだけ購入しても調整キャパを目一杯使いこなせないケースが大半です。

 

  • 326power
  • t-demand

 

これらのメーカーのアッパーアームは、他のメーカーよりも短縮幅が多いことが多いです。

 

しかしながら、アッパーアームだけでは調整幅が多かろうとも、物理的に調整しきることは出来ません。

 

 

理由は至ってシンプルで、ダブルウィッシュボーン式の場合、ナックルとショックのクリアランスが確保しきれなくなるためです。

 

ココは頭の片隅に入れておいた方が良いと思います。

 

当然ですが、短くし過ぎると下の画像のような干渉して、走行することが出来ません…。

 

 

調整式ピロアッパーマウントと併用が必要

 

先ほどあげたような、調整幅が広い(極端に短くなる仕様)アッパーアームを導入される場合は、調整式のピロアッパーマウントとの同時導入が必要不可欠です。

 

※調整幅を目一杯使い切るなら。

 

調整式ピロアッパーマウントを併用する事で、ショックとナックルのクリアランスを確保し、調整幅の拡大が可能です。

 

詳しくはこちらの記事でお話ししています。

 

関連記事

車のキャンバー角を調整する事が出来る事でお馴染みの『調整式ピロアッパーマウント』ですが... これってセダン(クラウンなど)でも同じような効果がある!!って思われている方がいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。 では一体、セダ[…]

 

たまに、ダブルウィッシュボーン式でも、調整式ピロアッパーマウントでキャンバーが付くと勘違いしている人を見かけますが、それはストラット車に限った話です。

 

調整式ピロアッパーマウントを入れても、キャンバー角の変化はありません。

 

 

 

まとめ

 

ダブルウィッシュボーン式の場合、いくら調整幅があったとしてもキャパを使いこなせるかは別の話です。

 

もし、アッパーアームの短縮量を最大化したいと考えているなら、調整式のピロアッパーマウントの導入も同時に考えておく必要があります。

 

調整式のアッパーマウントが必要になるか否かは取り付けるアッパーアーム次第です。

 

マルチリンク式なら、ココで話していた話は該当しません。あくまでもダブルウィッシュボーン式のお話しです。

 

それでは。

 

 

■関連記事はこちら

関連記事

先日、ISFのフロント車高調に調整式ピロアッパーマウントの取り付けを行いました。 調整式ピロアッパーマウントを取り付ける目的については、こちらで解説済みです。 [sitecard subtitle=関連記[…]

関連記事

 これから調整式のアッパーアームを買うんだけど、どこのメーカーが良いのかな? アッパーアームを購入する際、どこのメーカーを購入するか迷う方も多いです。 そこでこの記事では、アッパーアームのお[…]

関連記事

 新しいホイールに履き替えたけど、ホイールと車高調のクリアランスがパツパツ過ぎて当たらないか心配... SNS等を見ていると、こんな呟きを目にする事も少なくありません。 結局のところ、車高調[…]

最新情報をチェックしよう!