画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

カースピーカーで重低音を求めるならキッカーがおすすめ!コスパ◎

【スポンサーリンク】

f:id:yuichan53world:20191210210605j:image

毎日乗る車だからこそ『音質』には拘りたい!と願う人たちが多くいらっしゃいます。どうせだったら好きな音楽を『綺麗な音』で楽しみたいですよね。

 

音質って一言で言い表す事は出来ません。【好み】がありますからね。

 

今回はタイトルからも分かる通り【重低音・低音】に拘りたい!方におすすめのスピーカーを紹介していきます。

 

この記事でおすすめするスピーカーは『キッカー(KICKER)』です。『サブウーハーを積むのはちょっとな...。でも低音欲しいな...』そんな方にオススメです。

 

あれも、これもだと余計に迷ってしまうのでキッカー(kicker)1つに絞って紹介していきますよ〜!!

 

 

 

カースピーカーで重低音と言えば【キッカー】

f:id:yuichan53world:20191210210704j:image

カーオーディオには沢山のメーカーがあり、カー用品店に並んでいるものだけでも数えきれない程のスピーカーがズラリと!

 

しかし、今回おすすめする【キッカー】はカー用品店に並んでいる事はあまり無いかも...

 

キッカーなんてメーカー始めて聞いた!という方もいるでしょう。

 

キッカーはアメリカのオーディオメーカーで、車好きなら一度は聞いた事があるかもしれません。

 

USAオーディオは低音に強い。特にキッカーは低音だけでは無く高音も良く出て、何よりコスパが良い!

 

僕自身、ここ最近乗っている4台のクルマ全てがキッカーのものを取り付けています。笑

 

迷うのも冒険するのも面倒なのでずっとキッカー。この先も多分キッカーです。

 

YouTube探してたらキッカーサウンド発見しましたのでちょっと聞いてみて下さい。

 

www.youtube.com

 

スピーカーの選び方

f:id:yuichan53world:20191210210809j:image

メーカーを決めてもこれでは、スピーカー選びは完結しませんよね。

 

  • サイズ
  • 種類

 

大きく分けてこの2つの選択が残っています。

 

スピーカーサイズですが、キッカーはUSAオーディオなのでセンチでは無く【インチ】になります。

 

そのため、純正スピーカーと全く同じサイズを取り付けるというわけにはいきませんが、問題なく取り付け可能です。

 

例えば...純正が16センチなら、キッカーの6.75インチ(16.5センチ)が取り付け可能です。

 

次に種類ですが...

 

  • コアキシャル
  • セパレート

 

この2つがあります。

 

■コアキシャル

コアキシャルというのがウーファーの中央にツィーターが付属しているタイプ。

 

写真のスピーカー中央にある黄色い丸がツィーターです。

 

f:id:yuichan53world:20191210210954j:image

 

■セパレート

セパレートはその名の通り、ウーファーとツィーターが別体になっているものです。

 

コチラがセパレートタイプのツィーターです。ご覧の通りウーファーからツィーターが独立していますよね。

 

f:id:yuichan53world:20191210211254j:image

 

これはキッカーに限らず全てのメーカーで共通する内容です。

 

カースピーカーはセパレートタイプがおすすめ

先程お話ししたスピーカーの種類ですが、特に拘りが無い!という方でしたら【セパレートタイプ】をお勧めします。

 

理由はカースピーカーの取り付け位置にあります。

 

ウーファーは低音が出るため、室内のどこに置いてあっても車内に響き渡るので構いませんが、ツィーターは違います。

 

ツィーターというのは、高音を出力しており、高音は車内全体ではなく、真っ直ぐ音を発します。

 

そのため、ツィーターが別体式であれば自分好みの場所に高音を届ける事が出来ます。

 

つまり、車に乗る人の耳元に近い位置にツィーターを設置出来るため、より高音が綺麗に聞こえます。

 

コアキシャルが悪い!というわけではないですが、多くの車はドアの下部分にスピーカーが配置されています。

 

コチラは通勤車のムーヴ。この位置にツィーターが居たのでは高音が上手く伝わりません...

 

f:id:yuichan53world:20191210211412j:image

 

このようにドア下部分にツィーター(高音)を配置してしまうと、車に乗ってる人の耳に上手く高音が届かないため、音楽に臨場感が出なくなってしまいます。

 

折角スピーカーを変えるのであれば、より効果を体感出来た方がいいですよね?

 

なので僕は、コアキシャルでは無く、セパレートタイプをお勧めします。

 

コアキシャルの方が金額は安いんですけどね...。ただその数千円をケチるのは勿体無いと思います。(経験者は語る。)

 

 

スピーカーの位置によってはコアキシャルでも!

先程はセパレートタイプがおすすめ!!という風にお話ししましたが、スピーカーの配置によってはコアキシャルでも充分臨場感を得る事が可能です。

 

それはどんな場合かと言うと、スピーカーの配置がドアの真ん中より上側にある場合です。

 

例えばこんな感じの配置だったりした場合。

 

f:id:yuichan53world:20191210210854j:image

 

これはいま僕が乗っているBMWのドアスピーカーです。先日丁度キッカーのスピーカーを導入したばかり!!笑

 

今回のBMWはたまたまスピーカーサイズの兼ね合いでコアキシャルタイプを取り付けしたのですが、このぐらいの位置ならなかなか良い感じです!!

 

初めてスピーカーを購入した際、コアキシャルタイプでドア下配置だったため、イマイチ効果を体感出来なかった記憶が強かったですが、この位置ならいけますね!

 

キッカー(KICKER)の値段

最後になりましたが、キッカーの価格設定の紹介です。

 

  • コアキシャル 〜10000円
  • セパレート式 〜20000円

 

国産メーカーの有名どころ、アルパインカロッツェリアなんかと比較してみるとかなりコスパは良いと思います。重低音を好むのであれば間違いなくキッカーですね。

 

最近BMWに取り付けたコアキシャルは【7000円】。以前ミニクーパーに付けていたセパレートタイプは【18000円】でした。

 

大凡の値段はこんな感じです。もっと正確に知りたい方はコチラから確認してみてください。輸入品のため購入時期によっても多少金額が変わってくることがあります。

 

 

 

まとめ

f:id:yuichan53world:20191210211649j:image

カー用品店等での取り扱いが少ない【キッカー】は周りに付けている人がほとんど居ない...

 

そのため実際の音質を自分の耳で試す事が出来ませんが、ずっとキッカーを使い続けている僕が太鼓判を押しましょう!!笑

 

何故か僕の周りには【キッカー】が多いです。笑

 

国産メーカーのスピーカーよりも『臨場感』のある音質を体感出来ますので皆さんも是非試してみて下さい!

 

国産メーカーには出せない重低音にもきっと満足出来ると思います。

 

それでは!楽しいカーライフを!

 

 

▪️先日2連チャンでキッカーの取り付けを行っていますので、気になる方は合わせてコチラをご覧ください。

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com