画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

ヘルパースプリングのおすすめメーカー【5選】選び方についても解説

【スポンサーリンク】

f:id:yuichan53world:20191224211601j:image

ヘルパースプリングはメインスプリングとは違い周りに入れている人も少ないし、ネットの情報も手薄出し、どこのメーカーを選ぼうか迷う方も多いと思います。

 

そこでそんな方に向けて【ヘルパースプリング】のおすすめメーカーは5社紹介していきます。合わせてヘルパースプリングの選び方についてもお話ししていきます。

 

これからヘルパースプリングの購入を考えている方は参考にしてみて下さい。

 

ヘルパースプリングとは?

f:id:yuichan53world:20191225100340j:image

ヘルパースプリングとは、車高調の伸び側のストローク長を確保するために使うスプリングです。

 

メインスプリングと併用して使うスプリングです。

 

アシストスプリングと呼ばれることもあります。

 

ヘルパースプリングの使用目的や効果についてはコチラの記事で詳しく解説しています。

 

www.send-freedom.com

 

ヘルパースプリングの選び方

 ヘルパースプリングを選ぶ上で大事なことは4つ。

 

  • バネID
  • 自由長
  • 密着長
  • バネレート

 

自由長とは、スプリングの全長を意味します。つまり何ミリか?と言うことです。

 

f:id:yuichan53world:20191224230631j:image

 

密着長はあまり馴染みのない言葉かもしれません。これはスプリングが完全に縮まるまでの長さを意味します。この長さはかなり重要です。

 

密着長によって伸び側のストロークをどのくらい確保できるかが決まってきます。

 

一般的によく使われるヘルパースプリングのバネレートは1キロ〜2キロの間です。

 

ヘルパースプリングのバネレート選択は使用用途によっても大きく変わってくるので一概にこのぐらい!と言うのは難しい...

 

とは言え、ヘルパースプリングのバネレートはそれほど設定幅が多いわけではありません。1キロ〜3キロ程度が大半。

 

自分がどのくらい伸び側のストロークを確保したいか?これを基準に選択するといいです。

 

伸び側のストロークを一杯確保したいのであればレートは低めに、ちょっとだけ確保できれば良い!と言う方はバネレートを高めに設定して挙げると上手くいきます。

 

他にも車高を下げる目的でヘルパースプリングの導入を考えるのであれば、密着長が長く、レートが低いヘルパースプリングを使ってあげるとより車高が下がります。

 

ほんの一例に過ぎませんがヘルパースプリングを選ぶ基準にしてみて下さい。

 

ヘルパースプリングのおすすめメーカー【5選】

ここでは5社のヘルパースプリングを紹介していきます。

 

 

326power 

 

誰もが1度は目にした事があると思います。カラフルなカラーリングな特徴な326powerのスプリング。

 

326powerのヘルパースプリングの特徴はヘルパースプリングの中ではかなり短い自由調の商品ラインナップがある事です。

 

1番短いもので40ミリから!恐らく商品化されているヘルパースプリングの最短です。

 

www.instagram.com

 

※自由調とはスプリングの長さです。

 

またバネレートのラインナップも他社メーカーには無い【1K】【2K】と2つのレートが選択可能です。

 

最後にもう1つおすすめの理由があります。

 

それは【リセールバリュー】が良い!!という事です。326powerのヘルパースプリングは購入時の価格が1万円を超えますが、売る時も高く売れるのが良い点です。

 

恐らくこれだけのリセールバリューが良いヘルパースプリングは他にありません。

 

そんな理由から僕は326powerのヘルパースプリングを選択しました。

 

f:id:yuichan53world:20191224211631j:image

 

www.send-freedom.com

 

HKS

 

HKSは車高調も販売している足回りメーカーです。HKSのヘルパースプリングはここで挙げたメーカーの中で最も商品価格が安いですね。

 

正直なところ、バネレートとID、長さが合えばどこのメーカーを使っても街乗り程度であれば大した差は体感出来ませんので、安いHKSを選択するのは正しい選択だと思います。

 

まずはHKSのヘルパースプリングを見てみましょう!

 

クラフト

クラフトのヘルパースプリングはヤフオクで【ヘルパースプリング】と検索すると送料無料でたくさん出てくるので1度は目にした事のある方も多いのでは無いでしょうか?

 

赤色がトレードマークのヘルパースプリングです。使っている方も多いです。

 

  • 自由調 80ミリ
  • バネレート 1.3K

 

多く方が扱いやすい王道サイズのヘルパースプリングです。

 

スイフト

 

スイフトはご存知の方も多いかと思いますがスプリングのプロフェッショナルです。

 

スプリングと言えばスイフトと言われる事も。

 

ちなみに326powerの一部スプリングはスイフトとの共同開発だったりします。(ホームページ記載情報)

 

スイフト最大の特徴は豊富なバネレート設定に加えて、IDの種類も豊富です。他社メーカーに設定が少ないID70など太いスプリングに対応する商品ラインナップが揃っています。

 

ラルグス

 

意外と知られていませんが車高調メーカーのラルグスからもオプション設定として【ヘルパースプリング】が売られています。

 

ラルグスの車高調を使っているユーザーなら見た目のバランスも良くおすすめです。

 

金額設定も7000円前後と安い設定になっています。

 

まとめ

 

ここで挙げた5社メーカーは比較的多くのユーザーが使っているメーカーを挙げました。他にのヘルパースプリングを取り扱うメーカーはありますが、大体のユーザー用途に合うスプリング選択が可能だと思います。

 

ヘルパースプリングを購入前は自分が求める密着長を基準に選んでいくと決めやすいです。

 

またバネレートはメインスプリングの兼ね合いを考慮し選んで挙げましょう。1キロ〜1.5キロ程度が王道なレートです。

 

それでは。

 

関連記事はコチラ!! 

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com