画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

A4アバントのジャッキアップ方法とリジットラックの掛け方

【スポンサーリンク】

f:id:yuichan53world:20191230173648j:image

先日A4アバントの車高調取り付け時、ジャッキアップとリジットラックを初めて掛けましたので、そちらのやり方について解説していこうと思います。

 

あまりウマの掛け方についての情報が出回っていないので参考にしてみて下さい。

 

今回作業したのはアバント(ステーションワゴン)ですが基本的にセダンも同じ要領です。

 

 

 

A4アバントのジャッキアップ方法

アウディのジャッキアップポイントは国産車によく見られる【切り掛け】が見当たりません...

 

こちらのプラスチックのカバーが無い部分がジャッキアップポイントのようです。

 

こちらの三角印が目印です。

 

f:id:yuichan53world:20191230173415j:image

 

こちらに油圧式ジャッキをあてがいジャッキアップをしていきます。

 

▪️絶対にジャッキアップしてはいけない場所

  • オイルパン(エンジン)
  • ミッション(AT)
  • ラジエター

 

A4アバントのリジットラック掛け方

次にリジットラックの掛け方についてです。

 

本来であれば車体内側に走る2本のフレームにジャッキを当てて、サイドにリジットラックを入れるやり方をしたいところですが...

 

アンダーカバーが多すぎてイマイチ場所が分からない〜!!

 

って事でサイドのジャッキアップポイントすぐ横で車を持ち上げて、ジャッキアップポイントにリジットラックを入れます。

 

f:id:yuichan53world:20191230094956j:image

 

アウディのこの部分は全体的に強度があるのでちょっと持ち上げる程度では凹んだりしませんので問題ありませんでした。

 

プラスチックの部分にジャッキを当てているので少しプラスチックが【メシメシ】音を立ててましたが。笑

 

f:id:yuichan53world:20191230095118j:image

 

もし、ジャッキの上げ幅が多い場合は、リア側のジャッキアップポイントで車を持ち上げて、フロントが浮いたらそちらにリジットラックを入れる方法もあります。

 

リアにリジットラックを入れる際は、その逆でフロントをジャッキで持ち上げてあげます。

 

これでもリジットラックを掛ける事が可能です。

 

もしくは、サスペンションメンバーの付け根にジャッキを掛け、サイドのジャッキアップポイントにリジットラックを掛ける方法もあります。

 

 

車載ジャッキは使わない方が良い!

よく車載のジャッキを使ってタイヤ交換、オイル交換などを行う方がいますが、絶対にやらない方が良いです。

 

これはアウディに限らず他の欧州車全般に言えます。(僕は国産車でも絶対しない。)

 

www.send-freedom.com

 

理由は車載ジャッキを見てもらうとすぐに分かります。

 

f:id:yuichan53world:20191230100141j:image

 

以前乗っていたミニクーパーBMWも同じような車載ジャッキでした...

 

こちらはアウディではなくミニクーパーの車載ジャッキですが...アウディも同じようなカタチです。

 

f:id:yuichan53world:20191230100149j:image

 

欧州車の車載ジャッキは大体このようなカタチをしています。誰がどう見てもバランスが良さそうには見えません...

 

これではドアの開け閉めをした際でも車が倒れてしまいそう...

 

必ず油圧ジャッキを購入して作業しましょう!何かあってからでは取り返し付かないですからね。

 

コチラは僕が使っている『コストコ製』の油圧ジャッキです。このゴツい見た目でもアルミボディーなので軽い。金額も安くておすすめです。

 

 

ジャッキアップ後の一手間

どんな車もジャッキアップしたり、リジットラックを掛けて作業する際は一手間加えましょう。

 

f:id:yuichan53world:20191230100439j:image

 

車を持ち上げているジャッキ横浜、リジットラック付近にタイヤを入れて置きましょう。

 

面倒かもしれませんが、これをやっておくと仮にジャッキやリジットラックから車が外れてしまっても、車と地面の間にタイヤ分の隙間を確保出来ます。

 

僕の場合はこれプラスで、車体のフレーム部分にジャッキを当てがい保証を沢山掛けておきます。

 

車の作業は危険が多いです。大好きな車に押し潰されたらひとたまりもありませんからね...

 

まとめ

アウディの腹下はアンダーカバーだらけでどこにジャッキを掛けて良いのか分かりづらいですが、サイドのフレーム部分で全てが完結します。

 

その他だとサスペンションメンバーの付け根(フレームとの固定部分)にジャッキを掛けるのが定番です。

 

車のジャッキアップは一歩間違えると危険が多いので細心の注意を払って作業しましょう。

 

関連記事はコチラ!!

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com