【IS250(GSE20)】ジャッキアップポイントとリジットラックの掛け方

IS250の車高調取り付けに伴い、車をジャッキアップしてリジットラックに乗せましたので、フロントとリアのジャッキアップポイントについて解説しておきます。

 

ジャッキアップして、リジットラック(ウマ)を使う場合は参考にしてみて下さい。

 

車載の取り扱い説明書に記載されているジャッキアップポイントで解説しています。

 

基本的に同年式のクラウン等と全く同じ容量で作業可能です。

 

 

IS250フロントジャッキアップポイント

 

フロントにリジットラックを掛けたい場合、フロアジャッキを使ってサスペンションメンバーで車をジャッキアップさせます。

 

 

写真のジャッキが当たっている部分に、丸い穴が空いています。

こちらにフロアジャッキを掛けて車をジャッキアップしてあげればOKです。

 

写真の位置だと少し行き過ぎなので、もう少し手前が好ましい…

 

無いとは思いますが、ジャッキの左手にも丸い部分がありますが、そちらはオイルパンになりますので、間違ってもジャッキを掛けないようにして下さい。

 

 

フロアジャッキで車を持ち上げたら、サイドの切り掛けがある所にリジットラックを置いてあげればフロントはOKです。

 

IS250リアジャッキアップポイント

 

リアのジャッキアップポイントは、デフにフロアジャッキを掛けてジャッキアップします。

 

 

 

関連記事

あの有名な会員制ショッピングモール【コストコ】で買える通称【コストコ】ジャッキについて少しお話ししていきます。 かれこれ、僕がコストコジャッキを購入してから3年が経ちました。 実際に3年使ってみて分かった[…]

 

車体中央のマフラー先にデフがいますのでこちらにフロアジャッキを掛けてジャッキアップすればOK。

 

ジャッキアップする事が出来たら、フロント同様にサイドの切り掛け部分にリジットラックを置いて車をゆっくり下ろしましょう。

 

 

 

関連記事

車高を下げていくとジャッキアップした後、ウマに乗せるまでが大変...そんな事を思いながら作業されている方も多いのではないでしょうか?? 実際に僕も今のウマ(リジットラック)に出会うまでは面倒だな〜なんて思う事も日常茶飯事、時にはウマに[…]

 

まとめ

こちらで紹介したジャッキアップポイントは、車載されている取扱説明書に記載されているジャッキアップポイントになります。

 

車をジャッキアップする際は、細心の注意を払って作業しましょう。

 

複数人で作業を行う場合、必ずリジットラックに車を乗せる際に【車を下ろす】というコンタクトを取ってから行うようにしましょう。

 

何かあってからでは遅いですからね。

 

ジャッキアップに不安がある方は、こちらの記事を合わせてご覧下さい。

 

関連記事

これから車をいじり始めていくユーザーにとって、ジャッキアップ1つ切り取っても、なかなか大掛かりな仕事になるかと思います。 あの重たい車を持ち上げるわけですから、そりゃそうですよね。 そこでこの記事では、初[…]

 

それでは。

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

先日、BMW(E91)からIS250(GSE20)に乗り換えまして、足回りのカスタムがとりあえず、ひと段落しましたので、記事にしていきます。 この記事では、ホイールのサイズ、使っている部品を始めとする、出来るだけ多くの情報[…]

関連記事

 IS250のバネレートってどのくらいですか?  こんな事を聞かれる事がチラホラありましたので、全て公開していこうと思います。 初めに車高調を取り付け時から、前後共にバネレ[…]

関連記事

先日、IS250(GSE20)のエンジンオイル交換をやっとこ行いました。 車を購入してから少し時間が空いてしまいましたが、無事オイル交換が完了しました。 この記事では、IS250(GSE20)のオイル交換[…]

最新情報をチェックしよう!