【クラウン】にチェイサー用アッパーアームを流用して分かった事

先日購入して来た、IS250(GSE20)に一通り足回りを組み込みひと段落した次第でございます。

 

今回、フロントのアッパーアームに定番流用で知られる、100系チェイサー用を流用して分かった事が3つありますのでそちらについて解説します。

 

友人の車にチェイサー用のアッパーアームを流用したことはあったのですが、いざ自分の車に組み込むと気がつく事も多いモノです。

 

関連記事

レクサスのIS250(GSE20)のフロントアッパーアームを純正から調整式に交換しました。 フロントアッパーアームの交換方法を作業手順から使用工具まで分かりやすく解説していきます。 18.20クラウン、マ[…]

 

 

チェイサー用のアッパーアームを流用すると何度ぐらいキャンバーが付くのか?

 

チェイサー用のアッパーアームを何台かに組み込み作業を行なってきたものの、アライメントには行っていないので正確な数値は分かりませんが…

 

直感的に3〜4度ぐらいは付いていると思われます。(過去のアライメント数値を頼りに。)

 

お手軽に(安く)キャンバーを付けられるのは間違いありません。

 

チェイサーのアッパーアームが流用出来る車

  • 18.20クラウン
  • マークx(120)
  • IS(GSE20.21)
  • GS
  • アルテッツァ

 

僕が知っている限りだと、このあたりの車がチェイサー用のアッパーアームを流用する事で、キャンバーをつける事が可能です。

 

実際に、僕が組んだ事があるのはIS、マークx、20クラウン、アルテッツァ。

 

 

 

挙げてみると、結構色々な車にチェイサー用のアッパーアームを組んでいますね…

 

クラウンにチェイサーのアッパーアームを組んで分かった3つのこと

  • Rピンが付かなくなる
  • キャスター角がズレる
  • アッパーアームとフレームが干渉しやすくなる

 

大きく分けて、この3つがクラウン系の車にチェイサー用のアッパーアームを流用した際起こる事です。

 

順番に1つずつ解説していきます。

 

Rピンが付かなくなる

こちらは結構有名な話ですが、知らない方のためにお話しておきます。

 

18クラウン辺りの年式と100系と呼ばれるチェイサーのアッパーアームのボールジョイントが長さが違います。

 

そのため、チェイサー用のアッパーアームを流用すると、ボルト部分の長さが足りず、Rピン(ナットの周り留)が付けられません。

 

 

 

しっかり、ナットを固定しておけば、ナットが緩む事はありませんが、組み込み時には注意が必要です。

 

トルク管理がかなり重要です。

 

先ほどからお伝えしていますが、過去に取り付けた車体で、ここの緩みが発生したことはありません。

 

キャスター角がズレる

チェイサー用のアッパーアームと18クラウン系統のアッパーアームには若干形状の違いがあります。

 

  • 左側 IS250純正アーム
  • 右側 チェイサー用調整式アーム

 

 

比較の画像が悪くて、少し分かりづらいですが、ボールジョイントの位置が違うのが確認出来ると思います。

 

チェイサー用のアッパーアームの方が、ボールジョイントの位置が画像右側に寄っています。

 

ちなみに、写真のアッパーアームはどちらも右側(R)用です。

 

アッパーアームのボールジョイント位置がズレるという事は、ナックルの位置がズレる。すなわちキャスター角がズレてしまいます。アッパーアーム側だけなのでそこまで大きくズレが生じる訳ではありませんが…。

 

※こちらの画像は、キャスター角の補正をする前です。

 

タイヤの位置が少し前側にあるのが分かります。

 

ガッツリキャスター角がズレるわけではないので、気にならない人も多いかもしれません。

 

キャスター角が前側にズレしまっている事で、インナーカバーやバンパーとフェンダーの固定部分に干渉する恐れがあります。

 

 

今回は自作のキャンバーアダプターにて、キャスター補正を行いました。

 

 

ちょっと寸法ミスって、キャスター角補正し過ぎたのはここだけのハナシ。

 

関連記事

IS250(GSE20)にキャンバーアダプターを取り付けしました。 基本的に18.20クラウン等も全く同じ作業方法になります。 この記事では、IS250(GSE20)にキャンバーアダプターを取り付け方法に[…]

 

 

アッパーアームとフレームが干渉しやすくなる

アッパーアームの上側(フレーム)はアッパーアームの形状に合わせた逃げ(スペース)が確保されています。

 

そのため、ストロークしてもアッパーアームが綺麗にその逃げ部分に収まるのでアッパーアームは干渉し難い。

 

しかし、チェイサー用のアッパーアームはそもそも形状が微妙に違うため、その逃げスペースに上手く収まりません。(特に調整式)

 

そのため、純正のアッパーアームより早い段階でアッパーアームとフレームの干渉が起こります。

 

過去にチェイサーの純正アッパーアームを組み込んだ際は、そこまで気にならなかったので、調整式のアッパーアームが悪いのかも…

 

短縮ナックル入れれば当たらないので、ここもそれほど大きな問題では無いかもしれません。

 

 

関連記事

IS250(GSE20)のフロントナックルを短縮ナックルに交換しました。 基本的に、クラウンも全く同じ作業内容です。どういうか同年式のトヨタセダンは基本同じです。 この記事では、IS250/18クラウンの[…]

 

チェイサー用の調整式アームはどのくらい調整出来る?

 

今回、初めてチェイサー用の調整式アッパーアーム(クスコ)を組んで分かったのですが、意外にも1番短く調整する事が可能でした。

 

※キャンバーMAXの調整した図

 

フロントのアッパーアームはリアに比べて短縮幅の限度が早いです。

 

これは、ナックルと車高調が干渉してしまったり、車高調とアッパーアームが干渉してしまうためです。

 

 

ダブルウィッシュボーン式サスペンションの場合、アッパーアームを短くする事で、ナックルと車高調の距離が近くなります。

 

当然、アッパーアームを短くし過ぎると、干渉してしまいます。

 

今回僕は全開まで、キャンバー調整が出来ましたが、使っている車高調(バネの長さやID)によっては調整しきれないケースも当然出てくると思います。

 

 

干渉しちゃったけど調整キャパを目一杯使いたい。

 

もしチェイサー用のアームを流用し、干渉してしまう場合には調整式のピロアッパーマウントを使う事で解決出来ます。

 

詳しくはこちらの記事で解説しています。

 

関連記事

車のキャンバー角を調整する事が出来る事でお馴染みの『調整式ピロアッパーマウント』ですが... これってセダン(クラウンなど)でも同じような効果がある!!って思われている方がいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。 では一体、セダ[…]

 

チェイサーの純正アームを組むよりは確実にキャンバー角がつくのは大きなメリットです。

 

 

まとめ

過去にも、チェイサーのアッパーアームを流用取り付けして来ましたが、改めて自分の車に組み込むと新しい発見も多いものです。

 

今までは他人の車に組み込んでいるだけだったから、深く考えていなかっただけかも。

 

初めてチェイサー用の調整式アッパーアームを組み込んで、感じたのは純正流用で十分かな…というのが本音です。

 

少しでも多くキャンバーを付けたい!

 

というのであれば、チェイサー用の調整式アームは効果的です。

 

 

純正流用なら、そのまま車検もいけちゃいます。キャンバーもそれなりに付くので純正でもいいかもしれません。

 

とは言え、部品の流用には【良し悪し】がありますので、そちらはご自身での判断です。

 

あんまり参考にならないかもですが、こちらのマークxはチェイサーの純正アッパーアーム流用です。

 

 

※真似される方は自己責任でお願いします。

最新情報をチェックしよう!