クラウンやISに10.5Jを履かせる【正直ヌルゲーです。】

 

クラウンに10.5jが履けるかな?

 

そんな声をSNS上で見かけることも少なくありません。

 

実際に10.5jを履かせたら事がある方なら…

 

10.5jなんて迷うサイズじゃ無いよ。

 

そう思う人が大半です。

 

そこでこの記事では、クラウンをはじめとするトヨタセダン車に10.5jを履かせる方法(主にフロント)やオフセット目安についてお話ししていきます。

 

※この記事はあくまで前後に10.5Jが簡単に履けますよと言う内容です。

※そもそも論10.5Jだから何?って話ですからね。

 

 

クラウンやISに10.5jを履かせる3つのポイント

 

記事のタイトルにもある通り、クラウン系のトヨタセダン車に10.5jを履かせるのは【ヌルゲー】です。

 

これは、フロントもリアも全く同じです。

 

注意すべきポイントは3つあります。

  • 調整式アッパーアームの取り付け
  • ホイールのオフセット選び
  • フェンダーの爪処理

 

順番に解説していきます。

 

調整式アッパーアームの取り付け

 

大切なのは、【アッパーアーム】であるという事です。

 

■フロント

 

■リア

 

延長ロアアームではダメなんです。

 

絶対だめって訳ではないですが…

 

アッパーアームを調整式にする事で、ホイールの上側がフェンダー内に収まりますので、アッパーアームの組み込みが必須です。

 

詳しくはこちらの記事でお話ししています。

 

関連記事

キャンバーを付けたい!と思った時に真っ先に思い浮かぶのは『アームの交換』ですよね。 マルチリンク式サスペンションやダブルウィッシュボーン式サスペンションの場合、アームを交換する事で簡単にキャンバー調整が出来ちゃいますからね。 しかし[…]

 

ホイールのオフセット選び

ホイールのオフセットは、当たり前ですがキツ過ぎても甘過ぎてもダメ。

 

あくまで目安ではありますが…

 

10.5j +15〜20ぐらいがベストです。

 

こちらの画像はISですが、フロントはクスコのアッパーアームだけ装着。

 

オフセットは10.5j+15です。

 

特に多くの方が不安なのがフロントだと思います。

 

クスコのアッパーアームは調整幅が少ない事で有名ですが…

 

アッパーアームを付けるだけでこんなに簡単に、フロントに10.5jを収める事が可能です。

 

※チェイサー用のアッパーアームを流用してますが…

 

 

関連記事

先日購入して来た、IS250(GSE20)に一通り足回りを組み込みひと段落した次第でございます。 今回、フロントのアッパーアームに定番流用で知られる、100系チェイサー用を流用して分かった事が3つありますのでそちらについて[…]

 

フェンダーの爪処理

 

10.5jを履かせる絶対条件として、前後の爪処理を行う必要があります。

 

 

※リアワイトレ装着(10.5J-10)

 

関連記事

先日から足回りを組み込んでいたIS250のフェンダー爪切り加工を行いました。 フェンダーの爪切りってどうやるの?何かポイントはある? この記事ではそんな方に向けて、フェンダーの爪切り加工について解説してい[…]

 

ただし、リアに関しては爪処理をやらなくてもオフセット次第ではそのまま履けちゃいます。

 

こちらのクラウンは、リアの爪に関してノータッチです。

 

※フロントは爪折りしてあります。

 

※10.5j+22

 

10.5jを履く最大のメリット

 

フロントにも10.5jを履く事で、車高が低くてもハンドルが切れやすいです。(フェンダーとタイヤが干渉しない)

 

ヤフオクやメルカリに出品されているホイールを見ると…

  • フロント 9.5j
  • リア   10.5j

 

この組み合わせがとても多く出回りますが…

 

フロントに9.5jだと細過ぎてタイヤが引っ張れないので、フェンダーとタイヤが交わしにくくなります。

 

フロントにも10.5jを履くことによって、タイヤの引っ張り度合いが当然良くなり、低い車高でもハンドルが良く切れます。

 

 

 

関連記事

先日、全ての足回りを組み終えたIS250ですが...  [sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.send-freedom.com/entry/2020/05/03/[…]

 

過去に友人の20クラウンで、フロント9.5jを履いた際に思いましたが、フロントに9.5jだとタイヤがフェンダーを交わしにくさを実感しました。

 

 

18インチや19インチの9.5jだとタイヤサイズが合わずに、あまりタイヤが引っ張れないのが現状です。

 

そんな観点から、少しでもキャンバーを付けるのであれば、10.5Jがお勧めです。

 

あとがラクになります。

 

まとめ

中古市場に出回っているホイールサイズを見ると、フロントに9.5jが多いせいか…

 

フロントに10.5jを履かせるのはキツいのかな?

 

そんな疑問を持つ方がいらっしゃいますが、そんな事は一切ありません。

 

調整式アッパーアームを組み込むようであれば、フロントもリアも簡単に10.5jを履かせる事が可能です。

 

ま〜コンパクトカーが9jやら10jやら履く時代ですからね…

 

それでは。

 

▪️足回りの組み込み記事

関連記事

レクサスのIS250(GSE20)のフロントアッパーアームを純正から調整式に交換しました。 フロントアッパーアームの交換方法を作業手順から使用工具まで分かりやすく解説していきます。 18.20クラウン、マ[…]

関連記事

IS250(GSE20)にキャンバーアダプターを取り付けしました。 基本的に18.20クラウン等も全く同じ作業方法になります。 この記事では、IS250(GSE20)にキャンバーアダプターを取り付け方法に[…]

関連記事

前回の記事に引き続き、今度はリアのアッパーアームを調整式に交換しました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.send-freedom.com/entry/2020/04/23/[…]

関連記事

IS250(GSE20)のフロントナックルを短縮ナックルに交換しました。 基本的に、クラウンも全く同じ作業内容です。どういうか同年式のトヨタセダンは基本同じです。 この記事では、IS250/18クラウンの[…]

 

最新情報をチェックしよう!