【E46】のジャッキアップポイントとリジットラックを掛ける方法

BMW

これからE46の作業をする上で、何度も必要になるジャッキアップとリジットラックに乗せる作業。

 

どこにジャッキを掛けて、どうやってリジットラックに乗せるの?

 

そんな方に向けて、E46のジャッキアップとリジットラックの掛け方について前後セットで紹介していきます。

 

 

E46のジャッキアップポイント

 

普段から僕が使っているジャッキとリジットラックはコレ。

 

 

 

特に、このピットスタンドは安いし低いし使いやすいのでお勧めです。かれこれ4年愛用しています。

 

関連記事

車高を下げていくとジャッキアップした後、ウマに乗せるまでが大変...そんな事を思いながら作業されている方も多いのではないでしょうか?? 実際に僕も今のウマ(リジットラック)に出会うまでは面倒だな〜なんて思う事も日常茶飯事、時にはウマに[…]

関連記事

あの有名な会員制ショッピングモール【コストコ】で買える通称【コストコ】ジャッキについて少しお話ししていきます。 かれこれ、僕がコストコジャッキを購入してから3年が経ちました。 実際に3年使ってみて分かった[…]

 

 

  • フロントのジャッキアップポイント
  • リアのジャッキアップポイント

 

それぞれ順番に紹介していきます。

 

フロントのジャッキアップ方法

 

フロントのジャッキアップポイントは2箇所あります。

 

  • サイドのジャッキアップポイント
  • サブフレームの中心

 

■サイドのジャッキアップポイント

 

BMWのジャッキアップポイントには、お決まりのゴムが差し込んであるので非常に分かりやすい。

 

ちなみに、ボロボロになったら交換可能です。

 

 

■サブフレームの中心

 

もう一つは、サブフレームの中心でもジャッキアップ可能です。

 

中心部分に四角いでっぱりがあるので分かりやすいです。

 

ここでもジャッキアップが可能。あとはサブフレームを固定している部分とかでもジャッキアップ可能です。

 

ここはジャッキアップを繰り返す凹みますが、ジャッキアップポイントです。

 

 

リジットラックを掛ける際は、リアのジャッキアップポイントにジャッキをかけて車を持ち上げる方法もあります。

 

リアをサイドからジャッキアップする事で、フロントも浮いてくるのでそこにリジットラックを入れます。

 

 

リアのジャッキアップポイント

リアのジャッキアップポイントも2つあります。

 

  • デフ
  • サイドのジャッキアップポイント

 

サイドは先程のフロントと全く同じなので、もう説明は不用ですね。

 

 

FRの車は、リアにデフがあるのでコチラでジャッキアップ可能です。

 

フロントとは違い比較的、ジャッキが入りやすいので、楽だと思います。

 

デフで車を持ち上げれば左右同時にリジットラックを入れる事が可能です。

 

 

フロントの時と同じように、フロントサイドでジャッキアップを行い、リアが浮いたところにリジットラックを入れることも可能です。

 

欧州車は全般的に、ボディ剛性が強いので比較的簡単に浮いてくれます。

 

まとめ

 

日常のメンテナンス(オイル、タイヤ交換など)から、サスペンションの取り付け等でジャッキアップやリジットラックを掛ける機会は少なくないと思います。

 

これから作業する方は参考にしてみて下さい。

 

車のジャッキアップは【コンクリートかアスファルト】の地面で行いましょう。

 

それでは。

 

▪️関連記事はコチラ

関連記事

先日、購入したe46にはオーディオが付いていませんでしたので、早速オーディオの取り付けを行いました。 そこでこの記事では、e46にオーディオを取り付ける方法について簡単に解説していきます。 こらから、e4[…]

関連記事

先日購入して来た、E46のステアリングを純正品から社外品に交換しました。 ステアリング交換自体はそこまで難しい作業では無いですが、エアバックを外すのに少し苦戦しました... そこでこの記事では、エアバック[…]

関連記事

先日より、ISを売却してE46に乗り換えましたので、早速オイル交換とエレメント交換を行います。 そこで、この記事ではE46のオイル交換とエレメント交換について書いていきます。 これからオイル交換をする方は[…]

最新情報をチェックしよう!