【E46】PCD変換を取り付ける際の注意点

BMW

先日、足回りを組み終えてホイールを履かせたのですが、何やら異変が…。

 

症状としては、ホイールが回りません。

 

PCD114.3のホイールを履かせるためのPCD変換が悪さをしていてたようです。

 

そこでこの記事では、今回明らかになったE46にPCD変換(変換スペーサー)を取り付ける際の注意点についてお話ししていきます。

 

 

PCD変換を取り付けた際の異変

PCD変換を取り付けて、ホイールを装着後タイヤハウス内や各部のクリアランス確認のため、タイヤを回そうとしても何故か回らない。

 

そんな現象に陥りました。

 

 

特にホイールやタイヤがどこかに干渉している様子も無く、全く原因が分かりません。

 

ただ、ホイールが少しは回る。少し回すと【カンっ】と少し甲高い音がしていました。

 

E46にPCD変換を取り付ける際の注意点

 

今回、PCD変換を取り付けた際の異変は、PCD変換を固定するボルトが内側のパーキングブレーキ(サイドブレーキ)に干渉していました。

 

PCD変換を取り付けする際は、ボルトの長さに注意しましょう。

 

 

この画像では確認出来ませんが、ラグボルトを固定する穴を覗き込むと、パーキングブレーキのスプリングがかなり近い…

 

E46のリアブレーキはディスクブレーキなのですが、パーキングブレーキ(サイドブレーキ)はドラム式ブレーキのような構造になっています。

 

対策方法

  • ボルトをカットする
  • PCD変換の前にスペーサーを入れる

 

もし、PCD変換を固定するボルトが干渉してしまう場合、この2つの対策方法があります。

 

今回、僕の場合はボルトの1山目を削れば回避出来そうだったのでボルトを少し削りました。

 

ボルトを変えるという方法も考えましたが、今回使っているPCD変換は球面タイピでボルトが見つかりませんでした。

 

 

ボルトを削りたく無い…

 

そんな方は、PCD変換の前にスペーサーを挟む事で回避可能です。

 

 

とは言え、ボルトを数ミリ削る方が安全牌です。

 

ボルトがテーパータイプであれば、ボルトを短い物に交換するのがベストな選択です。

 

 

その辺りの判断は、自己判断でお願いします。

 

まとめ

 

少し前に、乗っていたE91の時にも全く同じ、PCD変換を取り付けしていたので全く予想打にしていない出来事でした。

 

E46のパーキングブレーキは、クリアランスが狭いという事が分かりました。

 

これから、E46にPCD変換を取り付けする方は頭の片隅に入れておいて下さい。

 

それでは。

 

 

 

 

▪️関連記事はコチラ

関連記事

 先日購入してきたBMWのE91を弄る際に【PCD変換】を使いましたので、PCD変換についてのお話をしていこうと思います。 www.send-freedom.com この記事でお話すること3つPCD変換のレビューPCD変換の[…]

関連記事

 先日友人のBMW(3シリーズ)にネットで購入した、BMW専用ホイールスペーサーを取り付け致しましたので、ホイールスペーサーについてのお話をしていきます。 ちなみに今回使ったBMW専用ホイールスペーサーは厚み10ミリです。 &#x[…]

関連記事

E46のキャンバーアーム(ロアアーム?コントロールアーム)を取り付けしました。 そこで、この記事ではE46のキャンバーアーム取り付けについて解説していきます。 これから、キャンバーアームの取り付けを検討し[…]

最新情報をチェックしよう!