おすすめのキャンバー角は何度?迷うあなたに助言【個人的な主観】

 

キャンバーを付けようと思っているけど、どのぐらいのキャンバー角を付けよう…。迷う。

 

調整式のアームを取り付けて、キャンバー調整が自由自在に行える車であれば、そこまで悩むことも少ないかもしれませんが、加工一発でキャンバー角が決まってしまうような人にとっては悩みのも無理はありません。

 

そこでこの記事では、これからキャンバーをつけるユーザーに向けて、キャンバーは何度がおすすめなのか?この賛否両論ある内容についてお話してます。

 

1つの助言になれば幸いです。

 

 

おすすめのキャンバー角は何度?

 

キャンバーの角度におすすめもクソもないと言えばそれまでですが、そこを何とかフォローしつつ助言していきます。

 

  • 2〜3度
  • 5〜6度
  • 8〜10度

 

ここから先は、この3つのざっくりとしたキャンバー角ごと、複数のユーザーの頭にありそうな思考をひねりだし、振り分けていきます。

 

※あくまで1つの助言として。

 

これまで、自分が付けてきたキャンバー角だったり、周りの友人たちの意見等を思い出しながら、話を進めます。

 

2〜3度

ざっくりですが、こんな人たちは2〜3度ぐらいがおすすめです。

 

  • とにかくタイヤの減りを気にする
  • 周りの目を気にする(家族や恋人、友人とかとか)
  • 少しはみ出たホイールが入れば良い

 

キャンバー角が2〜3度であれば、タイヤの減りを気にすることは無いし、周りからの目も気になりません。

 

  • F 3度
  • R 7度 ※前後ともアライメント測定数値

 

車に興味がない人からすれば、このぐらいのキャンバー角では気が付かれることもありません。※気がついたら、大したもん。

 

その反面、車の所有者であるユーザー自体もあまり変化を感じないのもこの角度のデメリットになりうるポイントの1つです。

 

例に車を挙げると、30プリウスのリアには設計上1度前後のキャンバー角が付けられています。※記憶が正しければ0.8度とかだったと思います。

 

なんでそんなこと知ってんの。

 

問題はそこでは無くって…。つまるところ、純正の車にもキャンバーが付いてる車は珍しくないので、自分自身もキャンバー変化を感じ取れない場合もあるよ。ということが伝えたいメッセージです。

1.2度の変化では、劇的変化はないためです。

 

よし。キャンバーを付けよう!

 

そんな意気込みがあったりした場合は、【あれ?こんなもん?】ってなっちゃうことは容易に想像が可能です。

 

5〜6度

2〜3度に比べると少し過激な角度(誰が見ても角度の異変の気が付く)ですが、こんなユーザーにはおすすめです。

 

  • 始めてキャンバーを付ける
  • 人よりも太いホイールを履きたい
  • 明らかにキャンバーの変化を体感したい

 

僕自身も初めてキャンバー角を付けた際は、このあたりのキャンバー角からスタートしました。

 

※おおよそ、前後5.6度

 

始めは軽自動車であったので、加工アクスルによるキャンバーでした。※どうでも良いか。

 

正直、始めはタイヤの減り具合も分からないし、自分がどのぐらいのキャンバー角が欲しいかもおぼろげです。※人の車で見るキャンバー角と自分の車に実際付けるキャンバー角って違うよ。

 

僕自身も、始め人の過激なキャンバー角を見てワクワクした感じがありましたが、それは他人事であったからで、自分の車にはあそこまでしたくないな…。って思ったのが始めの頃です。

 

見た目には明らかな変化が欲しいけど、それでも不安要素のある初めての方は、ここから始めるのがおすすめです。

 

 

先日、初めてキャンバーを付ける友人の車にアームを取り付けたした際も、おおよそ6度前後を狙って調整しました。

 

8〜10度

※前後とも10度前後(アプリ計測なのでズレ有り)

 

関連記事

先日、当ブログの読者さんからこんな質問を頂きました。 キャンバー角を自宅で簡単に測れる方法はありませんか? そこで、この記事ではこの質問にお応えすべく、スマホを使って簡単にキャンバー角を測る方法を2つ紹介していきます。スマホでキ[…]

 

ここまで来るとあまりお勧めはしたくありませんが、こんなユーザーはこのぐらいやっても良いかもしれません。

 

  • とにかくキャンバー角を付けたい
  • 人よりも過激な見た目にしたい
  • タイヤの減りなんて1ミリも気にしない

 

兎にも角にも、人より我こそは。

 

  • 太いホイール
  • サイズのキツイホイール
  • インパクトのある見た目

 

そんな過激を求めるユーザーであれば、二桁近いキャンバー角を付ければ失敗しにくいです。

 

ただし、1つだけ助言しておくと、ここまでキャンバー角を付けるとなると、前後共に似たようなキャンバー角を付けないと見た目は【ズボラ】になります。

 

ありがちなのがこの組み合わせです。

  • フロント ストラット
  • リア   アクスル(時々マルチリンク)

 

リアに関しては、アクスルを加工したり調整式のアームを取り付けることで簡単にキャンバーが付くのですが、思いの外フロントのキャンバー角が付けられず迷走している車を見かけます。

 

もし、二桁近いキャンバー角を付けるのであれば、あらかじめ前後共にキャンバー角の構想をしておいたほうが良いと思います。(ここは少し声を大にして言いたい。個人的な主観だけども。それでも。)

 

関連記事

いじった事のある方にしか分からないかも知れませんが、ストラット車ってフロントキャンバーが付けにくいんですよね... だからと言ってキャンバーが付かないのか?? 決してそんな事は無いし、実際にキャンバーを付ける方法はあります。 そ[…]

 

まとめ

 

キャンバー角におすすめもクソも無いと言えばそれまでですが、悩むユーザー向けに助言をしてみました。

 

最後は自己責任だし、自己判断に過ぎません。

 

1つの参考資料にでもなれば幸いです。

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

キャンバーを付けるうえで多くの方が気になる点の1つ。 【キャンバーを1度付けるとホイールは何ミリ引っ込むのか?】 今日はこの問題についてお話ししていこうと思います。 結論、やってみないと分かりません。しかし大凡の目処は付けられ[…]

関連記事

【ホイール】は車の顔と言っても過言ではありません。だってホイールが違うだけで見た目も変わるし、個性も出ます。 そんな大事なパーツであり、種類が豊富なだけになかなか決められないユーザーは多い... それに車によって合うホイール、合わな[…]

関連記事

 キャンバー角が全く同じなのに、なんでキャンバー角が違って見えるんだろう...。 そんな疑問を持ったことがある人もいらっしゃるかと思います。 理由はいたってシンプルです。 […]

 

最新情報をチェックしよう!