【E46】ラジエターのアッパーホース交換方法/水漏れ修理

BMW

車を購入した際から、時期にクーラントが漏れ出すことを予測していたので、やっぱりか。という感じですが…

 

ラジエターのアッパーホースよりクーラントが漏れてきましたので、交換作業を行いました。

 

そこでこの記事では、E46のアッパーホース交換方法についてお話ししていきます。比較的、簡単な作業ですのでDIYでトライしやすい作業かと思います。

 

合わせてここはセットで交換しておいて損はないよね。という部品があるのでそちらも紹介しておきます。※参考までに。

 

 

使用する工具

 

 

  • マイナスドライバー
  • プラスドライバー

 

アッパーホースを交換するのに、特別な工具は一切不要です。

 

マイナスドライバーに関しては、ホース部分のロックを解除する際に使用します。※マイナスドライバーじゃなくてもOKです。

 

E46のアッパーホース交換

 

E46のアッパーホースを交換する作業手順は以下の通りです。

 

  1. カバーを外す
  2. ロックピンを解除する
  3. アッパーホースを引き抜く
  4. 新しいアッパーホースの取り付け
  5. クーラントのエア抜くをする

 

作業ごとに解説していきます。

 

※カバーの脱着に関しては、今回作業する車にはカバーがついていないので、省略いたします…

 

ちなみに今回の作業は【318】です。直列4気筒のイッチバンショボいやつ。積んでいるエンジンによって多少の違いはあるにせよ、大まかな作業は変わりません。

 

アッパーホースを引き抜く

 

ご存知の方も多いかもしれませんが、BMW車に使用されているホース類の脱着は、こちらのロックピンで行います。

 

このピンが溝にハマって、ホースが固定されています。

 

ホースを外す際には、このピンをマイナスドライバー等で上に持ち上げてやれば、ロックが解除されます。ロックを解除したら、そのままホースを引き抜くことが可能です。

 

※ホース内のパッキンが固着していて、簡単に引き抜けない場合も多いです。

 

 

無理やり引っ張ると、受け側(ホースがハマっている方)が破損するリスクがあるので注意です。

 

ホースを引き抜く際は、以下の手順がおすすめです。

 

 

今回、アッパーホースだけの交換なので、クーラントは抜かずに作業しています。

 

そうなれば、当然ですがクーラントが少し漏れてしまいます。

 

先に左側(①)を抜いておけばおおよそのクーラントが排出されます。②の方の下には【オルタネーター】がいらっしゃるのでクーラントを浴びせるのは宜しくありません。

 

そんなこんなで左側を抜いて、そこからクーラントを出しておくという意味の順番です。

 

新しいアッパーホースの取り付け

 

アッパーホースが外せたら、ホースがハマる部分を綺麗にしてから、新しいホースをはめ込んでやります。

 

この時、ロックピンは引き上げた状態で差し込み、後からロックピンを入れてやるのが良いと思います。

 

※ロックピンを下げた状態でも、ホースをはめることが出来るのだけども。

 

 

ピンと受け側に無駄な負荷をかけるので、個人的にはロックを解除した状態ではめてやるのが良いかと。

 

  • 左側 古いアッパーホース
  • 右側 新しいアッパーホース

 

今回、ホースの状態はそこまで悪くありません。プラスチック部分の劣化の方が問題です。

 

大体、このように茶色がかった色に変色している場合は、アウトです。水漏れしてなくても時期に漏れます。

 

ちなみに、この変色している部分のプラスチックを割ってみると…

 

 

現行車は分かりませんが、このぐらいの年式のBMWはみんなこんな感じになります。※環境問題の観点から使用する素材がうるさいのがこの結果です。

 

E46以外にこれまで乗ってきたBMWもみんな同じような感じです。

 

 

クーラントのエア抜きをする

 

新しいアッパーホースを繋いだら、タンクよりクーラントを入るだけ補充してエア抜きしてやります。

 

理想は、BMWの純正クーラントの使用です。ちなみに量は2リットル弱使いました。

 

 

  • キャップを閉める
  • エンジンをかける
  • ヒーター温度マックス
  • 風量は最小

 

ここまでやったら、アッパーホースにあるエア抜くボルトを緩めて、気泡が混ざってないクーラントが出来たのを確認して締めこみます。

 

当然、ボルトを緩めるとクーラントが出てくるので、タオル等で押さえて作業します。特に奥側は下にオルタネーターがいるのでなおのこと。

 

※手前に関しては、後で洗えば垂れ流しでもいいかな。(個人的に。)

 

ここのエア抜きボルトはプラスチックなので、締め過ぎに注意です。

 

※そんなりトルクをかけなくても、漏れてきません。

 

正直、これだけだとエアーが完全に抜けきならいので2回ほど繰り返し作業。

 

あとは、後日完全に冷めきった状態でクーラントの減りを確認してあげましょう。(減っていたら補充。)

 

ジョイント側もセットで交換するのが理想

 

ラジエターのアッパーホースを交換する際は、ジョイント側もセットで交換してやるのが理想です。

 

 

こちらからの水漏れも定番になります。(本体が割れるかブロック側にあたるゴムパッキンがダメになるか。)

 

 

せっかく、アッパーホースを外しているし、クーラントの補充とエア抜き作業を行うので、同時に作業した方が断然効率が良いです。

 

もっと言うと、エクスパンションタンク(サブタンク)もよく漏れるので、ここも交換がおすすめです。

 

今回、僕の車は前のオーナーさんがラジエターとタンクを交換していたので、交換していませんがそれがなければ、同時作業していました。

 

最悪の場合、アッパーホースを引き抜く際に、割れるリスクも十分有り得るレベルです。

 

 

まとめ

アッパーホースからの水漏れと言うよりかは、【滲み】の段階で交換作業を行いました。

 

この手の漏れ方の場合は、いきなり漏れ出すと言うよりかは滲みから始まるケースが多いです。

 

滲みを確認したら早めに交換するようにしましょう。

 

比較的、自分で交換すれば費用も安く済む内容です。

 

全ての作業が終わったら、垂れたクーラントを綺麗に掃除しておくことも忘れずに。

 

▪️今回使用した部品

 

それでは。

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

E46の剥がれていた内装を一通り張り替えしました。 この記事では、内装張り替え作業の箇所について簡単にまとめておきます。 E46の内装剥がれに悩みを持つユーザーの参考になれば幸いです。 […]

関連記事

ある程度年式の経った欧州車ではオイル漏れはあるあるです... 当然ですが、未だに一定層からの需要があるE46にもあります。この記事では、これからE46に乗ろうと思っている方に向けてE46の定番のオイル漏れ箇所を5つ紹介して[…]

関連記事

車を購入した際からダメになっていたことは、車を動かしたあの瞬間から明確だったのですが、ほぼ乗らない車なのでずっと放置してました...。 ようやくロアアームのブッシュを交換しました。※コントロールアームとも言う。&nbs[…]

関連記事

ちょっと前に1dinオーディオを取り付けたのですが、どうやら2DINのナビが付くらしい。 と言うことで、早速ナビをヤフオクでポチり。 E46に2DINナビを取り付けましたので、簡単に作業内容をお話ししてき[…]

最新情報をチェックしよう!