【アッパーアーム】ピロボールとゴムブッシュってどっちが良い?

 

アッパーアームやロアアームを社外品に交換するんだけど、ピロボールとゴムブッシュどっちが良い?

 

こんな疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。

 

そこでこの記事では、アッパーアームやロアアームのピロボール仕様とゴムブッシュ仕様の良し悪しについてお話ししていきます。

 

 

【アッパーアーム】ピロボールとゴムブッシュどっちが良い?

 

アッパーアームやロアアームを社外品に交換する際に2つの仕様で分かれます。

 

  • ピロボール仕様
  • ゴムブッシュ仕様

 

ちなみに純正アームはゴムブッシュが使われているケースが大半です。

 

それぞれのメリットデメリットについてお話ししていきます。

 

ピロボール仕様

 

アッパーアームやロアアームは、サスペンションのストロークに合わせて可動します。

 

取り付け部分(付け根)をピロボールにしておくことで、アームの動きがしなやかになるのがメリットです。

 

ピロボールなのでゴムブッシュとは異なり、余計なストレスを与えることがありません。

 

当然、アームの可動時に余計なストレスが掛かると脚の動きに良い影響は与えません。

 

そこを考慮した上での【ピロボール】採用です。

 

※ピロボールの方が売れそうだからピロボール使っているメーカーもあると思うよ。安いメーカーとか。安いメーカーとかとか。

 

ピロボールの弱点は、ピロボール部分を守っているブーツがキレたりすると、ゴミや水が入り【ガタ】が出る原因になります。

 

つまるところ、トラブルメーカーになりうる可能性があると言うことです。

 

ゴムブッシュ仕様

 

純正のアッパーアームやロアアームと同様の仕様なので特に言うことはありません。

 

交換前と何も変わりませんからね。

 

ゴムブッシュはピロボールと違い、動きに制限が掛かるため、大きな負担を与えると切れてしまう可能性があります。

メリットに関しては、コスト面(金額が安い)と耐久性です。ピロボールのようなトラブルメーカーになりにくい。不具合が出にくいと言う点につきます。

 

とは言え、ゴムブッシュも切れるので最終的にダメになる点は同じですが。

 

結論、ゴムブッシュが無難

 

結論ですが、特に拘りがないのであればゴムブッシュが無難です。

 

サスペンションの動きを考えると、ピロボールの方が動きが良くなるため理にかなった仕様です。

 

日本製のメーカーから出ている部品に使われているピロボールであれば良いのですが、安物のアーム類に使用されているピロボール質が悪かったり…。(新品なのに動きが渋いとかね。)

 

過去に一度だけ安いメーカー(無名品のとにかく安いやつ)のピロボール仕様を使用した時にすぐにガタが出てしまいました。

 

ピロボールとゴムブッシュはどちらも良し悪しがあるので一概にどっちが良い!と断言することは出来ません。

 

とは言え、多くのメーカーは純正品との差別化を測るためか、ピロボール仕様のアームを販売しているケースが大半です。(メーカー次第では選べないと言う話です。)

 

まとめ

 

ピロボールを使用してガタがくるのが先か、ゴムブッシュを使用してブッシュが切れるのが先かは分かりませんが…(大概はゴムブッシュの寿命が長いと思う。)

 

どちかに迷った時、特に拘りが無いのであれば僕なら【ゴムブッシュ仕様】の方を選びます。

 

※あくまでも僕なら。

 

最終的な判断は、何を基準にするかだと思います。どちらが良くてどちらかが悪いと言うことは一概には言えないです。

 

あくまで僕自身の経験談に過ぎませんが、無名の安物ならピロボール仕様は避けた方が良いと思います。(他の選択肢があるのであればの話ですが。)

 

もし経年劣化が心配なら、交換パーツがあるか否かを確認してからアームの購入をすることをおすすめします。

 

それでは。

 

■関連記事はこちら

関連記事

車の車高を下げた際に、【ついでに】やっておいた方がいいことがあります。 それがアーム類のブッシュのねじれを解消してあげることです。 そこでこの記事では、ローダウンに伴うブッシュのねじれ解消法についてお話し[…]

関連記事

 これからキャンバーアームの取り付けをやるんだけど、自分で出来るかちょっと不安... そんなユーザーも少なくありません。 キャンバーアームの取り付け自体、それほど難しい作業ではありません。ポ[…]

関連記事

今回購入したE46のアッパーアームには、スプリングが乗っかる形状のため社外アームが出ていません... そこで、DIY加工で短縮アッパーアームを作成しました。 実際にどんな流れで作業していくのかを画像付きで[…]

最新情報をチェックしよう!