バネを変えずに車高を上げる方法。車高調用スペーサーの紹介

 

車高調のバネを短いものに交換しているため絵、車高が上げきれないのですが、バネを変えずに車高を上げる方法はありませんか…?

 

先日、このような質問を頂きました。

 

そこでこの記事では、車高調のバネを変えずに車高を上げる方法についてお話ししてきます。結論、車高調用のスペーサーを使用すれば、現状のバネのまま車高を上げることが可能です。

 

※主にリアバネがショックと別体のサスペンション向けの内容です。

 

 

バネを変えずに車高を上げる方法

 

バネの全長を変えずに、車高を上げる方法は車高調用(バネ用)のスペーサーを使用することで問題解決致します。

 

アジャスターのスプリングシートはこれ以上、上げることが出来ません。そこに、こちらのスペーサーを噛ませてやることで、実質的にバネの全長を長くすることが可能です。

 

 

ちなみにメーカーは、ラルグスさんから発売されています。

 

下の画像のように、バネがショックと別体式のサスペンション構造向けの商品ですね。(何ならこの車の車高調を新品で購入したら付属してきた。)

 

 

スペーサーの厚みが15ミリありますので、スプリング全長が現状よりも15ミリほど稼げます。

 

車種によってレバー比の関係もあるので一概には言えませんが、15ミリ〜30ミリぐらい車高を上げることが可能になります。

 

関連記事

車のサスペンション構造には切っても切り離す事ができない【レバー比】の問題。 とは言え知らなくても問題ないと言えば問題ない。けど知っておいた方がいいです。 【レバー比】って何?この疑問を分かりやすく実例を交えて解説していきます。車[…]

 

仮にレバー比が1対1.5のサスペンションだと、このスペーサーを噛ませることで、約30ミリ車高が上がる計算です。

 

スペーサー各部の寸法

 

  • 厚み 15ミリ
  • 内径 約62ミリ
  • 外形 約59ミリ

 

車高調側のIDが62〜63であれば、ラルグスさん以外の車高調にも当然使用する事が可能です。

 

使用するスプリング側は、ID65ぐらいまでならいけますね。少しデカイので変換シートの併用をお勧めしたいところですが…

 

 

関連記事

 車高調に付くバネのIDは多少今より大きいサイズ(ID)になっても大丈夫ですか? 先日、このような質問を頂きました。 そこでこの記事では、車高調のバネIDは多少でかくても(サイズ[…]

 

 

ちなみにスプリングシートの上から、こちらのスペーサーをおくとドンピシャサイズになってます。

 

少しキツいぐらいでガタは全く無い状態です。

 

 

各部の寸法的には、このスペーサーを2枚重ねて30ミリのかさ上げも出来そう…。

 

※それでトラブルが起こらないかは知りませんが…。

 

まとめ

 

ラルグスさんの車高調用スペーサーを使用すれば、車高調のバネを交換せずに車高を上げる事が可能です。

 

車種によって、レバー比の兼ね合いがあるので一概には言えませんが、約20ミリ前後ぐらいは車高が上げられそうです。

 

 

あと数センチ車高が上げられれば!

 

そんな方にはお勧めの商品ですね。

 

使用方法は、バネが別体式のサスペンション向けの商品ですが、車高調にスプリングがつくタイプでもスプリングの遊び改善ににも使用出来ると思います。

 

 

※あまりこのような使い方をする人はいないと思いますが…。

 

それでは。

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

車高調には主に2つのパターンが存在します。 バネが一体化しているものバネが別体化しているもの バネが別体化していると、どうやって調整すればいいのか?分からないと思ってしまう方も多いです。 そこでこの記事では別体式車高調の車[…]

関連記事

車のサスペンション構造には切っても切り離す事ができない【レバー比】の問題。 とは言え知らなくても問題ないと言えば問題ない。けど知っておいた方がいいです。 【レバー比】って何?この疑問を分かりやすく実例を交えて解説していきます。車[…]

関連記事

 ラルグスの直巻きアダプターを購入しようと思っていルけどあれってどうなの? こんな疑問を持たれる方も少なくありません。 この記事では、実際に使ってみて感じたラルグス製の直巻きアダ[…]

関連記事

 これから車高を下げようと思っているけど、ラルグスのスペックDってどうよ? こんな疑問を持たれる方も少なくありません。 そこでこの記事では、ラルグスのスペックDについて少しお話し[…]

関連記事

 ラルグスとブリッツって同じ?OEM? こんな疑問を持たれる方も少なくありません。実際に僕自身も昔そのような疑問を持ってました。 その当時、メーカーに直接問い合わせのメー[…]

最新情報をチェックしよう!