【モンキー】社外品のサイドカバー取り付け

モンキー製作にあたり、サイドカバーは社外品を使うことに。左側には純正の状態からサイドカバーがありますが、右側にはサイドカバーはありません。

 

モンキーは、アップマフラーが付いていますからね。

 

そんなこんなで社外品のサイドカバーを取り付けていきます。

 

そこでこの記事では、社外品のサイドカバー取り付けについて少しお話ししていきます。

 

 

今回取り付けるサイドカバー

 

今回取り付けるサイドカバーは、こちらのフィン付きのアルミ製サイドカバーです。

 

 

色は、タンクやフロントフォーク同様のカラーで塗装済みです。このサイドカバーは、取り付けにあたり、一点だけ注意点があるので、その辺りもお話ししていきます。

 

本当は、フィンとか無い純正風のサイドカバーが欲しかったのですが、納期が待てませんでした…。フィン付きはそれで可愛いからまあいいか。

 

 

【モンキー】サイドカバー取り付け方法

 

早速取り付けていきたいところですが、まずは取り付け面の様子をご覧下さい。

 

車体側とボルト側のあたり面でこれだけ角度が異なります。このまま、ボルトで固定してしまうとどうなるかは、言わずとも分かると思いますが、サイドカバーの角度がおかしいことに…。

 

加えて、ボルトも変な当たり方をします。

 

そこでこのようなワッシャーを使用し、取り付けていきます。

 

 

こちらは、テーパーワッシャー。その名の通り、テーパー形状(斜め)になっているワッシャーです。ワッシャーに5°角度が付いていますので、これを2枚合わせてサイドカバーを固定します。

 

ちなみに5°以外の角度もあります。

 

 

 

サイドカバーの傾斜と逆向きで固定すると、ボルトの頭が取り付け面とかなり平行になります。

 

※下側を限界まで削ってあります。

 

 

あとはこちらのネジ山にM8のボルトを使用し、固定していきます。

 

おそらくアップマフラーを固定するためのネジ山かな?(モンキー詳しくないからあんまり分からん。)

 

 

現状、サイドカバーとフレームの間に15ミリのカラーを入れていますが、シート固定のボルトとギリギリになりそうなことと、もう少し飛び出させても良さそうな気がするので、カラーの厚みを変更するかもしれません。

 

※今回は4Lモンキーのフレームです。5Lフレームだとまた多少違うかも。

 

 

反対側は、固定用のピンをねじ込み、フレーム側の取り付け部分に差し込むだけなので割愛します。

 

まだ、純正のグロメットが届いていないので、取り付けが出来ない…。(現状でもゴムはあるのですが、古くなり過ぎててカチコチ…。笑)

 

 

まとめ

 

サイドカバーが装着されると、一気に雰囲気が出てきます。

 

今回の車両量はフレームから組み上げているので、少し達成感です。(悪く言うと飽きてきた頃合い。)

 

もし、このアルミ製のサイドカバーを使用する際には、取り付け部分にテーパーワッシャーを使用することをお勧めします。そのまま取り付けると、サイドカバーの向きがおかしなことになって、見てくれがとても悪いですよ…。

 

 

それでは。

 

 

 

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

モンキーの製作にあたり、リアホイールをワイド化します。 今回使用するのは、KEPSPEED(GM-MOTO)の8インチ5.5J。 そこでこの記事では、モンキーのリアホイールを5.5J化するための方法と、ス[…]

関連記事

モンキーの仮組もボチボチ終わりそうなので、ホイールにタイヤを組み込んでいきます。 フロントは4J、リアには5.5Jを組み込みます。 そこでこの記事では、タイヤサイズやチューブサイズに加えて4Jと5.5Jの[…]

関連記事

モンキーの製作にあたり、ブレーキレバーとクラッチレバーをセットで購入したのですが、レバーの全長が長過ぎる...。 購入する際に、長さをよく確認しておけば良かったのですが、安さに気を取られており見逃し。 仕[…]

関連記事

久々にモンキーの製作に取り掛かり、フロントホイールの4J化を行います。 そこでこの記事では、モンキーのフロントに4jホイールを装着に当たって、少しお話していきます。 これからモンキーのフロント[…]

最新情報をチェックしよう!