スズキの軽自動車(ワゴンRやラパン)にキャンバープレートが使えない理由

 

MH21Sに乗っているのですが、アクスル加工するほどの予算はないので、キャンバープレートを使おうと思っているのですが、キャンバープレートが見当たりません…。

 

先日、このような質問を頂きました。

 

そこでこの記事では、スズキの軽自動車にキャンバープレートが使えない(存在しない)理由についてお話ししていきます。

 

※スズキ車の軽自動車でも、キャンバープレートが使用できる年式もあります。

 

 

スズキの軽自動車にキャンバープレートが使えない理由

 

スズキの軽自動車にキャンバープレートが使えない理由は、ハブ部分の形状による問題です。

 

スズキの軽自動車のリアハブは、アクスルから1本のシャフトが出ていて、そこにドラムカバーがはめ込まれる構造になっています。(ドラムカバーにベアリングが圧入されている。)

 

この構造だと、プレートを挟もうとするとバックプレートとアクスルの間に挟むことになります。

 

そうすると、ベアリングが回転する軸(アクスルにあるシャフト)に対してバックプレートだけに角度が付く形になり、キャンバーは付きません。そのため、スズキの軽自動車にはキャンバープレートの使用が出来ないのです。

 

キャンバーが付かないだけではなく、ブレーキシューとドラムカバーの角度がズレてしまいます。

 

▪️スズキのアクスル

 

▪️ダイハツのアクスル

 

これはスズキ車に限った話ではありませんが、ハブをボルトでアクスルに固定するタイプの構造じゃないと、キャンバープレートの使用が出来ません。

 

▪️キャンバープレートが使えない

  • MC21・22S(ワゴンR)
  • MH21〜MH44S(ワゴンR)
  • HA12〜HA25S(アルト)
  • HE21〜MH22S(ラパン)
  • MK21S(パレット)    など

 

キャンバープレートが使える年式もある

 

スズキ車の多くはキャンバープレートが使用出来ない構造になっていますが、中にはキャンバープレートが使用できる年式の車もあります。

 

▪️キャンバープレートが使える

  • MH55S(ワゴンR)
  • MK53S(スペーシア)
  • HA36S(アルト)   などなど

 

 

 

2019年頃から発売された年式のスズキ車は、ダイハツ車同様にリアハブの構造が、ハブ別体の構造に変更されているため、キャンバープレートの使用が可能になっています。

 

まとめ

 

スズキの軽自動車ではハブ周りの構造上の問題でキャンバープレートの使用が出来ません。

 

キャンバーを付ける場合には、アクスル加工一択しか選択肢はありません。

 

それでは。

 

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

先日購入してきたMH21S(ワゴンR)に加工アクスルの取り付けを行いました。 そこでこの記事では、MH21(22)のアクスル交換のやり方について紹介していきます。 [sitecard subtitle=関[…]

関連記事

 車高調を組み込んだのですが、車高が下がりきらないので加工アクスルの組み込みを検討しています。そこで疑問なのですが、あと30ミリほど下げたい場合は、30ミリダウンのアクスルを組めば良いのですか? 先日、このよ[…]

関連記事

 アクスルを加工物に交換したいんだけど、キャンバーは固定と可変式どちらがいいですか?可変式のアクスルって実際どうなんですか? 先日、このような質問をもらいました。 そこでこの記事[…]

関連記事

 軽自動車を下げようと思っているのですが、アクスル加工はした方が良いですか? 先日、このような質問を頂きました。 そこでこの記事では、軽自動車を下げるならアクスル加工が必[…]

関連記事

 タントにキャンバープレートを付けようと思っていたのですが、ダイハツのアクスルにはキャンバープレートが使えるものと使えないものがあると聞きました。違いと見分け方が知りたいです。 先日、このような質問を頂きまし[…]

最新情報をチェックしよう!