注目キーワード

【4mini】フロントフォークのアウターカットは何センチカットすれば良い?

  • 2022年12月30日
  • 2024年5月23日
  • 4mini

 

シャリーの車高を下げるのに、フロントフォークのアウターカットをしようかと思っているのですが、アウターカットはどのぐらいの量カットすれば良いですか?インナーやスプリングのカットと同じ量でカットすれば良いですか?

 

先日、このような質問を頂きました。

 

そこでこの記事では、モンキーやシャリー、ダックス等のフロントフォークのアウターカットをする際、カット量はどのぐらいで行えば良いのか?というテーマでお話ししていきます。

 

 

ダウン量と同じだけカットする?

 

結論からお伝えすると、車高を下げた分(バネやインナーのカット量)に合わせて、フロントフォークのアウターをカットしてしまうと、やり過ぎになるケースが多いです。

 

もちろん、車高を下げた分だけフロントフォークのアウターをカットしてやれば、純正状態の比率(見栄え)をキープするので、そうしようと考えている方も珍しくありません。

 

しかしながら、いざそれで加工してしまうとインナーフォークの吐出量が多すぎて、バランスが悪い車体になる傾向があります。

 

実際に、車高を下げられている方の車両を見てみると、ダウン量よりアウターカットの割合の方が少ないユーザーがほとんどです。

 

アウターカットは何センチカットすれば良い?

 

あくまでも個人的な持論ですが、アウターカットの量を決める際には、車高を下げてみてインナーフォークのブーツが縮こまらず取り付け出来、かつ横から見たさいのバランスを見ながらカットするのがお勧めです。

 

あまりにも、インナーフォークの見える量が多過ぎると、車高のダウン量とのバランスが悪くなる傾向にあります。カットせずにブーツが潰れているのも見栄えが悪いですが、それと近しいぐらい。

 

上の画像のダックスは、90ミリ〜100ミリのダウン量に対して、50ミリ分のアウターカット量になっています。

 

他の方に比べると、アウターのカット量は少なめ。本当に必要最低限だけカットしたケースですね。アウターとブーツの長さが同じぐらいになるように加工した記憶があります。

 

 

インナーフォークがもう少し見えるようにカットしたい。と考える人は、もう少しカット量を多めに取っても良いですね。こればっかりは好みの問題なので、一概には言えませんが…。

 

2号機のモンキーは、少しカット比率が多めです。

 

 

上の画像は、少し前に製作した2号機のモンキーですが、ダウン量70〜80ミリに対して50ミリアウターカットを行なっています。

 

先ほどのダックスに比べると、ダウン量の比率に対してアウターのカット量が多くなっていますね。これは、インナーフォークの形状が異なることも理由の1つ。

 

モンキーのインナーフォークの場合、インナーフォークにブレーキワイヤーの留め具が溶接されているため、右側のブーツが早い段階で干渉して潰れます。そんな理由から、必要最低限のダウン量でこのような結果になっています。

 

あくまでも1つの目程度ですが、ダウン量に対して60パーセント程度の割合でカットすれば、見栄えの良い比率になるかと思います。(あくまでも1つの目安ですので、何も気にせずこの数字を頼りにカットしないでね…。)

 

まとめ

 

4miniのフロントフォークは、車高を下げてしまうとブーツが潰れてしまったりフロントフォークのアウター側の比率が多くなり過ぎ、見た目が悪くなることから、アウターカットを検討される方が大半かと思います。

 

アウターカットの量に関しては、人それぞれの好み的問題があったり、車両の状態によっても話が変わってくるので一概には言えませんが、ダウン量の60パーセント付近でカットするケースが多いです。

 

まずは、車高を下げてみて、ブーツの潰れ具合等をみたり長さを計測してみカットする量を決めてやるのが良いかと思います。

 

極論ですが、ダウン量と同じだけアウターをカットしてしまうとツンツルテンの見栄えになるかと思いますので、注意です。(純正比率のままだと、ローダウンした車体にはバランスが悪くなってしまいます…。)

 

それでは。

 

▪️関連記事はこちら

関連記事

今回シャリーの製作を行なっていく中で大幅に車高を下げた事によってフロントフォークに取り付けているインナーブーツがペチャンコに潰れてしまった...。フロントフォークのインナーブーツが潰れている姿はとても格好が悪い... その[…]

関連記事

モンキーのフロントローダウンに伴いダストブーツがぺちゃんこに...。 そこでフロントフォークのアウターカットを行います。 以前に、タップを切り足しカットする方法はこちらの記事で紹介済みなので、今回は溶接で[…]

関連記事

モンキーやシャリーのフロントフォークをアウターカットする際、ネジ切りを必要最低限に抑えるためのアダプターを自作しました。 そこでこの記事では、アダプターの各部寸法についてお話ししていきます。 これがあれば、4Lの[…]

関連記事

 角目シャリーを弄っているのですが、角目シャリーのフロントフォークを切断して、アウターカット用のアダプターとタップダイスを用意すれば、初期型のフォークと同様に、ガイドキャップとダストブーツを取り付けできる仕様に変更することは可能[…]

関連記事

モンキーの製作にあたり、フロントの車高がノーマル長なのでローダウンしていきます。 そこでこの記事では、モンキーのフロントフォークのバネカット方法についてお話ししてきます。 ダックスやシャリーも同じ要領で作[…]

関連記事

モンキーを始めとする『4mini』というジャンルにおいて、リアショックのショート加工は定番のカスタムだと思います。  自分でも上手く加工出来るかな? そんな方に向けて『OKD』製のリアショッ[…]

 

最新情報をチェックしよう!