MENU
カテゴリー

【ダックス・シャリー】ステアリングダンパー取り付けについて

 

シャリーにステアリングダンパーを取り付けようと思っているのですが、取り付け方法で迷っています…。どのように取り付けるのがお勧めですか?

 

先日、このような質問を頂きました。

 

そこでこの記事では、ダックスやシャリーのステアリングダンパー取り付けについて簡単に紹介していきます。

 

 

目次

挟み込み式のステーを使う方法

 

最も手軽にダックスやシャリーにステアリングダンパーを取り付ける方法として挙げられるのが、フレームのミミに挟み込むタイプのステーを固定し、そこにステアリングダンパーを固定する方法。

 

水野鈑金さんから発売されており、ダックスとシャリーで同じ部品が取り付け可能です。

 

この方法は、後付けのステーを取り付けて、そこに長ナットを固定しステアリングダンパーを固定する方法なので、取り付けはしやすいかと思います。

 

ただ、挟み込むだけなので、ステアリングダンパーのストローク限界を超えたりしてしまうと、ステーが取れてしまうのがネック。また、フレームに挟み込んで固定するため、フレームの塗装が痛みます…。

 

僕自身、ダックスにステアリングダンパーを取り付けていた際には、このステーを使用しておりましたが、一度ステーが外れてしまったところから、取り付けしなくなりました…。

 

ステーを溶接してしまう方法

 

フレームのミミ部分に、ステアリングダンパーを固定するためのステーを製作して、溶接してしまう方法もあります。

 

この方法なら、挟み込み式とは違って、ステー部分が外れる心配がありません。

 

ただ、この方法だと、溶接してしまうので作業後に再度塗装が必要になるのと、もしステアリングダンパーを外したくなった時にステーだけが取り残されてしまうというデメリットも…。

 

 

これから塗装をする車両であれば、ステーを溶接してしまった方が良いかな。と言うのが個人的な意見です。

 

シャリーならレッグシールドの固定箇所にステーを

シャリーであれば、レッグシールドの固定部分のネジ穴を使用して固定するタイプのステーがあります。

 

 

見た目の好みもあるのでなんとも言えませんが、このステーを使用すれば、塗装を痛めることもなくステアリングダンパーの取り付けが可能です。

 

このステーは実際に使用したことがないのでなんとも言えませんが…。

 

まとめ

 

ダックスやシャリーにステアリングダンパーを取り付ける方法で、定番なのは挟み込み式のステーを固定するか、フレームに直接ステーを溶接するかの2つ。

 

挟み込み式のステーは手軽に取り付けできる反面、外れてしまうリスクや取り付けると塗装が大きく損傷する点から、個人的にはステーを溶接して取り付ける方が良いかな。と思います。

 

両方の取り付けを試した結果、挟み込み式の方は外れる心配がどうしても抜けませんでした。

 

ガッチリネジを締め込み、ステアリングダンパーの可動域を超えさえしなければ滅多には外れませんけどね。

 

フロントフォーク側のクランプに関しては、モンキーと同じ34mmの物が使用可能です。(角目シャリーのフロントフォークじゃなければ。)

 

 

 

それでは。

 

▪️関連記事はこちら

あわせて読みたい
【モンキー】ステアリングダンパーの効果。結論、取り付けたら外せなくなる。 先日、製作中のモンキーにステアリングダンパーの取り付けを行いました。それを見てなのかこんな質問が...。     モンキーにステアリングダンパーを取り付け...
あわせて読みたい
【モンキー】おすすめのステアリングダンパー/取り付け位置や方法も合わせて紹介。   これから僕もモンキーにステアリングダンパーの取り付けを予定しているのですが、おすすめのステアリングダンパーがあれば教えて下さい。また、取り付け位置(方...
あわせて読みたい
【シャリー】車高短カスタムの詳細 前々からダックスのシャリーの内容についてちょこちょこ聞かれることも。   そこでこの記事では、シャリーのカスタム内容についてまとめておきます。   この...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

DIY作業で学んだ情報や専門家から得た情報をDIYユーザーに解りやすくお届けします。ずっと乗りたかったミニクーパーを手放し、今は10万円のムーヴと30万円のBMWに乗る25歳。

目次