画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

車高調のメリット・デメリット『取り付け前に知っておきたい情報』

【スポンサーリンク】

f:id:yuichan53world:20191001185339j:image

車弄りのスタートは車高から下げたい!と考える方も多いでしょう。『お洒落は足元から』なんて言いますもんね!

 

とは言うものの車高調は金額も高く、取り付けを迷っていると言う方も多いですね。

 

そこで、この記事では車高調を購入する前に知っておきたい『メリット・デメリット』の話をしていきます。

 

こんな人におすすめの話

  • ダウンサスと迷っている方
  • これから車高調を買おうとしてる方

 

 

車高調のメリットとデメリット

車高調にはメリットが沢山ある事は勿論ですが、その反面デメリットとなる面も当然ながら出てきます。

 

購入する前にしっかり理解しておきましょう!!メリットとデメリットの両方を分かりやすく解説していきます!

 

メリット

車高調整が出来る

f:id:yuichan53world:20191001192835j:image

車高調の醍醐味はその名の通り、車高調整が出来る事です。しかも、ミリ単位刻みで調整を行う事が出来ます。拘る人は1ミリ単位の車高調整だって怠りません。

 

調整幅は車高調の種類やメーカーによって異なりますが、多くのメーカーはこんな感じです。

 

  • +20ミリ〜-80ミリ

 

このぐらいの調整幅があり、意外と知られていませんが、物によっては少し車高を上げる方向への調整幅もあるんですよ〜!!

 

乗り心地が良い

車高調を付けると乗り心地が悪くなると思っている方がいますが、ダウンサスと比較してみると圧倒的に車高調の方が乗り心地が良い傾向にあります。

 

車高調は使い方1つで乗り心地が良い方にも、悪い方にも転がってしまうため、乗り心地が悪くなると言うイメージを持たれる方が多いですが、正しく使えば乗り心地が良いものだ!と言う事は頭に入れておいて下さい。

 

間違った使い方や、古いボロボロの中古品を使う事で乗り心地が悪化してしまう事は珍しい事ではありません。

 

ふわふわ感が無くなる

f:id:yuichan53world:20191001192935j:image

日本車の多くはふわふわした乗り心地をしている車が多いです。僕自身、学生時代レンタカー屋でのアルバイト経験をした時に多くの車種を運転してきましたが、ほとんどの車がふわふわしています。

 

車高調を入れる事で、このふわふわ感が無くなり、外車に近い乗り味になります。

 

外車に乗った事がある方は分かると思いますが、少しゴツゴツしていて、コーナーの安定性もしっかりしたあの乗り味に近付けます。

 

少しスピードを付け、カーブを曲がろうとした際、車がひっくり返ってしまいそう...そんな経験をした事がありませんか?あの感覚が無くなると言う事です。

 

車高調を入れると、見た目がカッコよくなるだけではなく、運転性能にも大きなメリットがあるんです。

 

減衰調整が出来る

減衰調整は出来る車高調と出来ない車高調があります。

 

減衰調整を行う事で、車の乗り味を簡単に変える事が出来ます。これは純正ショックやダウンサスでは出来ない機能です。

 

少し、余談ですがレクサスの一部車種では『街乗りモード』『スポーツモード』の切り替えを行う事で純正ショックでありながら、減衰調整が室内から切り替わり、乗り味を変える事が出来ます。流石はレクサスです。

 

デメリット

価格が高い

f:id:yuichan53world:20191001193000j:image

ダウンサスと比べてしまうと結構、車高調は高価なパーツになります。しかし、あまり知られていませんが、本体価格は車高調の方が高いものの、ダウンサスより取り付け工賃が安いんです。

 

え?なんで?!

 

と言う方はコチラの記事で詳しく説明しています。ダウンサスと車高調で迷っているのであればかなり有益な情報が多いと思います。

 

www.send-freedom.com

 

車高調は異音の発生原因になる

元々取り付けられている純正のショックアブソーバーよりも調整機能が取り付けられている事により、部品点数が多くなり、異音の発生原因が多くなります。

 

車高調の取り付けに伴に、異音に悩まされる方は少なくありません。しかし、これは壊れる訳ではなく取り付けミスによるものが多く、知っていれば簡単に対処が可能な異音がほとんどです。もし異音に悩まされた時は僕の記事を読んでみて下さい!

 

これまで自分の車で経験した異音や周りの友人の悩みを元に、異音対策をいくつかの記事にまとめています。

 

www.send-freedom.com

 

車体を擦ってしまう場合がある

f:id:yuichan53world:20191001192632j:image

車高の下げ幅にもよりますが、車高調整が自由に出来る事で、下げ過ぎしまい、大きな段差を避けきれず地面に擦ってしまった...と言う話は良く聞きます。

 

とは言え、これは自分がどれだけ車高を下げるかでどうにでもカバー出来る問題なので、デメリットまではいかないかもしれませんね!!

 

車高調の相場は?

車高調本体の金額

  • 新品  8万〜15万
  • 中古  3万〜8万

 

大体多くの車種でこのぐらいの金額で取引されています。特に中古品はメーカーや車種によっても金額が大きく異なります。

 

取り付け工賃

  •  3万〜5万

 

先ほど少しお話ししましたが、取り付け工賃は車高調よりも、ダウンサスの方が高いです。簡単に説明すると、ダウンサスは純正ショックを外した後に、ショックをバラしダウンサスを組み込むため、工程が増えるのが理由です。

 

ダウンサスから車高調に買い換える人が多い

現に僕もその中の1人です...笑

 

f:id:yuichan53world:20191001193214j:image

 

車を買ってすぐに車高を下げたい!けどお金が無いと言う事でダウンサスを先輩に組み込んで頂いたのですが、1週間後また先輩に取り外して頂き、車高調に組み替えをしてもらいました...

 

当時、1人で何も出来なかったので先輩にはご迷惑をお掛けしました...笑

 

ダウンサスから車高調に買い換える人の特徴

  • 乗り心地が悪い
  • 車高の下げ幅に満足いかない
  • これなら純正で良い!と感じてしまう

 

多くの人はこんな理由でダウンサスから車高調に買い替えをします。結構周りを見ていても買い換える人は多いです。この理由の一つが、ダウンサスの下げ幅はあまり当てにならないと言うところにあります。

 

商品説明には40ミリダウン!スーパーローダウンサス!なんて事が書かれていても、いざ付けてみると20ミリしか下がっていない...そんなケースは珍しくありません。車のストローク量を減らして車高を下げるダウンサスでは、あくまで計算上での数値しか割り出せないため、記載されている量下がるとは限らないのです。

 

ちょっとだけ下がればいい!と言う方なら話は別ですが、タイヤとフェンダーの隙間を埋めたいなどの車高の下げ幅が大事になるようでしたら絶対にダウンサスでは無く車高調を入れるべきだと思います。

 

僕は全くその状況になり、車高調に買い替えを行いましたので返って高く付きましたし、先輩にも2度手間を掛けてしまいましたから...

 

まとめ

この記事では車高調のメリットとデメリットについてお話してきました。結論を言うと断然車高調をお勧めします。

 

金額は少し高いですが、それだけの価値があると思います。

 

もちろん、その人の考え方それぞれですが、車高を下げてカッコ良くしたい!!と強く願うのであれば車高調をお勧めします。多分そのように考えている方だと、ダウンサスを買っても車高調を買い換える姿が目に浮かびます...笑

 

それでは!

 

 関連記事はコチラ!!

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com