画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

車高調のトップナットってどうやって緩めるの?やり方について解説

【スポンサーリンク】

車高調のアッパーマウントを交換する時、車高調のスプリングを交換する際必要になってくるのが、【トップナット】の取り外しです。

 

トップナットはシャフトが供回してしまうため、レンチやソケットでそのまま回そうとしても緩ませる事や閉める事が出来ません。

 

トップナットを緩める方法は大きく2つあります。

 

この記事では、トップナットの外し方について2通りのやり方を解説していきます。

 

 

車高調のトップナットを外す2つの方法

六角レンチとメガネレンチを使う

1つ目に紹介するやり方はオーソドックスなやり方で、特に特殊工具を使う事なく、皆んなが持っている工具のみを使って外す事が出来ます。

 

車高調のシャフト(トップナットを固定している部分)には六角レンチで供回を防ぐためのヘキサゴン型の穴が空いています。

 

このヘキサゴン型の穴に、六角レンチを差込、メガネレンチを使う事で、シャフトの供回を防ぎ、トップナットの脱着が可能になります。

 

この時、ナットを緩めるメガネレンチは緩める方向(半時計回り)に、六角レンチはそれと反対方向へ力を掛けておきましょう!

 

コチラの写真のような形でトップナットを外す事が出来ます。

 

f:id:yuichan53world:20191117125547j:image

 

インパクトレンチを使う

f:id:yuichan53world:20191117153016j:image

もう1つの方法はインパクトレンチを使います。インパクトレンチを使う事で、シャフトの供回をする余地を与えず、トップナットを外す事が可能です。

 

インパクトレンチは金額もそれなりにしてしまうため、トップナットを外すためだけに購入するのはちょっと難しいですが、車弄りに置いて出番の多い工具なので買っておいても使い道は山ほどあります。

 

 

インパクトレンチを使う際は、合わせてディープソケットも用意しておきましょう!!

 

車高調のトップナットはシャフトが長く、ディープソケットでないと、トップナットに到達する事が出来ません。

 

折角インパクトレンチがあってもトップナットを外せない状況になってしまいますからね!!

 

f:id:yuichan53world:20191117153000j:image

 

ちなみにこれがディープソケットです。普通のソケットレンチと比べると差は一目瞭然ですね!長い分、奥行きがあり、シャフトが突出していてもナットに到達可能です。

 

トップナットを外す際のポイント

車高調のトップナットを外す理由は人それぞれだと思いますが、トップナットを外したり閉める際は車体に付いている状態で行うと作業しやすいです!

 

車体に車高調が付いている状態の方が、トップナットを緩める際、力が入れやすいためです。(閉める時もね)

 

車高調のトップナットはかなりトルクが掛けられているので、しっかり力が入る状態で脱着する事をお勧めします。

 

また車重が掛かっている状態の方が、シャフトの供回も多少し難くなります。

 

まとめ

やり方さえ知ってしまえば、車高調のトップナットは簡単に緩めたり、締めたりする事が可能です。

 

トップナットを触る際は必ず、ナットがしっかりしまっているか確認しましょう!!

 

トップナットの緩みは異音の原因に繋がります!

 

www.send-freedom.com

 

それでは!

 

関連記事はコチラ!!

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com