画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

ローダウンするとキャンバーはなぜ付くの?理由を解説します

【スポンサーリンク】

f:id:yuichan53world:20191223183540j:image

車高を下げるとキャンバーが勝手に付く事を【ナチュラキャンバー】と呼びます。

 

車高を下げると何で勝手にキャンバーが付くんだろう?そんな疑問を抱く方は多いです。

 

この記事では車高を下げるとキャンバーが付く理由について詳しく解説していきます。

 

※足回りの構造によってはキャンバーが付かない車も存在します。

 

 

ローダウンするとキャンバーはなぜ付く?

 

何故車高を下げるとキャンバーが付くのか?これは車の足回りは真上にストロークせずに、円弧を描いてストロークする為です。

 

多分これだけだとサッパリわからん!という方が多いと思うのでイラスト共に解説します。

 

  • 左・・・純正車高
  • 右・・・ローダウン

f:id:yuichan53world:20191223185806j:image

 

車高が下がる事によってアッパーアームとロアアームは半円を描いて車高が下がった分上に上がっていきます。

 

バツ印が付いている内側が支点(位置が変わらない)となりアームは稼働するため、ホイール側(ナックル)が内側に入り込む動きになります。

 

そうすると、アームの支点側とナックル側の水平距離が短くなる事が分かりますよね。

 

こちらの動画を見るとアームの動きが分かりやすいかも!!

 

www.instagram.com

 

これがローダウンすると勝手にキャンバーが付く理由です。

 

こちらの動画は実際にタイヤが付いてイメージがしやすいです。

 

 

しかし、全ての車で車高を下げるとキャンバーが付く訳ではありません。

 

キャンバーが付く構造

車高を下げた時にナチュラキャンバーが付く構造はこの2つです。

 

 

マルチリンクはこんな感じの足回り

f:id:yuichan53world:20191223202348j:image

 

セダンのリアによく採用されている足回りです。写真からも分かる通り複数のアームから形成される足回りを意味するのがマルチリンクです。

 

この写真の車の場合はこれだけのアームが使われています。

  • アッパーアーム
  • ロアアーム
  • テンションロッド
  • トーコントロールアーム

 

ダブルウィッシュボーンはこんな感じ

f:id:yuichan53world:20191223202701j:image

アッパーアームの中を車高調が通り、下側ではロアアームに固定されています。

 

こちらもセダンに良く使われる足回り構造です。

 

ダブルウィッシュボーンはタイヤハウス内のスペースをかなり使うためほとんどセダン車での採用が多いです。

 

中には、ロードスターs2000など車体が小さい車に採用されているケースもあったりしますが...。他にもオデッセイやエリシオン。探せばセダン意外にもあります。

 

キャンバーが付かない構造

f:id:yuichan53world:20191223204022j:image

車高を下げてもキャンバーが付かない足回りはこちらの2つです。

 

  • アクスル車
  • ストラット車

 

アクスル車とストラット車の場合は車高を下げてもほとんどキャンバーの変換はありません。

 

これは足回りが限りなく垂直に近い形でストロークを行う為です。

 

ストラット車はキャンバーが起きる場合も!

ストラット車の場合、車高の下げ幅によっては、キャンバーが起きる(ポジティブキャンバー)場合があります。

 

f:id:yuichan53world:20191223203355j:image

 

これはアームがロアアーム1本しかない為、ローダウンに伴い半円を描いた場合タイヤの下側だけが車体側に動いてしまう為です。ホイールの上側が取り残されるイメージです。

 

こちらのヴェルファイアのフロントはポジティブキャンバー気味になっています。エアサスを使って目一杯車高を下げているストラット車に良く見られます。

 

www.instagram.com

 

ナチュラキャンバーは起こせる!

ローダウンに伴い勝手に付いてしまったキャンバーは起こす事が出来ます。

 

やり方は簡単で、水平距離が短くなってしまったアームを調整式のものに交換して、再び長く延長してあげればいいのです。

 

f:id:yuichan53world:20191223204458j:image

 

調整式のアームを購入するコストや取り付けの手間が掛かりますがキャンバーを起こす事は可能なのです。

 

 

詳しくはこちらをご覧ください。キャンバーの起こし方について詳しく解説しています。

 

www.send-freedom.com

 

まとめ

いかがでしたか?

 

結論は【アームが半円を描いて稼働するからです。】

 

車の足回りがどのようにストロークするのかを考えてみるとなぜキャンバーが付くのか?という事が理解出来ると思います。

 

とは言え、自分の車の足回りを見る機会ってなかなかない方も多いと思います。

 

そのような場合はネットで足回りの構造を調べてみて下さい。

 

それでは!

 

関連記事はコチラ!!

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com