画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

リベットの外し方について解説!結論ドリルでこじるだけ!

【スポンサーリンク】

f:id:yuichan53world:20200103143945j:image

 

先日スピーカー交換した際、リベットによって固定されていましのでリベットの取り外しを行いました。

 

せっかく久々にリベットを外したので、リベットの外し方について画像付きで解説していきます。

 

タイトルにもある通り、ドリルでこじって外すだけです。

 

 

 

リベットとは?

リベットとは、下穴を開けたあと専用金具を使って2つのものを固定する方法です。

 

固定したい2つの材料にリベットが入る穴を空けて、その穴にリベットを通して、専用の工具で挟み込むイメージです。

 

言葉では上手く伝わらなそうなので、一個実際にリベットをカラ打ちしました。

 

■右側がカラ打ちしたリベット

f:id:yuichan53world:20200103150133j:image

 

リベットを打つ前と比較すると分かりやすいですね!右側の矢印部分に固定したい2つの材料が挟み込み込まれる仕組みです。

 

リベットを打つと、リベットが二重構造になっていて、1つの層が寄っていくイメージです。

 

リベットのメリット・デメリット

リベットにはメリットもデメリットもありますので、簡単に解説しておきます。

 

メリット

  • 1度付けたら外れない
  • 裏側からナットで止める必要が無い
  • 見た目が綺麗
  • 打ち込みが楽

 

リベット最大のメリットは1度付けたら外れない事です。ボルトとは違い、2つの材料を挟み込むように固定しているので緩んだりする心配がありません。

 

安物のリベッターで打ち込むと挟み込みが弱くて緩む事も無くはありませんが。

 

後は下穴さえ開けてしまえば打ち込むのがかなり楽です。ボルトとは違い締め込む必要がありませんからね!

 

ボルトとは違い、裏側からナットを使う必要が無いので、裏側に手や工具が入らない場所に重宝するのもリベットのメリットです。

 

バイクのマフラーなんかによく使われています。メーカーのエンブレム固定部分とか!

 

量産型のものによく使われるイメージです。

 

デメリット

  • 取り外すのが少し面倒
  • リベットは再利用不可能
  • 下穴を空ける手間が掛かる
  • 専用工具を要する

 

取り付けは楽チンですが、少し外すのが面倒な点はデメリットです。

 

またボルトとは違い、1度外すと再利用出来ないのも考え方によってデメリットになりますね。

 

とは言えリベットの金具はそんなに高いものではないので再び固定するのもそんなに苦ではないかも!

 

リベットの外し方【2種類】

ドリルでこじる

基本的にリベットは再利用不可能なので、ドリルを使ってこじる方法が楽チンです。

 

ドリルのサイズは使用しているリベットサイズによっても異なりますが、下穴と同様サイズが好ましいと思います。

 

リベットをドリルでこじる理由は、リベットの頭を飛ばしてリベットを壊して外す事です。

 

■ドリルを使った外し方

f:id:yuichan53world:20200103144958j:image

 

リベットの頭にドリルを当てて、後はゆっくり穴を空けるイメージです。今回は再リベットはしませんので大きめのドリルで一気に取ります。

 

こんな感じ。大体5秒ぐらいです。

f:id:yuichan53world:20200103145124j:image

 

外し方さえ知っておけばリベットの外し作業は簡単です。

 

f:id:yuichan53world:20200103145149j:image

 

リベットの頭が取れれば、後は残ったリベットを押し込む事で下穴から抜けていきます。

 

f:id:yuichan53world:20200103145229j:image

 

これが1つ目のドリルを使ったリベットの外し方です。

 

リベット外しを使う

あまり知られていませんが、リベットを打ち込む工具が有れば、【リベットを外す専用工具】もちゃんとあります!

 

ドリルでこじってあげれば簡単に外せるのであまり、必要性を感じませんが、大量のリベットを外す方は重宝します。

 

こちらがリベットを外す専用工具です。

 

f:id:yuichan53world:20200105174215j:image

出典:モノタロウ

 

リベット抜きパンチとも言います。

 

この工具は、リベットの頭にポンチの先端をあてがい、ハンマーでポンチを叩いてリベットを抜き取る仕組みです。

 

この工具最大のデメリットは、リベットの下穴が大きくなってしまう恐れがあること。リベットの下穴を再利用する方にはあまりおすすめできないかも...。

 

まとめ

リベットを外した場合は、インパクトドリルを使って、リベットの頭をこじることで、簡単に外すことが可能です。

 

▪️コツは1つだけ

  • ドリルの太さを気を付けること

 

下穴を再利用したい方は、ドリルサイズに気をつけて作業しましょう!

 

小さいサイズから少しずつサイズアップしていくと、時間はかかるかもしれませんが、失敗のリスクを減らすことが可能です。

 

それでは!!

 

 

関連記事はコチラ!!

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com