【IS250(GSE20)】トランク内張の外し方

これから車高調の取り付けにあたって、トランクルームの内張を剥がしていきます。

 

この手の車は、リアの車高調を取り付けるにあたって、トランクの内張を外す必要があります。

 

これから、車高調の取り付けを行う方に向けてトランクルームの内張を外す方法を解説していきます。

 

 

内張を外すのに使う工具

  • ラチェット
  • ソケット
  • 内張剥がし
  • マイナスドライバー
  • クリップ剥がし

 

何箇所かボルトで固定されているので、ラチェットとソケットを用意しておきましょう。

 

クリップ剥がしがどこかに行ってしまったので、こちらでは使っていませんが、クリップ剥がしがあったほうが断然作業効率が良いです…。

 

 

ISトランク内張の外し方

まず始めに、スペアタイヤの上側を外します。ここはただ乗っかっているだけなので持ち上げれば外れます。

 

その次が、その横です。スペアタイヤ横の左右も乗っかっているだけです。

 

そしたら、ここからボルトやらクリップを外します。

 

両サイドにフックが固定されているので、こちらを8ミリのソケットで外します。

 

ボルトを外したら、フックを引っ張れば外せます。

 

 

次はこれ。金属の金具を上に持ち上げて、画像のようにマイナスドライバーでカバーを持ち上げます。

 

 

カバーを持ち上げたら、ボルトが見えますので10ミリのソケットを使って取り外します。

 

これは合計3つありますので、全て外します。

 

 

ここまできたら、後はクリップを外していくと内張が外せます。

 

クリップの位置

トランクルームの奥側、左右真ん中に3つあります。

 

※画像は右側の写真

 

少し分かりずらいですが、上側のカバーをめくった所にサイドを固定しているクリップが隠れています。

 

こちらは左右にあります。

 

 

トランク手前側のプラスチックカバーに左右真ん中3つのクリップがあります。

 

 

こちらの3箇所を外したら、プラスチックのカバーを上に持ち上げるように外します。

 

こちらはクリップが刺さって固定されているので、少し力を入れると外せます。

 

カバー側にスライドして固定されているタイプのクリップです。

 

 

こちらのプラスチックカバーを外すと、左右にサイド内張を固定している最後のクリップが現れます。

 

これも外します。

 

 

これらのクリップを全て外せたら、もう両サイドの内張が外せます。

 

今回、車高調の取り付けなので、上側や奥の側面は外していません。

 

ショックアブソーバーの交換なら上側は外す必要はないですね。

 

 

ここまで外してあれば、ショックアブソーバーのナットに到達できますね。

 

 

内張を元に戻す際は、外した逆の手順で戻していけばOKです。

 

まとめ

車高調の取り付けに、トランクルームの内張を外すのは面倒ですが、それほど大変な作業でも無いので、焦らず作業すればすぐに終わります。

 

クリップの位置やボルトの固定箇所は全て記載しておきましたので、1つずつ忘れずに外していきましょう。

 

それでは。

最新情報をチェックしよう!