シャリーのオイルクーラー取り付け方法について解説

エンジンをボアアップした際に必要となってくる、オイルクーラー。エンジンの冷却効率を上げる役割があります。

 

そろそろオイルクーラーの取り付けを検討している。

 

そんなユーザーに向けて、シャリーにオイルクーラーを取り付ける方法について詳しく解説していきます。

 

これからシャリーにオイルクーラーを取り付けようとしている方必見です。

 

 

シャリーにオイルクーラー取り付けに必要なもの

  • オイルクーラー本体
  • 取り付け用ステー
  • オイルの取り出し口
  • オイルホース
  • エンジンオイル(補充用)

 

これらの部品が取り付けに必要になります。

 

エンジンオイルは、オイルクーラーにオイルが流れて、エンジン内のオイル量が減ってしまった時のみ必要になります。

 

オイルクーラーの取り付け前の決定事項

シャリーにオイルクーラーを取り付ける際には、以下の順番に物事を決めていくとスムーズです。

 

  1. オイルクーラー取り付け位置を決める
  2. オイルクーラーの選択
  3. オイルラインの取り出し口を決める

 

1つずつポイントを添えて解説していきます。

 

オイルクーラー取り付け位置

まずは、オイルクーラーを取り付ける位置を決めていきます。

 

とは言え、シャリーの取り付け位置は限られています。

 

  • シリンダー下
  • フロントフォーク
  • フレーム(横向き)

 

僕自身、シャリーのオイルクーラー取り付けはシリンダー下しか試した事がないので、この記事ではシリンダー下への配置について解説を続けます。

 

最も王道で、見栄えが良い配置はシリンダー下です。

 

シャコタンスタイルにはシリンダー下が1番しっくりしますね。

 

オイルクーラーとステーの選択

取り付け位置を決めたら、オイルクーラー本体と取り付け用のステーを購入します。

 

今回のシャリーに取り付けているのが以下。

  • 武川製 オイルクーラー(3段コア)
  • ミニモト製 シリンダー下ステー

 

 

 

オイルクーラー、オイルクーラーの取り付けステー共にシャリー用という商品はありません。

 

どちらもモンキー用として販売されているものを使っていきます。

 

注意点

オイルクーラーの取り付けピッチと、取り付け用ステーのピッチが合うか?これを確認しましょう。

 

ミニモトから発売されている、取り付け用ステーのピッチはボルト間【90ミリ】です。

 

このステーを使う場合は武川、もしくは中華製のオイルクーラーを使う必要があります。

 

シフトアップなどの取り付けピッチが異なるオイルクーラーは固定出来ません。

 

オイルラインの取り出し口を決める

オイルラインの取り出し口は2か所あります。

 

  • ヘッド横
  • スペクラ

 

武川製のスペシャルクラッチを取り付けていない場合は、ヘッド横からオイルラインを取り回します。

 

今回取り付けた車両は、スペクラ装着済みでしたのでスペクラから取り回しています。

 

 

シャリーの場合オイルラインが見えない方がスマートに仕上がるので、スペクラ装着の場合でも、ヘッド横からの取り回しでも良いよな気がします。

 

f:id:yuichan53world:20200305184626j:image

 

ヘッド横から取ると、オイルクーラーまでの距離が短くなるので、ホースがかさばらなくて綺麗な見た目になります。

 

もし、ホースにまとまりが出ない場合は、ホースクランプを使うと綺麗にまとまります。金額もお手頃なのでおすすめです。

 

 

注意点

ヘッド横からオイルラインを取る場合、オイルクーラーの取り出し口は【6vエンジン】【12vエンジン】それぞれ異なります。

 

■6vエンジン用

 

■12vエンジン用

 

購入の際は、商品説明をよく読んでから購入するようにしましょう。

 

オイルクーラーの取り付け

f:id:yuichan53world:20200305183506j:image

作業時の写真が1枚もありませんがご了承下さい…

 

  1. ステーの固定
  2. オイルクーラーの取り付け
  3. オイルラインの取り出し口取り付け
  4. ホースの取り付け

 

作業の順番はこんな感じです。

 

オイルクーラーのステーは、ヘッドを固定する下側2本のナットを付属の高ナットに交換します。

 

f:id:yuichan53world:20200305194118j:image

 

交換した高ナットにボルトでステーを固定してあげれば良いだけなので簡単です。

 

ステーの取り付けが出来たらオイルクーラーを付けて、取り出し口を取り付けます。

 

ヘッド横からオイルラインを取る場合は、丸印3か所のボルトを外して取り出し口に付け替えるだけです。

 

f:id:yuichan53world:20200305194134j:image

 

真ん中のボルトを外すと、反対側のカムカバーが落ちてしまうので注意しましょう。

 

取り付けの際も、反対側のカムカバーを押さえながらボルトを締めてあげましょう。

 

f:id:yuichan53world:20200305194152j:image

 

オイルクーラーのホースはどのように取り回しても構いません。オイルクーラーにホースを差し込む向き(オイルの流れ)も気にしなくて大丈夫です。

 

オイルクーラーにオイルの流れる向きは関係ありません。右から左に流れようと、左から右に流れようと何の問題もありません。

 

取り回しやすいようにホースを固定してあげましょう。

 

ホースを固定すれば作業完了です。

 

オイルクーラー取り付け後は、エンジンを始動させ2つほどチェックして下さい。

 

  • オイルの漏れ
  • オイル量

 

オイルクーラーにエンジンオイルが残りっぱなしになるため、オイル量が減っている場合があります。その場合はエンジンオイルを入れたしてあげましょう。

 

ポイント

エア抜きをしなきゃだめだよ!という方がいらっしゃますが、エンジン内の圧力は大気放出されているのでエアーは自然に抜けていきます。

 

そのため、エア抜きはしなくても何の問題もありません。

 

まとめ

オイルクーラーの取り付け作業はそれほど大変な作業ではありません。

 

  • オイルクーラー
  • 取り出し口
  • 取り付け用ステー
  • オイルホース

 

これらの用意さえしてしまえば、誰にでも簡単に出来る作業です。

 

是非チャレンジしてみて下さい。

 

それでは。

 

▪️この記事を書いている人はこんな人。

www.send-freedom.com

 

 

関連記事はコチラ!!

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com

www.send-freedom.com

最新情報をチェックしよう!