【E46】キャンバーアームの取り付け方法

BMW

E46のキャンバーアーム(ロアアーム?コントロールアーム)を取り付けしました。

 

そこで、この記事ではE46のキャンバーアーム取り付けについて解説していきます。

 

これから、キャンバーアームの取り付けを検討している方は参考にしてみて下さい。

 

※ちなみにデフはズラさずに交換します。

 

 

キャンバーアームの取り付けに使う工具

 

  • 油圧ジャッキ
  • リジットラック
  • スピンナーハンドル
  • ラチェット
  • 18ミリソケット
  • 18ミリメガネレンチ

 

 

欧州車を触る機会がある方は、16と18ミリのコンビレンチを持っておくと便利です。BMWやアウディ、ワーゲンなどでは16、18ミリの出番がめちゃくちゃ多いです。

 

 

 

 

今回、アームの取り付けに使った工具はこれで全てです。

 

欧州車御用達の18ミリです。

 

E46のキャンバーアーム取り付け方法

 

  1. ジャッキアップ
  2. 手前のボルトを外す
  3. 奥側のボルトを外す
  4. 純正アームを外す
  5. キャンバーアームを取り付ける

 

手順はこんな感じです。

 

まずはジャッキアップして、リジットラックに車を乗せます。

 

 

詳しくはコチラをご覧下さい。

 

関連記事

これからE46の作業をする上で、何度も必要になるジャッキアップとリジットラックに乗せる作業。 どこにジャッキを掛けて、どうやってリジットラックに乗せるの? そんな方に向けて、E46のジャッキアップとリジッ[…]

 

※くれぐれもジャッキアップのみで作業しない事

 

作業は手前のボルトから外していきます。ボルトの頭サイズは18ミリです。(まずは緩めるだけでOKです。)

 

 

純正のアームは長穴になっており、偏心ボルトが使われていますが、社外のアームは長穴では無いので気にしなくて大丈夫です。

 

次は奥側のボルトを緩めます。

 

ドライブシャフトのすぐ下側にボルトの頭があります。

 

※画像は左側のアーム

 

コチラのボルトも18ミリです。反対側にナットのようなものがあり固定されていますが、回り止めがあるので抑えなくて大丈夫です。

 

ちなみにドライブシャフトとの距離が近く、スピンナーハンドルが入らずメガネレンチを使用。

 

おそらく、この記事に辿りついてくれた方は、色々情報をリサーチしており内側のボルトがドライブシャフトに干渉してしまい抜けない事はリサーチ済みかな?

 

 

ドライブシャフトとボルトが完全に当たってしまい、抜けません…

 

デフをズラしてもいいのですが、面倒だし時間の無駄だしこのまま抜きます。

 

車体が持ち上がらない程度に、デフにジャッキをあてがいデフを持ち上げます。

 

 

あとは、上手く知恵の技をしてあげればデフを下ろしたりズラさなくても抜けます。

 

くれぐれも無理やり抜かないように。ボルトがダメになる恐れがあります。必ずボルトは抜けますので焦らずに。

 

ポイントを強いて言うのであれば、ドライブシャフトのトルクスボルトの位置に気を付けて下さい。

 

 

純正のアームが取れたら、あとは逆の手順でキャンバーアームをつけていきます。

 

今回取り付けるアームは、ZSSです。

 

 

 

関連記事

 これからアッパーアームを購入するんだけどZ.S.Sのアッパーアームってどうなんだろう? そんな声をSNSで良く見かけます。 そこでこの記事では、Z.S.Sのアッパーアームを使った感想(レビ[…]

 

調整式のアームを取り付ける際は、純正アームの長さに合わせてから取り付けるのがお勧めです。

 

他にもいくつか注意点(ポイント)がありますが、詳しくはコチラでお話ししているので割愛します。

 

関連記事

どんな車のアームを交換する場合でも、多くの共通するポイントというのがあります。 これを最低限押さえておくだけで、多くの車でのアーム交換がスムーズに行えます。 この車のアームは交換した事無いから交換出来ないよ...。そんな事が無くなり[…]

 

 

内側からボルトを入れて、手前側を取り付ければ完了です。

 

内側のボルトを通した後は、裏側からナットを手で抑えながらボルトのネジ山を噛ませます。

 

写真を撮り忘れましたが、ナットに尻尾が生えたような形状です。その尻尾の部分が回り止めになるので、ボルトが少しでも噛んでくれれば後は抑える必要はありません。

手前側のボルトは偏心カムのボルトになっていますが、社外のアームは長穴ではないので、何も気にせず固定すればOKです。

 

まとめ

 

コチラはオマケ情報ですが、ネットショッピング等で販売している、安いアームの方がZSSよりも長いです。

 

造りはZSSの方が良いですけど…

 

 

E46のアーム交換は、内側のボルトが抜けづらいので、少し面倒に感じる方も多いですが、ボルトの抜き方さえコツを掴めば20分前後で片側の交換が完了します。デフは下ろしたりズラさなくても大丈夫です。

 

今回、僕自身も両側合わせて1時間も掛かっていません。

 

これから作業する方は、安全に注意しながら頑張って下さい。

 

それでは。

 

▪️関連記事はコチラ

関連記事

差し込みストラットの悩みでもある【キャンバー調整キャパ】。 1度でも差し込みストラットの車に乗ったことがあるユーザーなら言うまでもなくご存知ですよね。 僕自身今回が3度目の差し込みストラット...[…]

関連記事

先日購入して来た、E46のステアリングを純正品から社外品に交換しました。 ステアリング交換自体はそこまで難しい作業では無いですが、エアバックを外すのに少し苦戦しました... そこでこの記事では、エアバック[…]

関連記事

今日はちょっとどうでも良い話。 IS250を放出して、E46を購入して来た経緯について少しだけお話ししておこうと思います。  周りから言われる訳ですよ。 あいつまた変な[…]

最新情報をチェックしよう!