ホイールスペーサーが外れない時はヒートガンを使って解決です

 

ホイールスペーサーが固着してしまって外れない…

 

こんな症状に悩みを持つ方も少なくありません。特に欧州車のオーナーにありがちなトラブルです。

 

そこでこの記事では、固着して外れないホイールスペーサーの外し方について解説していきます。

 

ヒートガンを使うと簡単に外れます。

 

 

ホイールスペーサーが外れない時の対処方法

 

タイトルや冒頭でもお伝えしている通り、ホイールスペーサーが外れない場合はヒートガンを使います。

 

力任せに外そうとすると、ローター側やスペーサーを傷付けてしまいます。

 

ヒートガンでスペーサーを温めてやることで、熱膨張により外れます。

 

※諸事情でヒートガン一部溶けてるけど触れないで。

 

ヒートガンでスペーサーを均一に温めて、マイナスドライバーをスペーサーの隙間に差し込んでいくと外れます。

 

大凡、均一に5分前後温めます。

 

 

この時、マイナスドライバーをハンマーで叩き込むのですが、1箇所に入れたら次は対角。

 

コレをひたすら繰り返して、少しずつ外しています。

 

この方法なら10分足らずで外す事が可能です。

 

ヒートガンなんて持ってないよ…

 

そんな方が大半だと思います。ヒートガンは色々な場面で使えるしネットやアストロプロダクツで2000円程度で購入可能です。

 

持っていても損は無いと思います。

 

 

 

ヒートガンでホイールスペーサーが外れる原理

 

これは先程も書きましたが、【熱膨張】を使った外し方です。

 

金属は熱を加える事で、目に見えない変化が起こります。

 

ホイールスペーサーとハブ側で金属の種類が違うため、熱膨張を活用する事が可能です。

 

  • スペーサーはアルミ
  • ハブ側は鉄

 

金属の種類によって、熱膨張を起こす【温度】が異なります。

 

専門家では無いため、詳しく事は知りませんが、アルミの方が低い温度で熱膨張するため先に、スペーサーが膨張し外れるようになります。

 

スペーサーを外した後の処理も忘れずに

 

スペーサーが外れた後は、必ずハブ側の清掃を行いましょう。

 

 

インパクトドライバーがあるとかなりラクです。これを付けて擦ると簡単にサビが取れます。

 

 

インパクトドライバーなんて持ってない…

 

そんな方は、パーツクリーナーを使いながらワイヤーブラシや真鍮ブラシで擦って綺麗にしましょう。

 

 

あまりにも頑固なサビが出ている場合は、紙ヤスリなども有効です。

 

まとめ

 

ホイールスペーサーが外れずに、困っている方は参考にしてみて下さい。

 

どれだけ引っ張っても、マイナスドライバーを叩き込んでもびくともしないスペーサーが外れます。

 

もちろん、スルリと外れはしませんが無理せずに時短で外す事が可能です。

 

それでは。

 

▪️関連記事はコチラ

関連記事

 先日友人のBMW(3シリーズ)にネットで購入した、BMW専用ホイールスペーサーを取り付け致しましたので、ホイールスペーサーについてのお話をしていきます。 ちなみに今回使ったBMW専用ホイールスペーサーは厚み10ミリです。 &#x[…]

関連記事

 先日購入してきたBMWのE91を弄る際に【PCD変換】を使いましたので、PCD変換についてのお話をしていこうと思います。 www.send-freedom.com この記事でお話すること3つPCD変換のレビューPCD変換の[…]

関連記事

先日、足回りを組み終えてホイールを履かせたのですが、何やら異変が...。 症状としては、ホイールが回りません。 PCD114.3のホイールを履かせるためのPCD変換が悪さをしていてたようです。&nbs[…]

最新情報をチェックしよう!