【E46】リアタワーバー取り付け方法

BMW

先日のフロントタワーバーの取り付けに引き続き、リアのタワーバー取り付けを行います。

 

関連記事

E46のフロントサスペンションにタワーバーの取り付けを行いました。 取り付けたタワーバーは前オーナーからの譲受なので、メーカー等は不明です。 この記事では、E46のフロントにタワーバー取り付け方法について[…]

 

この記事では、E46のリアのタワーバー取り付けについてお話ししていきます。

 

リアのタワーバー取り付けは、ジャッキアップせずとも作業可能です。

 

 

 

使用する工具

  • ラチェット
  • ディープソケット(13ミリ)
  • 内張剥がし
  • カッター

 

リアのサスペンション取り付け部分は、トランク内の内張を剥がす必要があります。

 

プラスαで、トランク内の内張をカットするので、カッターも用意しておきましょう。

 

 

リアのタワーバー取り付け方法

  1. トランクの内張を剥がす
  2. 内張(内装)をカットする
  3. ショックのナットを外す(片側2個)
  4. タワーバーをはめてナットを固定する

 

リアのタワーバーを取り付ける際の作業手順はこんな感じです。

 

簡単ではございますが、順番に解説していきます。

 

トランクの内張を剥がす

 

ショックの取り付け部分は、内装の裏に隠れていますので内装をめくる必要があります。

 

複数のピンと手前のプラスチックを退かすと簡単にめくれます。

 

内張(内装)をカットする

 

タワーバーを取り付けるにあたり、内装が一部邪魔になります。

 

そのため、タワーバーのサイズを見ながら内装をカットしましょう。

 

カーペット素材なのでカッターでカット可能。

 

こちらは、カット断面が汚らしい見た目になるのを抑えるべく、コルゲートチューブがはめてあります。

 

 

ショックのナットを外す(片側2個)

 

内装のカットが終わったら、ショックアブソーバーを固定するナットを2つ外します。

 

もし、ジャッキアップして作業する方は、この時にショックアブソーバーの下側をジャッキで支えておきましょう。

 

※画像では下側が外れていますが、外す必要は無いです。

 

当然ですが、ショックの下側ジャッキで支えておかないと、ショックが下に落ちてしまいます。

 

タワーバーをはめてナットを固定する

 

必ず、カットした部分からタワーバーを通して、固定しましょう。

 

うっかり内装のカット部分を通さずに、固定してしまうともれなくやり直しです…

 

内装をガッツリ外す必要は無いので、その心配は無いと思いますが。

 

最後に、バーの長さを調整して固定してあげれば作業完了です。

 

※長さ調整が出来ないものもある。

 

まとめ

 

今回、前オーナーよりタワーバーも一緒に譲り受けたので取り付け致しました。

 

よりタワーバーの性能を意識したい。

 

そのように考えるユーザーは、1本物のタワーバー取り付けをお勧めします。

 

 

それでは。

 

▪️フロントのタワーバー取り付けはコチラ

関連記事

E46のフロントサスペンションにタワーバーの取り付けを行いました。 取り付けたタワーバーは前オーナーからの譲受なので、メーカー等は不明です。 この記事では、E46のフロントにタワーバー取り付け方法について[…]

 

▪️関連記事はコチラ

関連記事

先日、E46のフロント車高調取り付けを解説しました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.send-freedom.com/entry/2020/09/07/100349 tar[…]

関連記事

E46のキャンバーアーム(ロアアーム?コントロールアーム)を取り付けしました。 そこで、この記事ではE46のキャンバーアーム取り付けについて解説していきます。 これから、キャンバーアームの取り付けを検討し[…]

関連記事

先日購入してきた、E46のシフトノブがボロボロだったので交換していきます。 ご存知の方が多いかもしれませんが、欧州車のシフトノブはネジ式では無く、差し込み式です... そんな理由から、なかなか自分好みのシ[…]

最新情報をチェックしよう!