【E46】フロントドアの内張の外し方/画像付きで解説

BMW

スピーカー交換の下準備を兼ねて、フロントドアの内張を外しました。

 

画像を多めに撮っておきましたので…

 

この記事では、E46のフロントドアの内張の外し方について、画像付きで分かりやすく解説していきます。

 

■作業車両の詳細

  • 左ハンドル
  • 318ci(クーペ)
  • 写真は運転席側
  • 後期(2004年式)

 

 

使用する工具

  • 内張剥がし
  • ラチェット
  • エクステンション
  • トルクスソケット(T20)
  • 精密ドライバーorピックツール

 

 

 

 

ここまで長いエクステンションは不用ですが、エクステンションは用意しておいて下さい。

 

意外と、内張を固定しているボルトが、奥まった所にあります。

 

フロントドアの内張の外し方

 

■作業手順

  1. ボルトのカバーを外す
  2. ボルトを外す
  3. ミラーの操作スイッチを外す
  4. 内張を外す
  5. ドアノブ部分のワイヤーを外す
  6. スピーカーのカプラーを外す

 

内張を固定しているボルトは、全部で5本。全てトルクスのT20で外せます。

 

  • 赤丸2箇所 カバー有り
  • 矢印    カバー無し

 

■エアバックマークのカバー

 

■ドア取手部分のカバー

 

※カバーは両方とも、こじれば簡単に外せます。

 

ボルトを5本とも外したら、次にサイドミラーの操作スイッチを取り外します。

 

これを先に外しておかないと、配線が引っ張られてしまいます。

 

内張を外した後に、裏のカプラーを外せばいいや!

 

僕もそれを思ったのですが、カプラーが奥まった場所にあって無理でした。

 

 

ピックツールを使って外します。精密ドライバーのマイナス等でも作業可能です。

 

ピックツールは、水回りのホース類を外す際に重宝するコイツです。ピックツールは結構色々な場面で役に立ちます。

 

 

ここまできたら、内張を手前に引っ張りつつ、クリップが抜けた段階で少し持ち上げてやるイメージで外れます。

 

ドアロックのピンを交わすイメージで持ち上げればOKです。

 

内張を外したら、ドアノブ部分のワイヤーを外すことを忘れないようにしましょう。

 

 

矢印部分の爪を手で起こしながら、引っ張ると簡単に外れます。

 

 

あとは、スピーカーに差し込まれていカプラーを外せば、内張がドアから完全に外れます。

 

※1本はツイーターとの連結なので、外す必要無いです。

 

 

まとめ

 

特に難しい作業ではありません。

 

強いて言えば、ミラーの操作スイッチが外しにくいぐらいかな?

 

E46のフロントドアの内張を外す際は参考にしてみて下さい。

 

それではまた。

 

▪️関連記事はコチラ

関連記事

 先日足回りの作業を一通り終えたE46。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.send-freedom.com/entry/2020/10/03/092041 […]

関連記事

 E46に乗られている方の多くは、カウルカバー周りの劣化具合に萎えます。 大分年数も経つ上、欧州車のゴムやプラスチック製品は最悪なので仕方ありませんが。 これはE46に限った話ではないです。[…]

関連記事

 E46の警告灯(エンジンチェックランプ)が点灯しちゃったんだけど、どうやって消すの?原因は何? こんなツイートを見かけました。 そこでたまたま、僕のE46に現在警告灯の点灯がありますので、[…]

最新情報をチェックしよう!