【E46】オイル漏れしやすい定番5カ所をピックアップ

BMW

ある程度年式の経った欧州車ではオイル漏れはあるあるです…

 

当然ですが、未だに一定層からの需要があるE46にもあります。この記事では、これからE46に乗ろうと思っている方に向けてE46の定番のオイル漏れ箇所を5つ紹介していきます。

 

事前に知っておけば、車を購入する際の現車確認でチェック出来ますね。

 

すでにE46乗っていてる方でも、オイル漏れの修理時に参考になる部分もあると思います。

 

 

E46の定番オイル漏れ箇所

E46のエンジンでオイル漏れしやすい箇所は以下の通りです。

 

  • ヘッドガスケット
  • オイルパンガスケット
  • オイルフィルターのハウジング
  • バキュームポンプ
  • ソレノイドバルブ

 

他にもあるかもしれませんが、定番と言える箇所はこの5つです。

 

※BMWのメカニックからも少し話を聞きながら。

 

バキュームポンプは、エンジンの背後側にあるので、ボンネットから覗くだけだと確認が難しいかも…。

 

逆に、ヘッドガスケットやオイルフィルターのハウジング、ソレノイドバルブは簡単にチェック可能です。

 

■ソレノイドバルブ(のパッキン)

 

 

■オイルフィルターのハウジング

 

 

■ヘッドガスケット

 

 

オイルフィルターのハウジングはオルタネーターが…

注意すべきは、オイルフィルターのハウジングからのオイル漏れです。

 

オイルフィルターのすぐ真下に、オルタネーターが配置されています。

 

つまり、オイルフィルターの漏れ所が悪いと、オルタネーターが漏れたオイルを浴びてしまう…

 

 

伝えたいメッセージは何かというと、オイル漏れが原因でオイルネーターがダメになるかもしれないよ!という点です。

 

僕自身、E46の前にE91に乗っていたのですが、E91は前オーナーが全くこの状況でオルタネーターがダメになったみたい。

 

※結構珍しいことでは無いので、早めの対策がおすすめです。

 

E46とE91のエンジン形状はよく似ているので、そのリスクは十分考えられます。

 

オルタネーターはそこそこ金額が高いですからね…。

 

 

ヘッドガスケットからオイル漏れは悪臭の原因

 

BMWのエンジンヘッドは、車体前方から見て左側に傾いています。これが理由でオイルが全て左側に流れて行きます。

 

 

これが原因で、ヘッドガスケットから漏れたオイルは全て、左側奥側に流れていきます。

 

そうすると、真下にエキマニがありますので、ここに付着してオイルが燃えて臭くなります…。

 

 

1番不快になるタイミングは、外気取り込みでヒーターを回した際に車内が一気に香ばしくなります。

 

まとめ

ここで挙げた5箇所以外からオイルが漏れることも当然あります。

 

あくまで、定番箇所5つをピックアップしたまでに過ぎません。

 

これから車を買う方や修理に出される方は、BMWの知識を持っているショップをあてにすると、失敗のリスクヘッジになります。

 

ここを直す時は、あっちも一緒に直すのがおすすめだよ。とかね。

 

鉄板箇所ですが、ヘッドカバーとバキュームポンプはセットで直すとかね。

 

※バキュームポンプのオイル漏れを直すためには、ヘッドを脱着しないといけないからついでにやらない手はない。

 

それでは。

 

▪️E46の関連記事はコチラ

関連記事

ちょっと前に1dinオーディオを取り付けたのですが、どうやら2DINのナビが付くらしい。 と言うことで、早速ナビをヤフオクでポチり。 E46に2DINナビを取り付けましたので、簡単に作業内容をお話ししてき[…]

関連記事

E46の剥がれていた内装を一通り張り替えしました。 この記事では、内装張り替え作業の箇所について簡単にまとめておきます。 E46の内装剥がれに悩みを持つユーザーの参考になれば幸いです。 […]

関連記事

純正スピーカーがあまりにもスカスカな音質なので、スピーカーを交換しました。 この記事では、E46のフロントドアスピーカーの交換作業についてお話ししていきます。 これから、スピーカー交換を検討されている方は[…]

最新情報をチェックしよう!