l150ムーヴのアクスル交換【ABS無バージョン】

この記事では、l150ムーヴのアクスル交換についてお話しします。正確には【ABS無し】のアクスル交換です。

 

ご存知の方も多いかもしれませんが、l150、l350、l550など50系と呼ばれるダイハツ車のアクスルは、ABS有無でドラムブレーキの構造が全く違います。

 

ABS有の車体に乗られている方はこちらをチェックしてみて下さい。

 

関連記事

通勤車で乗っていたムーブを解体するので、アクスル交換の方法についてお話ししていきます。 この記事では、l150ムーヴの【ABS有】アクスルの交換方法です。 ご存知の方も多いかもしれませんが、この年式のダイ[…]

 

 

アクスル交換に必要なモノ

  • スピンナーハンドル
  • ラチェット
  • ソケット(12、17ミリ)
  • メガネレンチ(17ミリ)
  • グラインダー

 

ABS有のアクスル交換には、トルクスボルト(T55)が使われていますが、ABS無しのアクスルには使われていません。

 

そんなこんなで、ABS無しのアクスル交換には、コレと言って特別な工具は不用です。

 

l150ムーヴのアクスル交換方法(ABS無し)

 

ABS無しのアクスル交換は以下の手順で行います。

 

  1. ドラムカバーを外す
  2. ドラムプレートを外す
  3. ショックを外す
  4. アクスルを外す

 

ABS有のアクスル交換と比較すると、かなり楽な作業内容です。

 

※ABS有が特別大変ってわけじゃ無いんだけども…

 

作業手順ごとに解説していきます。

 

ドラムカバーを外す

ドラムカバーを外す際には、センターナットを外す必要があります。

 

ドラムカバー中央にある、カバーをマイナスドライバーで外すと、センターナットがありますのでこちらを緩めます。

 

 

センターナットには、割りピンが入っていますので、割りピンを抜くことも忘れずに。

 

この手の割りピンは、原則再利用禁止です。再利用される方は自己責任で。

 

とは言え、この手の割りピンはただの回り止め(保険)です。

 

説明不要かもですが、割りピンは折り曲げてあるので、一度伸ばしてから引っ張るだけで外せます。

 

 

 

ナットの頭は17ミリです。

 

ナットの前に、ワッシャーが一枚入っているので、そちらも忘れずに外し、戻す際も忘れずに。

 

 

センターナットを緩める際は、サイドブレーキはかけなくて大丈夫です。※構造的に供回りはあり得ないため。

 

むしろ、解除しておかないとドラムカバーが外れないのでサイドブレーキは解除しておきます。

 

 

ドラムプレートを外す

 

ドラムカバーが外れたら、プレートにある4つのナット(12ミリ)を外します。

 

ここを外す際は、ディープソケットが必要です、ショートのソケットだとナットに到達出来ないと思います。

車を触る上ではこのような機会も珍しく無いので、ディープソケットのセットを持っておくことを強くお勧めします。

 

 

 

※バックプレートって言うのかな?正式な部品名は分かりません。調べるのも面倒です。すみません。

 

 

ナットを4つ外すと、ドラムのプレートがこのように外れます。

ここのボルト背面は、ツマミのようになっているので、緩める際に供回りする場合は手で押さえながら回せばOKです。

 

プレートを外す際は、ブレーキ配管に気を配りながら外します。

 

※余程無理をさせなければ、ブレーキ配管をやっつけることは無いけども。

 

後は、ブレーキ配管を固定している箇所のクリップを外し、切断して切り離します。

 

グラインダーもしくは、金属バサミ等で切断可能です。ブレーキ配管をやっつけないように注意です。

 

 

アクスルを付け変えた後は、サイドステーを折り曲げるなどして、タイラップで固定。

 

このぐらい綺麗に戻しておけば、クリップが使えるかも。

 

ここはタイラップで固定していても、ブレーキホースが固定されていれば、車検にも通ります。

※少なからず、僕がユーザー車検で指摘されたことは一度もありません。

 

 

ここを切りたく無い人は、10ミリと17ミリのメガネレンチを使って外してやればステーを痛めずに外せます。

 

中古で加工アクスルを買うと、結構な割合で切断されていますが…。

 

当たり前ですが、ここを外すとブレーキフルードが漏れます。アクスルを付け替えたあとに、エア抜きをしないとダメです。

 

 

エア抜きする際は、画像にも写っていますが、ワンウェイバルブを用意しておくと便利です。

 

 

ショックを外す

 

アクスルを固定している4本のうち、2本に該当するショックアブソーバーの付け根を外します。

 

ボルトの頭は17ミリです。

 

※アクスルにジャッキを当てつつね。ジャッキ当てておかないと、アクスルが下に下がっちゃいます。

 

この時に、スプリングも外しておきましょう。ショックの下側を外したら、スプリングもそのまま外せます。

 

アクスルを外す

 

最後に、アクスルと車体を固定するボルト(17ミリ)を左右で2本外せば、アクスルが取り外せます。

 

ここのボルトは結構な長さがあります。

 

 

アクスルを固定しているボルトを全て外したら、ジャッキごと引っ張り出せばアクスルを引き出せます。

 

戻す際は、逆手順で戻していくだけです。この記事を逆に読んで貰えたら作業可能です。

 

まとめ

 

ABS有のアクスル交換と比較すると、ドラムブレーキの分解作業がないので、その分楽チンです。

 

僕の場合は、ABS有の車体にABS無しのアクスルを取り付けているので、両方の作業プラスアルファー余分な作業が入りかなり手間…

 

ココに関しては、こちらの記事で詳しくお話しています。

 

関連記事

かなり前に、こんな質問を頂きました。 ABS有のムーヴやタント(l150、l350)にABS無しのアクスルを流用することは可能でしょうか? ここに対する答えは【YES】ですが、色々と手間が増えます...[…]

 

それでは。

 

 

関連記事

あまりムーヴに関する質問を頂く事はありませんが、それでも稀に...  この記事では、ムーヴのカスタム内容も全て公開していきます。 足回りの部品足回りの加工ホイールサイズ[…]

 

■関連記事はこちら

関連記事

車高を下げたい!けど下がる車高調って金額が高いんですよね。だってみんな欲しいから!当たり前の事です。みんな考える事は同じ。 極力お金をかけずにやり過ごしたい!コレを読んでいるあなたもそのような考えをお持ちではないでしょうか[…]

関連記事

特に軽自動車をに車高を下げようとした際、『アクスル加工』が頭によぎると思います。 アクスル加工って言葉は耳にするけど、イマイチ完全には理解しきれていない...。 アクスル加工という言葉やなんとかなくの意味[…]

関連記事

先日、当サイトの読者さんよりこんな質問を頂きました。 軽自動車の車高短にはどのぐらいのバネレートがおすすめですか?これからバネを購入するのですが迷っています。アドバイス下さい。 かなりざっくりとした質問で[…]

最新情報をチェックしよう!